対応 小学生

小学生の友達関係にまつわる新常識!友達とうまくいかなくても全く問題ないワケ

投稿日:

小学生になったんだから、周囲ともうまくやってほしい…と思っているお母さん、ちょっと待って!今友達関係がうまくいかないからと言って心配する必要はありません。小学生時代の友達付き合いは「練習」でOKなんです!
 

【目次】

 

1.小学生のお子さんの友達関係に悩んでいませんか?

 
 
 この記事では、小学生の友達関係についての考え方をお伝えしたいと思います。
 
 
小学生といえば、「友達100人できるかな♪」なんて歌がありますよね。
 
 
わが子がたくさんのお友達に囲まれて、毎日楽しく学校に通ってほしい。
 
 
こんな風に思っているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
 
 
ところが、発達障害・グレーゾーンのお子さんは簡単にいきません。
 
 
・ちょっかいを出しすぎてしまう
・調子に乗って一言多くなる
・みんなのテンションが落ち着いてもまだまだ一人で盛り上がっている
 
 
反対に、
 
・なかなか友達の輪に入っていけない
・友達との会話がうまく続かない
 
など、さまざまな友達トラブルがあります。
 
 
特に2学期に入ると、たくさんの学校行事がありますよね。運動会、文化祭、遠足。「協調性」を要求される学校活動が目白押しです。
 
 
そんななかで、先生から
 
「お友達とのトラブルが多いので、おうちでもよく言い聞かせてもらえますか?」
 
なんて言われてしまうと、お母さんのショックも大きいですよね。
 
 
 
 
今日は何とかトラブルなしで過ごしてほしい!と切実に願っているお母さん、本当にトラブルがなければそれでいいんでしょうか?
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.1日トラブルなく過ごせたらOK!は違います

 
 
子どもが友だちとケンカせず、トラブルなく遊べたら合格でしょうか?
 
 
もちろん、お子さんが学校でトラブルなく過ごせたら、お母さんはほっとするかもしれません。
 
 
でも、考えていただきたいんです!
 
 
何の争いもなく穏やかに過ごせることが、社会性の発達につながるのでしょうか?
 
 
友達とトラブルがなかった!と言っても、
 
 
・遊びたい場面で距離を取る
・発言したくても我慢する
・ひとまずニコニコうなずいておく
 
 
というものであったとしたら…それでいいわけないですよね!
 
 
小さな争いを何度も繰り返して、お互いの妥協点を探って、お互いを知って仲良くなるものではないでしょうか。
 
 
 
 
注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの場合、お子さんのテンションにみんながついていけず、遠巻きにされているという可能性だって否定できません。
 
 
自閉症スペクトラムタイプのお子さんの場合は、元々1人遊びが大好き!トラブルがないということは仲よく遊べたわけではなく、同じ空間にいただけという可能性だってありますよね。
 
 
トラブルなく過ごせているからといって社会性・協調性が発達しているとは限らないのです。
 
 
まず、お母さんにはこの視点をもってほしいんです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.林修先生流!「小中時代」の友だちの位置づけをとは

 
 
トラブルなく過ごせているからといって、社会性が発達しているとは限らない。 でもその一方で、大きなトラブルがあるとお母さんの心配は一気に大きくなりますよね。
 
 
どうしてうちの子は仲よく遊べないんだろう…
今日は手が出てしまった…
相手のお友だちに申し訳ない…
謝りにいかないと…
 
 
お母さんのお気持ちは痛いほど分かります。
 
 
でも、お母さんが不安定になると、お子さんまで不安になってしまいます。ですからお母さんにはできるだけどーんと構えておいてほしいのです。
 
 
ですから、お母さんが「どーん!」と構えられるように考え方を変えること。 これが大事なんです!
 
 
トラブルが起こったときに申し訳なく思う気持ちは、人としてあたりまえのものです。
 
 
でもけがをさせたわけではなく、暴言を吐いたわけでもないのなら、過度に申し訳なく思う必要はないと思います。
 
 
相手のお子さんやご家族に過度に申し訳なく思うのは、「こんなことがあったけれど、これからもうちの子のいい友達でいてほしい…」という期待があるからではないでしょうか。
 
 
考え方を変えてほしいのはこの部分です!今度もしトラブルが起こったら、こんな風に考えてみませんか?
 
 
「これは人付き合いの練習だ!トラブルになった子とうちの子が一生お付き合いするわけじゃない!今だけのお付き合いだ!」
 
 
「いつやるの?今でしょ!」で有名な林修先生が「初耳学」というテレビ番組でおっしゃっていたことをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
林先生は「小中の友だちなんてクソみたいなもの」とおっしゃっていました(2017年11月19日放送)。
 
 
実際に、そのときの番組ゲストの方も、小中の同級生とは年に1回会うかどうかという方がほとんどでした。
 
 
この林先生の言葉、私は「その通り!」と思いながら聞きました。
 
 
実は私、小中の同級生で今も付き合いのあるのはたった1人しかいません(笑)しかもその1人は遠い親戚でもあるので、厳密な「友達」とも言い切れません。
 
 
もちろん、たくさんのトラブルを経て一生の親友になれることもあると思います。でも一般的には「今だけ」のお付き合いになる可能性の方が高い。そう思ったら、気持ちが楽になりませんか?
 
 
そのうえで、今しっかり友達付き合いの練習させてもらおう!という風に考えてみると、子どもが友達付き合いでトラブルがあったとしても、必要以上に申し訳なく思ったり、悩んだりすることはなくなるはずです。
 
 
だって、「練習中」ですから!
 
 
もちろん大きな失敗にならないようにルールを作って、「友達とうまくやれた!」という成功体験を作ってあげてください。それが自信になっていきます。
 
 
でも、練習中だから小さな失敗をしても、叱らずに話を聞いてフォローしてあげてください。
 
 
これからお子さんに友達トラブルが起こって、「どうしてうちの子は…」と思いそうになったら、「練習中だった!」と思い出してほしいと思います。
 
 
 
 
林先生のこの発言は、「クソ」という言葉が持つインパクトもあって、当時ネットニュースでかなり騒がれました。
 
 
私なりの解釈ではありますが、林先生は
 
友達関係はもっとメリハリをつけていい
 
とおっしゃりたかったのかなと思っています。
 
 
結局のところ、本当に大事にしたい「人生の親友」は数人。しかも、いつ出会えるのか分かりません。
 
 
小中時代に人生の親友に出会えた方は、もちろんその出会いを大切にすればいい。
 
 
でも、小中時代に人生の親友に出会えず、友達とうまくいかなかったからと言って、「この子は友達ができない」ではないのです。
 
 
小学生時代の「友達100人できるかな」が間違っているわけではありませんが、大人になると
 
「大事にしたい人を大事にする」
「それ以外の人とはそれなりに付き合っていく」
 
でOKになりますよね。
 
 
大事な人に出会えたときに、大事に付き合っていけるだけの経験をそれまでに積み重ねておく。
 
 
こういう考え方をすれば、小学生のわが子が友達とうまくいかないことも、おおらかにとらえられるのではないでしょうか?
 
 
お子さんの友達トラブルでお悩みのお母さん、ぜひあなたの考え方を変えてくださいね!
 
 
 
 
 
パステルキッズの友達付き合いのコツはこちらから!
 
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:丸山香緒里
 (発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.