ADHD パステルキッズの明るい未来 不登校

発達障害とは知らず叱責を繰り返して不登校に…実はADHDだった子に必要な対応とは?

更新日:

発達障害の特性のある子どもが不登校になるとは限りません。 しかし誤った対応は不登校リスクを高めます。子どもが不登校になってからADHDと判明したお母さんにやってほしい対応方法を、私の経験をもとにお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害とも知らずに

 
 
我が家には、学校に行っていれば小学4年生の注意欠陥多動性障害(ADHD)の娘がいます。
 
 
小学3年生の4月から学校には、「行かない。行きたくない。」 と、不登校になりました。
 
 
小学2年生の3学期には、朝登校の時間になると「お腹が痛い」ということが多くなり、学校から帰宅すると友達とも遊ばず、1人で動画を見て、宿題は後回し何もかもやる気がしないという感じでした。
 
 
私はその態度を見てただだらけていると思い、ガミガミ言ってやらせるという対応をしていました。
 
 
今、思うとこれが行きしぶりだったのですね。
 
 
毎日出される算数の宿題のことで「いつやるの!」「やりたくない!」でバトルし、完全に娘は勉強嫌いになりました。
 
 
勉強が嫌いだから、勉強しに行く学校は行きたくないとなるのは、当然と言えば当然です。
 
 
しかし、このときはまだ娘が発達障害ADHDだとわかっていませんでしたし、学校での勉強が当たり前と思っていた私は娘の気持ちには気がつきもしませんでした。
 
 
不登校当初は「何が原因なの?」「先生?」「友だちからいじめられたのかな? 」など、原因追及ばかりしていました。
 
 
しかし、本人も原因がわかっていないことも多く、周りが本人に問い詰めると、逆に追い詰めてしまうことにもなりかねないので、注意が必要です。
 
 
娘の場合も、いじめではないということしか本人がうなずかなかったので、本当の原因は今でもわかりません。
 
 
原因もわからない、日々好きなことばかりしている娘にも腹が立ち、イライラした態度で対応して、娘と私はバトル。交代で家出をするくらい関係が悪化していました。
 
 
 
 

2.不登校とADHDで悩みは倍増

 
 
不登校当初、娘は攻撃性が強く何に対しても怒るので、不登校の悩み以外に日々の行動面の対応にも困っていました。
 
 
算数が苦手癇癪がひどいということから、検査をしてADHDとわかったものの、私の対応は何も変わらなかったので、関係の悪さも続いていました。
 
 
関係の悪いまま不登校の状態は続きます。家の雰囲気はどんより。
 
 
その間、どんどん悩みや不安、心配は募るばかり。
 
 
・本当の原因はなんだろう?
・いつになったら、どうしたら学校に行けるようになるのか?
・このまま学校に行かなくて引きこもりになったらどうしよう
・勉強はどうするの?
・人とうまく関われなくなってしまうのではないか
・将来、進学や仕事はどうするの?  
 
 
このような不安や心配をどうにかしようと色々なことを試しました。
 
 
算数につまずきがあったので、算数がわかるようになれば、学校に行けるかもしれないと家庭教師に指導をお願いしてみると…
 
 
1日だけやって「やりたくない。やめる。」と、教材や指導代を無駄にしたこともあります。
 
 
もともと、娘は口調が強く、友だちともうまくいかないことがありました。
 
 
私は、それも友だち同士で切磋琢磨しながら、学んでいくものと思っていて、学校がだめならフリースクールで人間関係を学べばいいと思い、体験に半ば強引に連れて行ったこともあります。
 
 
これも本人全く乗り気ではなかったので、体験だけで終わりました。
 
 
何かきっかけがあれば行くかもしれないと、学期が終わる頃と始まるタイミングで「学校はどうする?」と声を掛けても「行かない」という返事でした。
 
 
全てがこんな状態で、娘はやる気もどこにも行く気もない感じでした。
 
 
私はどうしたら学校に行けるようになるのか、どう対応したら娘との関係が良くなるのか、そして前向きになれるのかわからず、途方に暮れてしまっていました。
 
 
 
 

3.親の対応のバリエーションは1つではありません

 
 
日々の娘の癇癪の原因は、発達障害ADHDの特性によるものということがわかりましたが、本やネットで対応方法を探しても具体的にどうすればいいのかわからずにいました
 
 
そんなときに発達科学コミュニケーション(発コミュ)と出会います。
 
 
発コミュの不登校イベントで、不登校だったお子さんが復学したお母さん 、不登校中のお子さんの話、さらに小・中と不登校で、高校で起業した経営者さんの話を聞きました。
 
 
この時点で初めて「学校に行かなくてもなんとかなるのでは?」と思い始めます。
 
 
発コミュを学び、発達障害ADHDの詳しい特性を知り、一番困っていた娘の癇癪に具体的な対応方法を実践したことで、不登校中の娘との関係が改善されていきました。
 
 
次第に娘との関係に改善が見えてくると、
 
 
「子どもは嫌がっているのに、なぜ自分は学校に行かせたいのか?」を、考えるようになりました。
 
 
学校に行かせたいのは、子どものためではなく、自分のためなのではないか。
 
 
・学校に行っていないと言ったら、周りの人になんて言われるだろう
・学校に行かせないなんて、教育の義務違反だよね
・社会性はどうやって育てていくの?
・勉強しないと子どもが取り残されてしまう…
 
 
そんな周りにどう思われるかにとらわれて、どうやって学校に戻そうか、友だちとうまく関われるよう体験を積むしかないと、子どもが望んでいないことを自分が必死にやらせようとしていたことに気がついたのです。
 
 
・ADHDの特性により、授業に集中できずに授業の内容がわからなくなっていたのかもしれない
・本当は友達とも楽しく遊びたいのに、衝動的に言葉を発してしまうのを止められないのかもしれない
 
 
と娘の気持ちを理解することに努めました。
 
 
発達障害の特性があるからといって、不登校になるとは限りません。
 
 
しかし特性により困難さがあって、学校に適応しにくいことはあるかもしれません。
 
 
発達障害かどうかではなく、それよりも大切なのは、周りの大人が子どもの気持ちを理解して、今後どう対応していくかではないかと思います。
 
 
今回、コロナ休校で学校以外でも学べるようにオンライン化が進んできましたね。
 
 
家でも、学校以外でも今後は学べる場所がもっと増えるでしょう。
 
 
学校に行ける子は行ったらいいですし、行けないのなら、学校以外の学びの場所や学びを親が提案・提供してあげたらいいと思います。
 
 
こんな柔軟な考えに切り替えることができ、いまでは、家で子どもの得意をどう伸ばしていったらいいかを考えています。
 
 
親の考えが変わると、子どもが安心して家で過ごせるようになります。
 
 
 
 
考えを柔軟にシフトチェンジして、子どもに楽しい未来を魅せる親になりませんか。
 
 
不登校のお子さんの進路・将来が心配になったら、こちらの記事も併せてお読みください!
 
 
 
 
不登校の情報はこちらにもたくさんあります!ぜひお読みください。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:渡辺くるり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-ADHD, パステルキッズの明るい未来, 不登校
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.