学習障害 発達障害

音読が苦手な子どもにオススメ!スラスラ読めちゃう簡単テク2選

更新日:

宿題の定番ともいえる音読。何でこんなに音読が苦手なの!?と悩んでいませんか?変なところで区切る、一文字ずつ区切って読むなど発達障害や学習障害の子どもによく見られる特徴ですが、誰でもスラスラ読めるようになる2つのテクニックをご紹介します。
 

【目次】

 

1.音読が苦手だと悩んでいませんか?

 
 
お子さんは、おしゃべりは何の問題もなく上手なのに、文章を声に出して読むとき句読点がついているのに変なところで区切ったり、一文字ずつ区切って読んだりしていませんか?
 
 
変なところで区切る読み方というのは、例えば「ゆうえんちへいく」という文章があった場合、「ゆうえん ちへ いく」など単語の途中で切ってしまう読み方です。
 
 
これは、単語をひとつのまとまりとして読めていないという状態です。
 
 
また、一文字ずつ区切って読んでしまう(逐次読み)と言うのは、単語として捉えるのではなく文字をひとつひとつ拾って読む状態のことを言います。
 
 
 
 
どちらも発達障害や学習障害のお子さんによくみられる特徴ですが、今回は誰にでも応用できる対策方法をお伝えしたいと思います!
 
 
その前に、なぜこのような読み方になってしまうのでしょうか?
 
 

2.ひたすら音読してもスムーズに読めない理由

 
 
音読が苦手な子は、ただひたすら音読するだけでは効果があまり期待できない場合があります。
 
 
ひらがなを読むとき、だいたい小学校3年生くらいまでには、単語として捉えながら読むことができるようになってきます。
 
 
ひとつひとつの文字は認識できているし、単語も知っているのに、文章になると読むのが難しくなる場合は、目の動きに苦手があることがあります。
 
 
発達障害や学習障害で音読が苦手な子は、チラッチラッと眼球が横に動いてしまい、言葉のかたまりを認識するのが苦手な場合があるのです。
 
 
 
 
つまり、文章をパッと見て単語として捉えられないので、変なところで区切る読み方をしてしまったり、一文字ずつ区切って読んでしまう、逐次読みなどになってしまうのです。
 
 
ですから、読んでいても意味が理解できていないということもあります。
 
 
学年が上がってくると、学校は学習がメインの場所なので、学習が苦手なお子さんにとっては傷つき体験をすることも増えてくるかもしれません。
 
 
自信をなくしてしまったり、学習が嫌いになってしまったり、学校へ行くこと自体がイヤになってしまったりすることもあります。
 
 
また、音読の苦手さゆえに内容が入らず、学びの面白さを十分に感じられないかもしれません。
 
 
ですから支援をしてあげるとき、学校で発達障害や学習障害のお子さんがイヤな経験をしないような工夫を考えてあげることもとっても大切です!
 
 
では、お子さんの音読の苦手に気づいたら、お家でどんな工夫やサポートができるでしょうか?
 
 

3.音読が苦手でもスラスラ読めちゃう2つのテク

 
 
今回は、簡単にできるクニックを2つご紹介しますね!
 
 

◆マーカーで単語にしるしを入れる

 
 
テク1つ目は、単語の部分をマーカーなどでマーキングしてあげる方法です。
 
 
こうすることで、パッと見ても単語が一括りとして分かるので、読みやすくなります。
 
 

◆文節を線で区切る

 
 
テク2つ目は、文や単語の区切るところが分からないお子さんには「/」を入れるなどして、休むところを分かるようにしてあげる方法です。
 
 
「/」で区切ると、グッと読みやすくなります。
 
 
音読が苦手なことがネックとなって内容が入らないということを防ぐため、教科書など授業でやるところを予習として一度読んでみることをオススメします。
 
 
読んでみて引っかかってしまうところには、マーキングや「/」区切りを入れておきましょう。
 
 
そうすることで、授業中みんなの前で読むときにも、間違えて恥ずかしい思いやイヤな思いをすることがなく過ごせますよね。
 
 
さらに、授業の内容も入りやすくなります。
 
 
このように、音読の苦手を知ることで、その子に合った支援をしていくと、発達障害や学習障害のお子さんがスムーズに学習に取り組みやすくなります。
 
 
 
 
しかし、そのような工夫をしていても、学校で傷ついてしまうお子さんもいらっしゃいます。
 
 
だからこそ、お母さん・お父さんがお子さんの一番の理解者となり、一番の応援者であって欲しいと思います!
 
 
「学校では嫌だったけど、やっぱり頑張ってみるか!」とお子さんの前向きな気持ちにさせるのは、やっぱりお母さん・お父さん関わり方次第なのです。
 
 
ご家庭で自信をつけてあげる関わり方や、音読の苦手を補うための親子の良いコミュニケーション!これが何より重要になります。
 
 
音読が苦手でも、学ぶ楽しさを味わう方法はたくさんあります。
 
 
発達障害や学習障害のお子さんの脳に合った学びのサポートを、見つけていきましょうね!
 
 
また、音読への取り組み方は、こちらの記事でもお伝えしています。併せてチェックしてくださいね。
 
 
 
 
音読が苦手なお子さんに合ったサポート方法をメルマガでもお伝えしています。
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-学習障害, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.