対応 小学生

プチ反抗期「9歳の壁」の子のお母さんへ。発達障害の子の家庭学習で大切なこと

更新日:

ギャングエイジと言われる小学校3、4年生。学校生活にも慣れて中だるみが起き、9歳の壁を感じる子が増える時期です。発達障害の子も、学校や学習で困りごとが増えるかもしれませんね。この壁を乗り切るために、家庭学習で大切なことをご紹介します。
 

【目次】

 

1.プチ反抗期!?親子関係にも変化が現れる「9歳の壁」

 
 
コロナの影響により今までとは違う新しいスタイルが求められ、学校でも学校以外の場所でも、友達との関わり方が変わりつつあります。
 
 
学校から帰ってきてお友達と思いっきり遊びたい子どもたちも、家にいることを余儀なくされていることも多いでしょう。
 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんは、常に不安がつきまとい、お友達と思い切り遊ぶこともできず、ストレスも溜まりたまりやすくなっているかもしれません。
 
 
こんなときには、家庭での対応がより大切になりますね。
 
 
今回、発達の段階で変化のある小学校3、4年生のお子さんについてお話しします。
 
 
本来、この学年は自分でできることが増え、学校生活にも慣れてくる頃。だからお母さんは、
 
・自分のことは自分でできて当たり前
・なるべく自分のことは自分でやってほしい
 
と思っているのではないでしょうか?
 
 
ところが、3、4年生の子どもは成長の過程で親に口答えをしたり、反抗的な態度をとったりするようになります。いわゆる「9歳の壁」と言われる時期。
 
 
突然親の言うことを聞かなくなり、今までできていたことも「やりたくないことはやらない」という風に変わってくることもあります。
 
 
「学校から帰ってきても、勉強や宿題をナカナカやらなくて困る」というお母さんが増えるのも、この9歳の壁の時期なのです。
 
 
 
 

2.発達障害・グレーゾーンの子は学習の壁に要注意!

 
 
小学校3年生くらいから、学校生活に慣れてくる反面、行動が雑になり始めます。ノートの字が汚くなったり、連絡帳も書かなくなったり…。
 
 
勉強も3年生の後半くらいから急に難しくなります。 1、2年生のときは計算問題や漢字の書き取りが中心なので、発達障害・グレーゾーンのお子さんもなんとかついていけたかもしれません。
 
 
しかし、3年生からは抽象的な思考や理解が求められるようになり、ボリュームも増加。4年生になると難易度も高くなります。
 
 
9歳の壁の時期に、勉強についていけない子、勉強に苦手意識を持つ子が増えるのは、
 
・学習内容が一気に難しくなる
・理科、社会などの教科が増える
・6時間授業の日が増える
 
などの理由があります。
 
 
暗記型から思考力の必要な学習になり、授業時間も増えることで、体力的にも精神的にも忍耐力が求められるようになるのです。
 
 
今まですぐに解けていたのに時間がかかるようになり、単純に答えが出ない問題にイライラして、「宿題、面倒くさいなあ」「勉強やりたくないなぁ」という気持ちが芽生える子も多いでしょう。
 
 
そうなると、お母さんはなかなか勉強したがらない子どもに「勉強しなさい!」「宿題しなさい!」とガミガミ言うことがつい増えてしまいますね。
 
 
でも意に反して、発達障害・グレーゾーン子どもたちはドンドンやる気を失っていくのです。
 
 
これが、9歳の壁の時期あるある『勉強の負のスパイラル』です。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子は、できることとできないことの差が激しい、集中力が続かないという特性があるので、注意が必要です!
 
 
 
 

3.9歳の壁を乗り切るために、学習面での対応法とは?

 
 
小学校3、4年生は、学力の差が顕著になり始める時期。子ども自身が「できる」「できない」を認識し、自己肯定感が下がり始める時期でもあります。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子は、「できないこと」や「マイナスなこと」を強く意識して悪い記憶として残しやすいので、気をつけなければいません。
 
 
自信を失いやすい9歳の壁の時期の子どもは、家庭学習で自信をつけてあげることが大切です。
 
 
最も重要なのはお母さんの言葉掛けです。「勉強しなさい!」「遊んでばかりで、早く宿題しなさい!」とお母さんがガミガミ言っていると、子どもは勉強が嫌いになってしまいます。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子の家庭学習の取り組み方で大切なポイントは2つです。
 
 

①「スモール、スモールステップ」

 
 
9歳の壁の子のお母さんにまずしてほしいことは、発達障害・グレーゾーンのお子さんをこまめにほめること。
 
 
3、4年生は学校での学習が難しくなるので、宿題をするだけでもパワーが必要になってきます。そのことをよく理解してあげてくださいね。
 
 
学校から帰ってきたら、まずは子どもだってゆっくりしたいはず。帰ってすぐに宿題に取りかかれなくてもOK!
 
 
「おかえり〜」
「おつかれさま」
「がんばってきたね」
 
と、まずは頑張って学校で過ごしてきたことを認めてあげてくださいね。
 
 
また、お母さんは「宿題をするのは当たり前」と思っているので、宿題をする子どもを褒められなくなっているかもしれません。けれど、その当たり前を褒めてあげて欲しいのです。
 
 
宿題に取り掛かったらすぐに褒めてあげてくださいね。1問やっただけで、ぼーっとして進んでいなこともあるかもしれません。それでもいいんです。
 
 
「1問やったんだね」
「勉強しているんだね」
 
見守りながらこまめに褒める!「スモール、スモールステップ」です!
 
 

②子どもの行動を実況中継する

 
 
「指示」や「命令」ではなく、
 
「ノート出したのね」
「プリントしているんだね」
 
と、子どもがやっていることをそのまま言葉に出して伝えてみてください。
 
イヤイヤ文句を言いながらでも、やっていればOK。文句を言っていることはスルーして、あくまでもやっていることに注目してくださいね!
 
 
「○○しているね」と言われると、発達障害・グレーゾーンの子どもは「ちゃんと見てくれている」と感じ、安心します。
 
 
「頑張っているね」「よくやっているね」とお母さんが温かく見守ることで子どもは安心して勉強に集中できます。
 
 
このときくれぐれも、
 
「もっと綺麗に書きなさい!」
「まだ、おわらないの?」
「もっと、丁寧に!」
 
と、子どもの粗探しはしないでくださいね。お母さんのその一言で一気にやる気が失われてしまうからです。
 
 
 
 
小学校3、4年生は、勉強、学校生活、習いごととたくさんのことで、自分と他者の違いを意識し始める時期
 
 
この年頃は「自分の力でやりたい、頑張りたい」という気持ちと、「まだまだ親に甘えたい」という思いの間で揺れ動いている時期です。また、今までのように上手く甘えられなくなっています
 
 
お母さんは、9歳の壁の時期で反抗的になっている子どもを大目に見て、温かく見守ってあげてほしいのです。
 
 
これから来る思春期・本格的な反抗期に備え、9歳の壁の今は、発達障害・グレーゾーンの子どもを見守りながら『肯定すること』を第一にお子さんと接してくださいね!
 
 
発達障害・グレーゾーンの子の9歳の壁を乗り切る秘訣をたくさん公開しています。
▼ご登録はこちらから!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:深井淳子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.