ADHD パステル総研お悩み相談室 中学生

【お悩み相談室】発達障害ADHDの受験生に、やる気を出させるためにお金の話をしてもいいのでしょうか?

更新日:

息子は、発達障害ADHDの中学3年生男子です。今年は受験生ですがほとんど勉強していません。やる気を出させるために、塾やこの先の進路にどれだけお金がかかるのか本人に話をしてもいいのでしょうか?

 

中学3年生・男の子のママ

昨年受験生だった発達障害ADHDの息子がいますので、ご相談者さんのお気持ちとてもよくわかります。勉強をしてない姿を見るとついイライラしてお金の話をしたくなってしまいますよね。やる気を出させるには何をしたらいいのかお話ししていきますね。

 

発達科学コミュニケーショントレーナー 清水畑亜希子

 

【目次】

 

1.こんなにかかるの⁉発達障害ADHDのお金事情

 
 
現実問題として、発達障害・グレーゾーンの子育てにはお金がかかります。
 
 
我が家の注意欠陥多動性障害(ADHD)の息子で考えると例えば塾。
 
 
週2回、数学と英語を学ぶ合計4コマの授業で20,000円ほどの月謝でした。
 
 
ところが息子には本当に合わなかった。
 
 
息子は、ADHDの不注意特性があるので、そもそもグループ授業が合わない。
 
 
授業の大半の時間をぼーっと過ごすわけです。
 
 
そこで1対1の家庭教師に切り替えました。
 
 
すると週1回、数学と英語を学ぶ、2コマの授業で月50,000円です。
 
 
この家庭教師の先生のおかげで、私も息子も「我が家だけの」勉強スタイルを発見できたので、お金に換え難い価値があると思っています。
 
 
でも、やっぱり、高い!
 
 
さらに!息子が不登校だった時期はフリースクールという選択肢も考えました。
 
 
フリースクールも、様々なスタイルがあるので金額もピンキリですが、子どもに合った環境や 学びの場として条件を決めて探していくと…
 
 
月30,000円〜50,000円くらいかかるのが相場です。
 
 
我が家は公立中学に進学しましたが、私立中学に進学する場合は学費も違ってきますよね(相場で私立の方が約2.7倍高いです)。
 
 
そして… 中学卒業後はさらに選択肢も増える!
 
 
我が家は、都立高校、私立高校、通信制高校の 3つの選択肢で探していました。
 
 
あくまでも目安ですが、公立高校は3年間で135万円、私立高校は3年間で312万円とこんなに開きがあります。
 
 
通信制高校は学校によって金額も本当にバラバラですが、息子が行きたいと言っていた 通信制高校は初年度170万円!!
 
 
その学校は、結果、息子的に第一希望ではなかったのでことなきをえましたが…
 
 
子どもの発達の特性を知れば知るほど、子どもに合った学校があるなら通わせてあげたい。
 
 
私はそう思いました。
 
 
でも実際お金がかかるんですよね!
 
 
これだけ、お金がかかることがわかると、こんなに払っているのに「勉強しない!」受験を巡って親子バトルがヒートアップしているお家もあるかもしれません。
 
 
こんなときには、ご相談にもあるように、子どものやる気を引き出させようと、この先の進路にどれだけお金がかかるか話したくなりますね。
 
 
進路の話に限らず、
 
 
「習い事をちゃんとやらない」
「塾で真面目に勉強しない」
 
 
などの場面でも同じやりとりが起こると思います。
 
 
特に、発達障害やグレーゾーンの子たちにお金の話は、もちろん「No!」です。
 
 
子どものやる気を引き出したいそのお母さんの気持ちよくわかります。
 
 
ですが、その方法はNGなのです。  
 
 
 
 

2.お母さんの伝えたいメッセージはなんですか?

 
 
なぜ、発達障害ADHDやグレーゾーンの子たちにお金の話はNGなのでしょうか。
 
 
その理由は、お母さんが伝えたいメッセージと、子どもが受け取る情報のズレが生じるからです。
 
 
この発言をするときのお母さんの気持ちは… 「 もっと頑張って!」「やる気を出して!」です。
 
 
では、子どもがそのメッセージをどう受け止めるか、というと 「こんなにお金がかかるのに!」 というただのクレームとして受け止められることが多い。
 
 
発達障害やグレーゾーンの子ども達は、この「言葉のウラ」を読むのが苦手。
 
 
だからお母さんの「頑張れ!」ではなく「いくらかかるか」という字義通りの受け取りをしてしまいがちです。
 
 
お金の額を、リアルに想像するのもまだまだ難しいかもしれません。
 
 
数字が苦手な子なら数量のイメージを持ちにくいという特性もあります。
 
 
また、自分が体験したことがないものはイメージしにくいという特性のある子もいます。
 
 
ですから「50万円だよ」といわれてもそれをリアルに見たことがないので 「へー…」くらいのリアクションになりがち。
 
 
頑張るどころか「???」です。
 
 
延々とお金の価値を説くのも効果はうすいです。
 
 
とにかく、伝わりにくいのです!
 
 
 
 

3.受験生は〇〇だけに注目してほしい

 
 
やる気がなさそうな受験生が目の前にいるとやきもきする気持ちは、とてもわかります。
 
 
特に、発達障害ADHDの子たちは、勉強が嫌い。
 
 
嫌いなことは後回しにしがちで、すぐ勉強以外のことをやりたがります。
 
 
しかし、ここでお金の話よりもお母さんにしてほしいのは、「励ます」声がけです。
 
 
例えば、勉強している子どもを見て「あらー、止まっちゃってるなー」と思ったら…
 
 
「1問目、解けたんだね!」
「その調子!」
「頑張ってるねー」
 
 
という感じにできているところ「だけ」に注目して声をかけてみてください。
 
 
こうやって言葉にして伝えることで小さな「できた!」をどんどん貯めるのが実はポイント。
 
 
例え1問しか解けていなくても子どもたちにとっては「できた!」「やった!」なんです。
 
 
それを言葉にして、肯定してあげて、お母さんが「ちゃんと見ている」ということを伝えるだけで、子どものやる気と満足度はグーンとアップ!
 
 
立派な「肯定=励まし」になります。
 
 
私は「これだけあなたにお金がかかっているのだから」とガミガミいってやる気を出せようとするやり方から、このように息子への接し方を見直しました。
 
 
すると、子どものやる気はぐんぐんと伸び始めました。
 
 
大嫌いだった勉強も自分の「できる」ところを発見し、自分のペースで取り組むようになり、学校の先生からの評価はだんだんUPしてきました。
 
 
そして、息子は受験に合格し4月から高校生になりました。
 
 
 
 
相談者さんも、子どもの勉強の様子をみていてイライラしてきたら実況中継型の「励ます」にトライしてみてくださいね!
 
 
視点をちょっと変えるだけで子どものやる気はグーンとアップしますよ!  
 
 
 
受験生のやる気を引き出す会話術は他にもあります! 
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-ADHD, パステル総研お悩み相談室, 中学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.