グレーゾーン 学習障害

できたを増やそう!発達障害・学習障害をママの少しの工夫でサポートできる!

更新日:

発達障害の学習障害は様々。ADHDグレーゾーンの小学生の息子は、毎日出る宿題の文字の書き写しが苦手です。文字の書き写しや読み書きが苦手なお子さんへママが少しの工夫でできることを考え、息子に実践。やりやすさを感じてもらった経験をご紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害・学習障害は書き写しが苦手?

 
 
最近は授業にタブレットが導入され始めている学校はあるものの、宿題で行う文字の書き写しは多くの字を手書きしなければならないのが現実ですよね。
 
 
小学校1年生で学ぶ漢字は80字、2年生は160字。なんと倍です。小学校6年間で学ぶ漢字は1026字!!数字にするととても多いですね。
 
 
私の息子は、発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)グレーゾーンの小学2年生です。
 
 
息子は、2歳頃から数字や文字に非常に興味を持ち、今も自分で絵を書いてセリフを付け加えたり、私に手紙を書いて渡してくれたり、好きなことに関しては字を書くことは抵抗がありません。
 
 
 
 
教科書も読むことは苦労していないようです。新しく習う漢字も、ドリルをやるのは好きなのですが、なぜか書き写しだけがとても苦手と言います。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.ADHDグレーゾーンの息子に逆効果な指示ばかりしていました

 
 
今、2年生の息子が学校から宿題で出されている書き写しは、ノート1ページ(6行・72文字)です。その中には1年生で習った、ひらがなや漢字も含まれています。
 
 
息子に書き写しの宿題をやりたくない理由を聞くと、
 
 
「多すぎて頭が痛くなる」
「手本が見づらくて、はねやはらいがわかりづらい」
「面倒くさい!!」
 
 
と言うのです。
 
 
私は発達科学コミュニケーション(以下、発コミュ)を始める前までは、「面倒臭い」という言葉にとても敏感に反応していました。
 
 
「義務教育だし」とか、「将来読むことも出来なくなってしまうのでは?」という不安から「やらなきゃ困るのは自分だよ!!」と、強い口調で指示ばかりしていました。
 
 
そして、私の指示に対し息子は素直にやったかというと、当然、反抗してきました。
 
 
ノートを手でぐちゃぐちゃに握りしめ、鉛筆は投げる、「もー!嫌だ!!」と叫び、その声に「どうした、どうした?」と側に寄ってきた妹にまで「来るんじゃねぇ!!」と暴言を吐き、散々でした。
 
 
普段は優しい子なのですが、気に入らないと感情をコントロールすることが難しい。ADHDグレーの息子との関係は悪くなる一方でした。
 
 
今思えば本当に口うるさい、息子の立場なら耳をふさぎたくなるような言い方で指示をしていたのです。実際に、息子が両手で耳を塞いだこともありました。
 
 
そうです、以前の私は息子に逆効果な言い方しかしていなかったのです。
 
 
 
 
さすがに夫も、私と息子との関係悪化を心配し始めましたが、どうすればいいんだろう?このままでは何も良くならない。
 
 
そう悩んでいた時、友人に発コミュを紹介してもらい、学び始めました。
 
 
そして、息子が書き写しの宿題をやりたくないという理由を深掘りし、対策も考えてみたのです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.読み書きに関わる書体の見やすさ、見づらさとは何か

 
 
私は、「手本が見づらい、はねやはらいがわからない」という息子の言葉が気になっていたので、書体についてまず調べてみました。
 
 
息子の書き写しの宿題の手本は、担任の先生が独自で用意したと思われる、楷書体に近い書体を使った手本です。
 
 
その楷書体の手本を見ながら字を書いていた息子は、そっくりそのままカクカクとした字で書いていたのです。
 
 
鉛筆書きのような書体ではない手本を見ながら、鉛筆で字を書くわけですから、本人が言うようにやはり見づらいのではないかと思いました。
 
 
実際、楷書体の線には細いところ、太いところがあり弱視や高齢者には細いところが見えにくいのだそうです。
 
 
発達障害のある人の中には視覚過敏がある人もいます。
 
 
息子も、3歳で弱視と診断され眼鏡で矯正中です。そして、日常生活で光に対してとても敏感で、電気の明るさや日光が眩しすぎると嫌がることがあります。
 
 
楷書体や明朝体を見ると「文章を読みたくない」、「気持ち悪い」と不快感を感じる人もいるようです。
 
 
息子も、まだ言葉にはそう言い表せないものの、似たような感覚があるのではないかと思ったのです。
 
 
息子の小学校の教科書の裏表紙を見てみると、「ユニバーサルデザイン」「カラーユニバーサルデザイン」などと記載されていました。
 
 
みなさんのお子さんが使われている教科書もそう記載されているものがあると思います。ぜひチェックしてみてください。
 
 
ユニバーサルデザイン書体は、弱視やディスレクシア(読み書き障害)に配慮されているものです。カラーユニバーサルデザインも、多様な色覚に配慮されています。
 
 
一方で、担任の先生が作成した宿題の書体は、ユニバーサルデザイン書体とは限らないと思います。
 
 
では、そういう事実がわかったとこで、私は何をしてみたか、次項でお伝えします。
 
 
 
