対応 発達障害

気候の変化が発達障害の子どもを体調不良にしている!?理由と対応をお伝えします!

更新日:

発達障害の子どもが体調不良になりやすい、気候の変化(台風や梅雨)。敏感な子ども達は、少しの変化でも、体調を崩したり、不安になったりしやすいです。そこで、なぜ体調を崩しやすいのか、どのように対応したら良いのか、についてお伝えしますね!
 

【目次】

 

1.台風や梅雨の時期に、体調不良になる人は意外と多い!?

 
 
みなさんのお子さんは、台風や梅雨の時期など、気候の変化が起こりやすい時期に、体調不良になりませんか?
 
 
 私の周りには、子どもだけでなく、大人でも、気候の変化で体調不良になる人が多くいます。
 
 
私自身、梅雨の時期には体調を崩しやすいですし、娘は台風が近づいたときに、夜泣きをしたり、やたらと寝たり、機嫌が悪いなど、様子がおかしくなった経験があります。
 
 
 
 
またSNSで、同じような経験をされた方から「私も体調が悪くなる!」「我が家の子どもも、グズグズしている!」など、たくさんのメッセージを頂いたことがあります。
 
 
多くの人が経験したことのある、気候の変化による体調不良。
 
 
そもそも、なぜ気候の変化で体調が悪くなるのでしょうか?
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.なぜ、気候の変化で体調が悪くなるのか?

 
 
「気象病」という言葉を聞いたことはありますか?
 
 
近年、認知されるようになってきた病名で、気温や気圧など「気候」の変化によって引き起こされるさまざまな症状の総称です。
 
 
気候の変動が激しい、梅雨の時期、台風の多い時期、季節の変わり目に特に起こりやすいと言われています。
 
 
代表的な症状として、頭痛、めまい、疲労感、吐き気、関節痛、首の痛み、気管支喘息、うつ、古傷の痛みなどが言われています。
 
 
気象病のメカニズムは完全には解明されていませんが、発症には気圧が大きく関係していると考えられています。
 
 
日本では、1000万ほどの人気象病に悩んでいると考えられていて、珍しい症状ではないそうです。
 
 
 
 
台風を例にすると、体に不調が出る人、メンタル面に不調が出る人、台風が来る前に不調になる人、台風が過ぎた後に不調になる人、色々なパターンがあるようです。
 
 
自分がなるのも辛いけれど、子どもがなった場合、何とかしてあげたいと思いますよね?
 
 
そこで、発達障害の敏感な子ども達が、台風などの気候の影響を受けたときに、少しでも過ごしやすくなる方法をお伝えしますね!
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.気候の変化による、発達障害の子どもの体調不良への対応

 
 
気候の変化による体調不良の際に、やって欲しいことを3つお伝えしますね。
 
 

◆①自律神経を整えましょう!

 
 
気象病には、自律神経が関係していると言われています。
 
 
そのため、まずは自律神経を整えることが大切です。
 
 
1日3食しっかりご飯を食べて、十分な睡眠と、適度な運動を意識すると良いですよ♪
 
 

◆②子どもの不安を取り除く声掛けや、スキンシップを増やしましょう!

 
 
体も心も不安定になりやすいので、安心できることが大切です。
 
 
まずは、子どもの不安な気持ちをしっかりと聞いてあげ、「○○なんだね」と気持ちに共感してあげましょう!子どもの言葉を繰り返したり、気持ちを代弁してあげることで、子どもは気持ちを落ち着かせることができますよ。
 
 
また、スキンシップは、ダイレクトに安心感を与えます。スキンシップが苦手な子でなければ、抱きしめる、肩を触る、ハイタッチをする、マッサージをするなど、たくさんスキンシップをしてあげてくださいね♪
 
 
 
 

◆③記録をして予測し、計画を立てましょう!

 
 
どんなときに、どのような症状が出たのかを記録して、パターンを把握しておくと、だいたいの予測ができるようになります。
 
 
予測ができれば、「今日は外出をやめて、家でゆっくり過ごそう」と行動を変えることができますよね!
 
 
登校日に、子どもの様子がおかしいのであれば、家でゆっくり過ごすことも必要かもしれません。
 
 
大人でも、体調不良のときに勉強をしようと思っても、頭に入りませんよね?
 
 
無理に学校に行って嫌な記憶を作るよりも、1日ゆっくりと休んで、次の日から元気に登校した方がよい場合もあるので、子どもの様子をしっかりと観察し、判断してあげてくださいね。
 
 
気候の変化による体調不良は、症状が人それぞれで、分かりづらいです。
 
 
また、発達障害・グレーゾーンの子どもは、自分の体調の変化に気づきにくい場合もあるので、子どものことをよく知っているお母さんが、子どもの負担にならない計画を立ててあげてくださいね。
 
 
いかがでしたか?気候の変動が激しい時期には、ぜひお家でやってみてくださいね。
 
 
子ども達が、少しでも過ごしやすくなることを、願っています。
 
 
子どもの不安を取り除く声掛け(カウンセリング)や、スキンシップの方法は、こちらの記事でも書かれています。ぜひ、併せてお読みください!
 
 
 
 
子育ての困りごとを解決する情報を、多数お伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:高野詩麻
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.