対応 発達障害

発達障害の子どもの自己肯定感を一気に上げるコミュニケーションとは?

更新日:

精神的幸福感と切り離せない自己肯定感ですが、特に発達障害の子どもは自己肯定感が低くなりがちです。自己肯定感という言葉に振り回されずに、いつの間にか親子で一気に自己肯定感が上がる、日常生活ですぐに生かせるコミュニケーションをお伝えいたします!

【目次】

 

1.精神的幸福度が低い発達障害の子ども

 
 
突然ですがユニセフが発表した、2020年の先進国の子どもの幸福度をランキングした調査をご覧になったことがありますか?日本は以下のランキングになっています。
 
 
・身体的健康:1位(子どもの死亡率、過体重・肥満の子どもの割合)
 
・精神的幸福度:37位(生活満足度が高い子どもの割合、自殺率)/38国中
 
 
何度も見て愕然としてしまいました…
 
 
なぜって、先進国でこれだけ医療が発展し身体の健康第1位を保っている日本。それなのに、世界でワースト2位の精神的な幸せの低さとは、悲しいことです。
 
 
でも、私もこの一員…自己肯定感の低さではTOPクラスでしたから、何となくこの結果も納得です。健康だけど、幸せ?満たされてる?と聞かれれば、別に…と答えている私でした。
 
 
自己肯定感とはありのままの自分を認め価値がある存在だと思える感覚のことです。この感覚は幸せな人生を送るための土台とも言えます。
 
 
日本の子どもたちの精神的幸福度が低いことは、自己肯定感が低いことにも関係していると思われますが、特に発達障害の子ども達は脳の特性によってなおさらのこと自己肯定感が育ちにくいのです。
 
 
周りの子ども達を同じように行動できないことを比較されたり、怒られたりすることが多く、マイナスな記憶が頭に残り自分に自信を失いがちだからです。
 
 
今はコロナの影響でたくさんの会社が倒産しているという現実があります。生活様式も一変し、これからの社会がどうなっていくのか不安要素がたくさんあります。子ども達が成人する頃はどうなっているのでしょう。
 
 
 
 
このような社会で強くたくましく生きていくには自分に対し、自信と信頼をつけることが大事なんだと思います。 そうでないと、潰されてしまうのではないかと不安になります。
 
 
子どもにしてあげることや自分がしなければならないことを、今一度考えるときだと私は思います!
 
 

2.「自己肯定感」いう言葉に振り回されてしまう真面目なお母さん達へ

 
 
そう聞くと、「自己肯定感を上げることが大事だ!」と思いませんか? 今、「自己肯定感を上げる」と言う言葉はネットでも書籍でもたくさん取り上げられていますよね。
 
 
ちなみに、「自己肯定感」という言葉をネットで調べると…。Google:約 172,000,000 件、Yahoo:約192,000,000件というものすごい数がヒットします。
 
 
トレーナーとして自己肯定感・自信を付けましょう!とお伝えしてますが、実は、私はこの言葉が嫌いなんです。
 
 
確かに、自己肯定感を高めることや自信を持つことは大事だと思います。必要だと思います。
 
 
しかし、この言葉に振り回されて「やらなくちゃ!」「こうしなくちゃ!」と頑張ってしまう真面目なお母さんが多いのではないでしょうか?
 
 
 
 
そして、うまく自己肯定感を高めることができなかったら、できていない自分を責めてしまう。こんな悪循環を経験された方も少なくないはずです。
 
 
私自身がそんなに強い人間ではないから、自己肯定感・自信という言葉をプレッシャーと感じてしまいます。
 
 
ここで、提案です!
 
 
自己肯定感を高めよう!と言われてもうまくいかない…。
 
 
だったら、自己肯定感という言葉に振り回されるのをやめませんか?
 
 

3.自己肯定感を上げるために、すぐに生かせるコミュニケーションのコツとは?

 
 
もっと楽に、いつの間にか自己肯定感が上がっている。そんなのが理想ですよね。
 
 
大人にも子どもにも大切な自己肯定感。親子で一気に上げていく方法があります!
 
 
親子は深い絆でつながっているからこそ、お互いの自信のなさや自己肯定感の低さに巻き込まれてしまいます。
 
 
逆に言うと、だからこそ親子で一気に自己肯定感・自信を上げていけるはず!と私は確信しています。
 
 
自己肯定感という言葉に振り回されずに、
 
 
・理由と根拠に基づいたコミュニケーションを取ること
 
・口グセを変えること
 
 
この2つで、いつの間にか自信を持つことができ自己肯定感を上げることができます! これが非常識な方法です。
 
 
もし、お子さんが自信がなく、マイナスな発言が続いているのであれば動くのは今です!口ぐせを変えれば、今が変わります。 
 
 
 
 
 お母さんの口ぐせ・言葉には子どもの心に変化を生み出し成長させるパワーがあります。すぐに生かせるのです。だとしたら、私たちが動かない理由はありませんよね!
 
 
とは言え、ただただ口ぐせを変えていくとなると途中で挫折しがちです。そのため口ぐせを変える本当の意味を知りテクニックを学ぶ必要があるのです。
 
 
例えば、幼稚園で『冬の制服を買ってください!』と言われました。もちろん買いますよね!
 
 
しかしです。説明が足りなすぎて、
 
 
『いつ!?』
『どこで買えるの?』
『試着できるの!?』
『支払いはどうするの!?』
『誰に連絡すればいいの!?』
 
 
と頭はハテナだらけになりませんか?
 
 
実は同じようなことが親子の間でもよく起こっています。
 
 
お母さんにとっては子どもに言ったし、理解してると思っていたけれど…、子どもにちゃんと伝わっているのでしょうか?子どもは理解できているのでしょうか?
 
 
発達障害の子どもは視覚優位なので耳からの言葉を理解しづらい、注意集中が別に向きがち、こだわりや思い込みが強く察したり意図を汲み取ることも難しい、などの特性があるので尚更伝わっていない確率が高いのです。
 
 
いつも口ぐせのように使っていた言葉が実は伝わっておらず、それが原因でお母さんの仕事(言葉かけ・後始末など)をお母さん自身が増やしていることがあるかもしれません。
 
 
いつの間にか相手目線で話しておらず自分目線で話しているのです。コミュニケーションとは「意思の疎通」とあります。一方通行でなく双方向で意思が伝わることです。
 
 
 
 
だとしたら、コミュニケーションを口ぐせから見直していきましょう!そうすれば、お母さんが言っても言っても伝わらなかったことがスーッと伝わっていきます。
 
 
以前は話しても聞いているのかいないのか反応がイマイチだったお子さんが、口ぐせ・言葉かけを変えたらスムーズにコミュニケーションを取れるようになったという嬉しい変化も報告いただいております。
 
 
日常生活ですぐに生かせる自己肯定感を一気にあげてしまうこの裏技をぜひ今日から早速使ってみて下さいね! 詳しくは小冊子『ママの口ぐせを変えれば自己肯定感が上がる!』に記載してあります。
 
 
 
 
 
 
 
口ぐせを変えて親子の自己肯定感を一気に上げるコミュニケーションをお伝えしています!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.