対応 自閉症スペクトラム

休校明けに必須!不安が強い発達障害・自閉症スペクトラムの子どもに授けてあげたい2つのスキルとは?

更新日:

休校明け、お子さんに登校しぶりや、なんとなく元気がなかったりと気がかりな様子は見られませんか?発達障害・自閉症スペクトラムの子どもは環境の変化に不安を感じやすいのです。こんなとき、お母さんがお家で授けてあげたい2つのスキルとは?
 

【目次】

 

1.休校明け、お子さんに気がかりな様子はみられませんか?

 
 
長い休校期間が終わり、学校生活がようやく始まりましたね。
 
 
いつもとは違う新学期。今、お子さんに気がかりな様子は見られませんか?
 
 
「子どもは慣れるのが早いから大丈夫」なんていう人もいますが、不安の強いお子さんが新しい環境に慣れるのは本当に大変なこと。
 
 
発達障害の中でも特に自閉症スペクトラム(ASD)タイプの子は、不安が強くてとても繊細。人にも場所にも慣れるのに時間がかかります。
 
 
自分の気持ちを語ることが苦手なので、癇癪を起してしまう子もいることでしょう。このようなことから疲れて学校に行くのが恐怖になり、不登校になりやすい子たちでもあるのです。
 
 
 
 
そんなとき、お子さんが不安や恐怖などのネガティブな感情を語り出したら、お母さんもどうやってサポートしたらいいのか、不安になってしまいますよね。
 
 
でも家でお母さんが対応を変えるだけで、お子さんが新しい環境でも頑張れるようになるんですよ。
 
 
子どもの環境が変わるときに親がどう対応するか。
 
 
学校が始まった今こそ、お母さんが対応方法を身に着けるときなのです!  
 
 

2.発達障害・自閉症スペクトラムの子どもが不安や恐怖を感じやすいのはなぜ?

 
 
では発達障害の子どもが、不安や恐怖を感じやすいのはなぜなのでしょうか。
 
 
発達障害・自閉症スペクトラムの子どもは、脳の特性の影響でネガティブな記憶を忘れにくい傾向があります。
 
 
ナイーブで慎重な子や不安の強い子、一見活発に見えるけど繊細な子などは、さらにネガティブな記憶を脳に溜め込みやすいのです。
 
 
だから、お母さんに言われた言葉や先生や友達に言われた言葉をいつまでも覚えていたり、その状況、空気感、いやな気持ちが恐怖となり、ずっと引きずってしまうことが多いのです。
 
 
そんな気持ちを持ち続けると、「何か言われるんじゃないか」「また叱られるかも」と思い、恐怖を感じてしまいます。
 
 
新しい環境になって、「人も場所も変わるから」とポジティブに捉えられればいいのですが、ネガティブな記憶が勝ってしまい不安が先走るのです。
 
 
 
 
お母さんとしては子どもの不安をすこしでもとりのぞいて、安心して過ごせるようにしてあげたいですよね。 ではどうすればいいのでしょうか?  
 
 

3.不安の強い子どもにお母さんが授けてあげたい2つのスキルとは?

 
 
不安が強い発達障害・自閉症スペクトラムタイプのお子さんが、新しい環境に対処できるように身に着けておくとよいスキルは2つあります。
 
 
そのスキルとは、「叱られたことを忘れるスキル」「気持ちを言葉で語るチカラ」です。
 
 
これらはおうちで、お母さんが授けてあげることができるんですよ!ひとつずつ説明していきますね。 
 
 

①叱られたことを忘れるスキル

 
 
発達障害・自閉症スペクトラムタイプのお子さんは「ネガティブな記憶を忘れにくい」という特性があります。
 
 
ですので叱られたことを忘れるスキルはとっても大切なのです。
 
 
実は、ネガティブな記憶は、ポジティブな記憶を上書きすることによって忘れやすくなるんですよ。
 
 
それには新しい場所での楽しい生活の想像ができることが大切です。
 
 
この休校中は学校HPで先生からの動画がアップされていたり、日々の授業など学校の様子を載せている学校もあります。
 
 
その中からできるだけ楽しそうなものを見せることで、言葉で語るよりイメージしやすくなります。
 
 
 
 
そうした楽しそうな情報があるだけで、不安や恐怖を引きずらずに叱られたできごとをケロリと忘れて「そんなことあったけ?」と前向きになる子もいるんですよ!
 
 

②気持ちを言葉で語るチカラ

 
 
さらに発達障害・自閉症スペクトラムタイプのお子さんにとって「気持ちを言葉で語る」チカラを持っているのはとっても大事!
 
 
なぜなら不安な気持ちを整理することができず、それを「癇癪」という形であらわす子もいるからです。
 
 
癇癪を起こすことで、言葉でなく手が先に出てしまう、となると、集団生活でトラブルも起きやすいので、言葉にできるチカラを身につけておくといいですよね。
 
 
学校の写真を見ながらお気に入りの1枚を選んでもらい「その写真のどういうところが好きなの?」など、お子さんの気持ちを聞いてみましょう。
 
 
「そっか~、運動場にブランコがあるのが楽しみなんだね」など、お子さんの気持ちに寄り添うことで、不安を減らせるようになります。
 
 
そうするとお子さんが学校であった「良いこと」を話してくれるようになるのです!
 
 
いかがでしたか? 新しい生活で大人も子どもも緊張気味かと思いますが、そんな今こそワクワクするような話題で不安を取り払ってくださいね!  
 
 
お家でお子さんに自信をつけさせてあげませんか?秘訣はメール講座でもお伝えしています。ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-対応, 自閉症スペクトラム
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.