中学生 対応

【Nicotto!限定】発達障害の診断は関係なし!脳の発達を加速させるにはゲームとYouTubeを活用しましょう!

更新日:

発達障害の診断があるなしに関係なく、脳の発達には経験を積ませる行動が必要です。行動するにはエネルギーがいるので、好きなことから行動するのがポイントです。息子が好きなことから行動し、他の分野にまで脳の発達を加速させていった経験をお話します。
 

【目次】

 

1.発達障害の診断があってもなくても関係なし。子どもの脳のネットワークを伸ばそう!

 
 
発達障害とは脳の未熟な部分が原因で、感覚過敏がある、コミュニケーションが上手にとれない衝動的に怒ってしまうといった発達障害特有の困りごとが起こります。
 
 
実はこの困りごとは、未熟な脳のネットワークを発達させられれば解消するのです。
 
 
子どもの脳を発達させるとは、脳全体にネットワークをたくさん伸ばすことなのです。
 
 
発達障害の診断がないグレーゾーンや定型発達の子どもでもこの発達のメカニズムは同じです。
 
 
脳のネットワークを伸ばせば困りごとの解消だけではなく、お子さんができることや得意なことが増えていきます。
 
 

 
 
脳は120もの部位に分かれています。
 
 
脳のそれぞれの部位が、「視覚」「聴覚」「記憶」「運動」「伝達」「理解」「思考」など使われる機能に分かれています。
 
 
赤ちゃんは生まれる前、すでにお母さんのおなかの中でお母さんの声を聴いています。
 
 
赤ちゃんがおなかの中からこの世に生まれてからお母さんの声を聴くと、お母さんの声を耳からの記憶で覚えている、と言われています。
 
 
このように、聴いて、記憶を思い出すという複数の機能を使うことで、2か所以上の脳の部位の細胞同士がつながって脳にネットワークができてきます
 
 
脳の細胞をつなぐネットワークは何度も繰り返し使うことで、そのネットワークはより太く強くなり伸びていきます。
 
 
この太く強いネットワークができているところが、その人の脳が得意なことになります。
 
 
では、どうすれば脳のネットワークを太く伸ばすことができるのでしょうか。
 
 
今回は、脳の発達のメカニズムと、中学生の息子が自分で自分の脳を発達させていった様子を目撃した経験をお伝えします。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-中学生, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.