 

4.読み書き・書き写しのやりやすさを考えて息子にしたサポート

 
 
人によって、見やすい書体、見づらい書体があるということを知ってから他にできることを考えて実践してみました。
 
 

◆その1 手本を見やすい色で書いてみる

 
 
書体が見づらいのであれば、お母さんが手本を手書きで書いてあげると、もしかしたらお子さんには見やすくなるかもしれません。
 
 
お母さんが手本を書くときは、黒の鉛筆でも良いのですが、青色やエンジ赤色の方が目がチカチカせず見やすくなるかもしれません。
 
 
息子には、青色と、好きな緑色のフェルトペンを使って手本を書いてあげたことがあります。フェルトペンだと、はらいやはねが見やすくなると思います。
 
 
好きな色で書いてあげたことに息子はテンションが上がって笑顔になりました!!
 
 
お母さんが、手本を見て、写すのが難しいのであれば、トレーシングペーパーで手本をなぞるのも案です。トレーシングペーパー自体は薄くて破れやすいと思うので、コピーしたり厚紙に貼ったりと、工夫は様々です。
 
 

◆その2 書く行だけ見えるようにする

 
 
ADHDの特性として不注意性が高いので、宿題を行う環境作りは大切です。
 
 
使わないものは視界に入らないようにすることは集中して取り組むことにとても大事だと思います。
 
 
ならば、書き写しの手本の全ての行が見えてしまうことも、書くことに支障を来たすのではないかと思ったのです。
 
 
読書をするときに読みたい行に集中して読めるように、両隣の行を隠し読みやすくする、読書補助具であるリーディングトラッカーという商品があります。
 
 
これを真似て、私は息子の書き写しの手本用に手作りリーディングトラッカーを作ってみました。
 
 
材料はよく家庭にもある、クリアファイルを使います。
 
クリアファイルを手本の3行分くらいの幅に切ります。
 
クリアファイルの部分は文字が見えるようにし、両端をマスキングテープや、ビニールのカラーテープで他の行が隠れるように隠し、完成です。
 
材料があれば、5分以内にできます!!
 
 
忙しいママ、ズボラな私でもすぐできます!
 
 
息子は「見やすい!!どの行を書いているかわかりやすいよ!!ママありがとう!!」と言ってくれました。
 
 
市販品もありますし、サイズ違いで作って本読みの時にも使えます。
 
 

◆その3  担任の先生に、書き写しでつまづいている事実を伝え、相談する

 
 
やはり担任の先生に息子の現状を知っていただくことは重要だと思いました。
 
 
息子の場合、ある程度特性は伝えてありましたが、書き写しの宿題につまずいている事はまだ担任の先生に伝えていませんでした。
 
 
「どうしてやってないんだ」とか「もっと丁寧に書きなさい」なんて言われたりしたら息子は増々やる気がなくなるだろうと思いました。
 
 
担任の先生には、書き写しの字数を減らしても良いと承諾してもらい、書けなかった部分は、家庭でサポートをしていく旨もお伝えしました。
 
 
書体については、見づらいことを伝えしましたが、担任の先生は書体の変更はしていません。
 
 
先生も忙しいので、なかなか個別対応は難しい部分もあるのだと思います。
 
 
伝え方や、先生の受け取り方、配慮のしかたにもよると思いますが、もしかしたらユニバーサルデザイン書体に変更してくれる先生もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 
このように、サポート対策をしてみて、息子は宿題の書き写しがしやすくなったというのは事実ですが、毎日スラスラやって苦労しないというわけではありません。
 
 
他にやりたいことがあると、そちらを優先しがちになってしまうこともありますし、面倒臭い気持ち、やる気が起こらない日も多々ありますが、そこは発コミュの出番。
 
 
本人の負担にならないように、できている所に注目し、成功体験を増やすことがやはり1番大切だと思います。ですので、無理やりやらせることはしていません。
 
 
今回紹介した内容も、発コミュで学んだ適切なコミュニケーションを同時進行しているので、徐々に息子のやる気や、落ち着きが前よりも出てきたのだと思います。
 
 
 
 
普段の適切なコミュニケーションを通じて、「できた!」を増やし、学校の勉強だけでなくいろいろなことに自信が持てるようにしてあげたいですね。
 
 
学習障害への困りごとも工夫次第で緩和します!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:たみず なな
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 学習障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.