アスペルガー 対応

繊細な発達障害・アスペルガーの子どもを持つお母さんに、絶対に知って欲しいこととは?

更新日:

全国・全世界で我慢の毎日が続いています。授業時間確保のために、夏休みが大幅に減ってしまったお子さんも多いのではないでしょうか。ストレスを抱えがちな、発達障害・アスペルガータイプの子どもたちを支えるお母さんに、お願いがあります。
 

【目次】

 

1.変化が苦手な発達障害・アスペルガータイプの子ども達。

 
 
コロナウイルス蔓延の影響で、今も全国・全世界の様々な場面で我慢や不自由を強いられる毎日が続いています。
 
 
学校は再開されたものの、子ども達は今も暑い中マスクをし、ソーシャルディスタンスを守って生活しています。
 
 
楽しみにしていた学校行事も中止になり、この夏休みも、授業時間の確保のために大幅に短縮された学校もたくさんあるのではないでしょうか?
 
 
繊細で不安が強い発達障害・アスペルガータイプの子どもたちは、「いつもと違う」状況を敏感に感じ取って、大きなストレスを抱えてしまう傾向にあります。
 
 
・食欲がない
・偏食などの感覚過敏の症状が強く出るようになった
・先の読めない生活に、不安を抱えて、気持ちが塞ぎがち
・自粛中の不自由さから感情を爆発させることが増えた
・夜なかなか寝付けない、ぐっすり眠れない
・おしゃべりがいつもより極端に増えた・減った
笑顔が減った
 
 
このようなことはありませんか?これらは、お子さんからのSOSサインかもしれません。
 
 
そして、真面目で一生懸命なタイプのお母さんほど、お子さんのSOSサインをいち早く感じ取って、まるで自分の痛みのように感じていらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
 
 
実は、私自身がそのタイプです。今回は「何事にも真面目で、子育てもついつい頑張りすぎてしまう」そんなお母さんに向けて、メッセージを書いています。
 
 
*お子さんの「不安な心を癒すコミュニケーション」と、「変化が苦手なアスペルガータイプのお子さんへの対応」については、こちらでお伝えしています。ぜひ、併せてお読みくださいね。
 
 
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.我が家の息子の場合

 
 
私の高校生の長男はアスペルガーの傾向があり、神経質で繊細、不安がとても強く傷つきやすい性格です。
 
 
でも、辛抱強い面もあるため、辛い気持ちを自分の中に溜めてしまいがちです。
 
 
思春期特有のプライドや遠慮が邪魔をして、溜まった気持ちをうまく吐き出せないのです。
 
 
自粛期間中も、彼はじっと辛抱強く過ごしていました。
 
 
しかし、再々延期されていた、心から楽しみにしていた高校の入学式の中止が決まったときには、コロナウイルスへの怒りを爆発させました。
 
 
また、ニュースでコロナ問題に端を発する社会問題を目にして 「世界の景色が変わるのが耐えられないんだ!」 と涙を流したこともありました。
 
 
 
 
ストレスが溜まってくると食欲もなくなり、ざわつく気持ちを紛らわせるように、興味のある分野の話を早口で話し続けることもあります。
 
 
6月からはようやく登校しての授業も始まり、気の合う仲間に恵まれ、高校生活を楽しんでいます。
 
 
でも…。毎日の二ュースでコロナウイルスの感染者数を知らされるたびに、深いため息をついています。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.ストレスを抱える息子を支えるために私がしたこと・感じたこと

 
 
息子が精神的に参ってしまっているときはカウンセラーになって話をじっくり聞いたり、気分転換に散歩や家族でのゲームを提案したり。
 
 
家族が少しでも快適に過ごせるように明るく振舞っていました。
 
 
でも白状すると私自身も自粛中、春らしいうららかな日には、
 
 
「本当だったら今頃は高校の制服を着て、桜や春の華やかな花と、先生や新しい仲間に囲まれて、張り切って新生活を楽しんでいたはずなのに…。」
 
 
感情がこみ上げてきて、心がどうしようもなく揺れて、こっそり泣いたことがありました。
 
 
今も毎朝息子たちがマスクをして登校する姿を見ると、時々「どうしてこんなことに…。」と悲しく思うことがあります。
 
 
 
 
皆さんはいかがですか?ご自分も心の疲れを感じていらっしゃいませんか?
 
 

4.繊細な子どもたちを支えるために。まずお母さんがするべきこと

 
 
発達凸凹さん達の子育ては、様々なことに常に心を配らなければならず、なかなかのハードワークです。
 
 
それに加えて、今は社会全体がストレスを抱えています。
 
 
そのような状況の中で、繊細なお子さんを支えるのはとても大切なことですが、同時にそれは、お母さんの心にとって大きな負担がかかることでもあります。
 
 
「これからも笑顔のお母さんでいるために。」私が自戒を込めて皆さんと共有したかったことがあります。それは、
 
 
・自分自身を労わることを忘れないようにしましょう。
 
 
・自分自身の心を満たすことも忘れないようにしましょう。
 
 
ということです。
 
 
もしかしたら、お子さんのことを何よりも優先し、ご自分のことをいつも後回しにしてはいませんか?
 
 
お子さんのことを思うあまり、ご自分の気持ちに蓋をしてしまってはいませんか?
 
 
突然ですが、ここでお母さんに質問を1つ。
 
 
Q:お子さんと一緒に飛行機に乗っているとします。トラブルが発生して、上から酸素マスクが降りてきました。 この場合、お子さんか自分、まず先にどちらが酸素マスクをつけるべきでしょうか?
 
 
A:答えは、お母さんです。
 
 
「えっ?子どもよりも先に、自分が酸素マスクをするなんて…。」
 
 
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
お母さんがまず先に酸素マスクをつけるべきなのはなぜだと思いますか?それには、歴とした理由があるのです。
 
 
それは、まずお母さんが先にマスクをつけて酸素を吸入していないと、酸欠で具合が悪くなり、お子さんを助けることができなくなってしまうからです。
 
 
心も同じなんだと思うのです。
 
 
まずはお母さん自身の心と体のコンディションが安定して満たされてこそ、お子さんをサポートできるということです。
 
 
では、疲れてしまったお母さんの心を癒すためには、何ができるでしょう?例えばこんなことはいかがですか?
 
 
・辛いときには、我慢せずに泣きましょう。
 
涙を流すことで、リラックスや安静を司る副交感神経が活性化します。すると、疲労回復、集中力向上、睡眠の質が上がり、怒りや混乱の感情が減少します。
 
 
充分な睡眠を取りましょう。
 
→周りにいつも気を配っていると、脳も疲労するのです。30分程度の昼寝もとても効果がありますよ!
 
 
他にも、
 
 
・気持ちを整えてくれる、お気に入りの音楽を見つける
自分に戻れる時間を作る
・身の回りの「小さな幸せ探し名人」になる
・たまにはお母さんもお子さんに「今日は疲れちゃった!」と打ち明けてみる
 
 
などと、いろいろなことを是非「心が疲れたときにしたいことリスト」に追加してください。
 
 
もし、子育ての悩みを1人で抱えきれなくなったら、またこのパステル総研を訪ねてください。
 
 
きっと、あなたを助けてくれる情報や仲間に出会えるはずです。
 
 
 
 
私も、頑張って記事を書いてお届けしますね!あなたはひとりではありませんよ。
 
 
一緒に、子育て・己育て頑張っていきましょう!
 
 
お母さんの心を軽くする、子育てのヒントはこちらから!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:飯島なち
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-アスペルガー, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.