グレーゾーン パステル総研お悩み相談室 対応

【お悩み相談室】発達障害・グレーゾーンの子どもと喋るのが苦痛です。どうしたら聞き上手なお母さんになれますか?

更新日:

子どもは現在、幼稚園に通う5歳です。発達障害・グレーゾーンで、少々怒りっぽいところがあります。喋る際に必ず、「お母さんは、いつも私の話を聞いていない!」と怒ります。どう対応すれば子どもに耳を傾けている気持ちを届けられるでしょうか?

 

5歳・女の子のママ

耳を傾けていることが、お子さんに届いていないのは切ないですよね。普段の会話を少し工夫することで、お子さんの不満が解消されることがあるんですよ。

 

発達科学コミュニケーションリサーチャー みずおち梨絵

 

【目次】

 

1.発達障害やグレーゾーンの子どもに「ながら聞き」はNG

 
 
「ママは、いつも私の話を聞いてない!」お子さんに、このように言われた経験はありませんか?
 
 
お母さんは、普段、育児だけではなく、家事や仕事も同時進行で行わなければなりません。ついつい忙しくて、「ながら聞き」になることもあるかと思います。
 
 
発達障害やグレーゾーンのお子さんの場合、この「ながら聞き」では、お母さんがしっかり聞いているという想いが、届いていないことも多いのです。
 
 
例えば、
 
・耳からの情報を得ることが苦手だから
・自分の伝えたいことが整理できていないまま話しているから
・お母さんの表情が見えていないから
・自分の話に興味がないのかと不安になるから
 
など、ほんの一部ではありますが、このようなことが考えられます。
 
 
お母さんからしたら、他のことをやりながらでも、お子さんの話はしっかり聞いていると思っていますよね。
 
 
しかし、そのお母さんの想いが、お子さんに届いていなければ意味がないのです。お子さんからしたら、聞いてくれていない!と思ってしまうのも無理がありません。
 
 
 
 
では、どうしたら子どもの話を、しっかり聞いているよ!ということが伝えられるの?
 
 
今回は、我が家で同じことが度々起こり、実際に色々試したなかで、最も効果が高かった会話の工夫をお伝えします。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.聞いているのに、なぜ?娘になかなか届かない想い

 
 
ここで、我が家の話しをさせてください。
 
 
私の娘は現在、幼稚園の年長さんです。娘とは、普段からたくさん喋るように心がけていました。
 
 
しかし、あるときから、「ママはいつも私の話を聞いてくれていない!」と怒るようになったのです。
 
 
忙しいときには、「ながら聞き」もありました。しかし、なるべくゆっくり顔を合わせ、喋ることを心がけていただけに、かなりの衝撃を受けました。
 
 
ちゃんと聞いているのになぜ?どうして聞いてないってなるの?と、とても悩んだ時期がありました。
 
 
「相槌だって、タイミング的には間違えていないはず…」
「しっかり受け止めて、余計なアドバイスもしていないはず…」
「楽しく笑顔で会話をしているはず…」
 
 
しかし、この私が思っていたことは、娘には全く届いていなかったのです。
 
 
 
 
娘は、自分の気持ちの整理をすることが苦手です。
 
 
会話をする中で、たくさん喋るのですが、自分が思いついたことから喋り出すので、結果、何が言いたかったのか?分からなくなることも多いんですよね。
 
 
伝えたいことを整理できないまま喋るため、私がいくら相槌を打っても、娘が本当に聞いてほしいところとは、ズレが生じていたのです。
 
 
そのため、話し終わった後に、ママが耳を傾けてくれたと感じることができない!それが、「いつも聞いてくれていない」に発展していくことがわかりました。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもの育児は、何事も一筋縄ではいきません。少しの工夫がないと、お互いに伝わるものも、伝わらないで終わってしまいます。
 
 
ずっと、この状態だったら、いずれ娘は私とはもちろん、他の人とも喋ることが苦痛になったでしょう。
 
 
私も、娘と喋ることが苦痛になっていったかもしれません。
 
 
そこで私は、娘の気持ちの整理を最優先に、常に意識をして喋ることにしました。
 
 
結果、
 
・ママが、私の話をしっかり聞いてくれていると感じられるようになった
・自分が話している内容が整理できるようになった
 
という、とても良い状態になりました。
 
 
工夫した内容を、次項で説明していきますね。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.お子さんと喋ることが楽しみに!今日からできる工夫

 
 
前項でもお話しした通り、私は娘の気持ちの整理を最優先しました。
 
 
そこで、娘と喋る際に取り入れた工夫が、娘の話した内容を要約し、娘に返す方法です。
 
 
例えば、
 
 
「今日ね、幼稚園でペンギン折ったんだよ。途中までしかできなかった。お友達が手伝ってくれたから折れた。折り紙はピンク。」
 
 
と、幼稚園での出来事を話してくれるという、よくある場面です。文章からもわかるように、思いついたことから喋っているのがわかっていただけるかと思います。
 
 
伝えたい気持ちはわかりますが、発達障害やグレーゾーンの子どもとの会話って、伝わりづらいことがありませんか?
 
 
そこで、私は、要約した内容で言葉を返します。
 
 
「へぇ〜、折り紙でペンギン折ったんだ。難しかったのに最後まで頑張ったんだね〜」
 
 
というようにです。
 
 
そうすることで、お母さんも、子どもの褒めポイントが掴みやすくなります。
 
 
一方、子どもはというと、「私、難しかったけど、頑張って折ったんだ。」と、本当に伝えたかった気持ちの整理が、つきやすくなります。
 
 
子どもの喋る内容を要約することが、発達障害やグレーゾーンの子どもの気持ちを整理する上でとても良い効果をもたらすのです。
 
 
私も、娘と喋る際には、この要約して返すという方法を、会話の中に積極的に織り交ぜていきました。
 
 
子どもが何を伝えたいのか?を考えながら喋ることが重要です。
 
 
お母さんは、自分の話をしっかり聞いてくれている。その気持ちが、子どもが話をする意欲にもつながってきます。
 
 
まずは、お母さんとの普段のコミュニケーションを通し、喋ることは楽しいんだ!という気持ちを育ててあげてくださいね。
 
 
私も、今では、娘と会話をするのが楽しくて仕方ありません。嬉しいことに、娘は話す内容を、以前よりも整理して、伝えることができるようになってきました。
 
 
そして、この方法で娘と喋るようになってから、娘からは「ママは、私の話をちゃんと聞いてくれている!」との言葉を言われました。しっかり、娘に気持ちが届いたことがわかった瞬間なので、とても嬉しい気持ちになりました。
 
 
 
 
聞いてくれる人がいるからこそ、もっと話しをしたくなる。大人も子どもも、同じなのではないでしょうか。
 
 
今日からできる工夫です。お子さんの不満も解消させて、一気に会話力もあげちゃいましょう。
 
 
今年は、例年よりも短い夏休み。お子さんと一緒に、楽しい時間をお過ごしください。
 
 
聞き上手になって、子どもの会話力を引き出す対応をお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:みずおち梨絵
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, パステル総研お悩み相談室, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.