グレーゾーン

宿題がなかなかできない発達障害・アスペルガーグレーの子どもの非常識な攻略法

更新日:

発達障害・アスペルガーグレーのお子さんは、宿題にスムーズに取り組めていますか?「遊んだ後に宿題をする」と言っていたのに、遊び終わった後もなかなか宿題にとりかかれない子どもの非常識な攻略法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害・アスペルガーグレーのお子さんは宿題をスムーズにできますか?

 
 
発達障害・アスペルガーグレーのお子さんが宿題になかなかスムーズにとりかかれない、とお悩みではありませんか?
 
 
例えば「遊んだ後で宿題をする」と言っていたのに、
 
「なんで、こんなことやらなくちゃいけないの!」
「いやだ〜〜〜!」
「ぼくは、できない~」
 
このようなネガティブな言葉を出していませんか?
 
 
「遊び疲れているし、宿題をするのは難しいかな…」と思う反面、「遊んだ後にやると自分で決めたんだから、やってほしい!」と親である私たちは思いますよね。そして、
 
「宿題はやらないといけないことだから」
「自分で決めたのになんでやらないの?」
「約束したんだからさっさとやろう!時間ないよ」
 
などと言ってしまいがち。
 
 
そうなると、たいてい子どもは機嫌が悪くなり、私たち親はイライラ…。お互い嫌な気持ちになります。
 
 
それでも宿題ができればまだいいですが、「もうやらない!」となってしまうこともあります。みなさんはいかがでしょうか?
 
 
今回は、宿題するタイミングを本人が決めたにもかかわらず、ネガティブな発言をしてなかなかスムーズにとりかかれない発達障害・アスペルガーグレーの子どもの攻略法についてお伝えします。
 
 
 
 

2.「遊んだ後に宿題をする」と言ったのに、なかなか宿題をしない理由

 
 
発達障害・アスペルガーグレーのお子さんや発達凸凹のお子さんは、なかなかスムーズに宿題ができないことが多いです。これは、脳の特性が関係しています。
 
 
やろうと思っていてもやる気が出なかったり、気が散りやすかったり、集中できなかったり…。努力を伴うようなことを避ける傾向もあります。
 
 
楽しいことや子どもが興味のあることならいいですが、宿題ってたいてい楽しいものではないですよね。しかも、疲れているときはなおさらやる気が出ません。
 
 
漢字をひたすら書いたり、計算をしたり、子どもにとっては面倒なことでもあり、「なんで楽しくないのにやらないといけないんだろう」とやることに意味を見出だせない場合もあると思います。
 
 
「あわよくばやりたくない…」というのが正直なところかもしれません。
 
 
やらないといけないことは分かっていてもやる気が出ない宿題は、発達障害・アスペルガーグレーの子どもにとって最初の一歩を踏み出すのに、ものすごいエネルギーが必要なのです。
 
 
私たちも、楽しいことならいいですがやりたくないことや嫌なことをするときは、気合いが必要だったり、やりはじめるのに時間がかかったりしませんか?
 
 
でも、私たちの対応次第で、発達障害・アスペルガーグレーの子どもたちが宿題をスムーズに進めることもできるのです。
 
 
 
 

3.なかなか宿題をしないときのわが家の攻略法の一例

 
 
息子が、宿題をするタイミングを自分で決めたのになかなかとりかからないときは、しばらくスルーします。
 
 
相手にされないと気づくと「ねえねえ…聞いてる?」「こんなに宿題できない」「むずかしい~」などとネガティブなことを言ってきます。
 
 
ここからが発達科学コミュニケーションのスタートです。
 
 
先ほどもお伝えしましたが、いやなことや苦手なことをするときは、ものすごいエネルギーが必要です。だから、息子の発言を受けて私はハードルを下げる方法をとりました。
 
 
私が今回選んだ方法は、『答えをうつす』でした。普通に考えたら、やりませんよね。どちらかというと、叱ってしまうレベルかも。
 
 
でも、私は違います。”やること・やり切ること!”を目標にしているので、今回は学びには重きを置きません(ちなみに、学びを目標するときは違う方法を使います)。
 
 
ですから、私は答えを準備して「うつしていいからやってごらん!」と言いました。そうすると、「え?うつしてもいいの?じゃあやる!」とサクサクやっていくのです。
 
 
学校の先生が見たら怒られるかもしれませんが、私には私の子育て方法があるので全く問題ありません。
 
 
取り組んでいる最中も、「丁寧に書けてるね」「その調子!」「もう半分できたね」などコミュニケーションをとりながらどんどん進めさせます。
 
 
すると、途中からは答えを見ないでやっていました。本人に聞いたら「答えを探すの大変なんだもん。解いた方が早いわ!」とのことでした。
 
 
このように、発達障害・アスペルガーグレーの子どもの特性を理解し、コミュニケーションの方法がわかっていれば、いやなことでもスッと行動に移すことができるのです。
 
 
私の作戦勝ちです!今回は、
 
・子どものネガティブな言葉に反応しない
 
・『答えをうつしていい』と提案してハードルを下げる
 
という方法で、苦手な宿題を「やってみようかな」と思えるよう発達障害・アスペルガーグレーの子どもの心を動かし、行動させることに成功した例でした。
 
 
私たちが子どものネガティブな感情に巻き込まれず、お子さんが行動に移すことができたら最高ですよね!
 
 
学校は、宿題がつきもの。ですが、その宿題がお子さんに合っているとは限りません。子どもによっては宿題の内容や量を調整したり、やり方を工夫したりすることが必要な場合もあります。
 
 
無理矢理やらせる、叱られながらなんとかやるでは、宿題が身につかないばかりか宿題がネガティブなイメージになるばかりです。
 
 
 
 
「できた!」という成功体験を積み重ねられるようにしていきましょう!
 
 
発達障害・アスペルガーグレーのお子さんの特性を私たち親が理解していれば、子どもの宿題攻略も可能になるのです。
 
 
ぜひ参考にしてくださいね。
 
 
発達障害・アスペルガーグレーの子どもが、いやなことでもスッと動けるコミュニケーション術を多数公開中。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.