Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】発達障害の子どもにトレーニングばかりやらせるのがダメなワケ~幼児への発達支援がうまくいく順番とは~

更新日:

発達障害の子どもにトレーニングばかりやらせていませんか?おうちでの発達支援でトレーニングから着手するのはちょっと待って!発達支援にはうまくいく順番があります。順番通りにやればお子さんはぐんぐん伸びていきますよ。
 

【目次】

 

1.息子が半年間で150のトレーニングを実践した結果

 
 
発達障害の子どもを持つお母さん、発達に関するトレーニングはされていますか?
 
 
今はインターネットや書籍で発達のトレーニングに関する情報は簡単に手に入ります。いろいろな実践を目にすると、「うちもやらなきゃ!」と危機感がわきますよね。
 
 
発達障害と診断されても、療育がすぐに受けられないと、「何かやらなきゃ!」とさらに焦ります。
 
 
実は私もこんな経験をしたお母さんの1人です。
 
 
息子が発達障害・自閉症スペクトラムと診断されたのは、今から3年前のこと。息子は幼稚園の年少さんになったばかりでした。
 
 
当時も今も、我が家は夫の仕事の都合で海外に住んでいます。
 
 
現地のお医者さんに息子の発達を指摘され、現地語での発達相談・発達検査は難しいと判断。日本に一時帰国して診断を受けました。
 
 
ここから我が家の迷走の日々が始まります。
 
 
診断を受けた療育センターで療育の予約をしたけれど、開始は8か月後。夫の任期はまだ3年も残っていて、帰任の希望を出したものの通る可能性は低い状況でした。もし帰任できたとしても、日本のどこに配属されるか分かりません。
 
 
息子の様子を見ていると、幼稚園で先生方がとてもよくしてくださっていて、この環境を手放すのはもったいない。だけど現地語での療育なんて絶対に無理!
 
 
提示されている療育は月2回。だったら、毎回帰国しようか…など迷いに迷っていました。
 
 
とにかくここは海外。現地語が話せない以上、発達支援は家族でやるしかない!そう腹をくくった私は、発達に関しての学びをスタートさせました。
 
 
すると、出てくる出てくる…発達に関するトレーニング!
 
 
何から手を付けたらいいのか分からないけれど、とにかくやらなきゃ!と焦っていた私は、息子ができそうなものを片っ端から実践していきました。
 
 
 
 
感覚統合遊び、ビジョントレーニング、生活課題。気が付けば、実施したトレーニングの数は半年で150を超えていました。
 
 
結果として、この半年間の集中トレーニングで息子は一気に伸びました。これなら現地語でも模倣する形で療育に参加できる!と確信した私は、現地でも発達検査を受けることに。
 
 
種類の異なる発達検査なので単純に比較はできませんが、半年間で数値が10伸びるほどの大成長!療育も受け入れていただくことができました。
 
 
でも、実はこれ、大失敗だったんです。
 
 
この記事では、トレーニングばかりやらせた結果、私と息子がどんな状況に陥ったのかお伝えしながら、発達支援の正しい順番について解説します。
 
 
発達支援には順番があります。順番に則って目的をもって支援することで、子どもがぐんぐん伸びるのです。
 
 
これからおうちでの発達支援をスタートさせる方、また支援はすでに始めているけれどやり方に行き詰っている方、ぜひ続きをお読みください。
 
 
お母さんがわが子だけの発達の専門家になれる方法がありますよ!
 
 
まずは、トレーニングの効果を格段に上げるための親子のコミュニケーションについて知ってくださいね。こちらの記事で詳しく解説しています。
 
 
 
▼新刊▼無料プレゼント!担任の先生を味方につけちゃおう!
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.