対応 小学生

小学生の忘れ物ゼロを目指せ!我が家の効果バツグンの便利アイテムをご紹介します

更新日:

元気よく登校したあと、部屋に落ちている忘れ物を発見すると「どうして、毎回、忘れ物するの?」と嘆いている小学生のお母さんも多いのではないでしょうか?そこで、ある便利なアイテムを使って忘れ物をゼロにした我が家の事例をご紹介します。
 

【目次】

 

1.2学期は忘れ物が増える時期

 
 
1年間で一番長い2学期、学校生活にも慣れてきて、2学期は少し子どもたちも気が緩む時期かもしれません。
 
 
新1年生のお母さんも、1学期には一緒にやっていた次の日の準備をお子さんに任せるようになってくる頃だと思います。
 
 
2学期は、学習面で色々なことに挑戦することが増えますよね。
 
 
そのため、学校へ持って行く持ち物もぐっと増えてきます。
 
 
例えば、
 
 
算数では「コンパス、分度器」
 
図工では「折り紙、絵の具道具」
 
家庭科では「裁縫道具、布、調理の野菜」
 
音楽では「リコーダー、鍵盤ハーモニカ」
 
 
 
 
この他にも細々と、持ち物が2倍くらい増えているのがわかりますよね。
 
 
不注意傾向がある発達障害・グレーゾーンの子は、忘れ物や落し物が多く、お母さんもイライラしてしまうことが多いのではないでしょうか?
 
 
特に忘れ物もせず、宿題も欠かさずやる、いわゆる優秀なお母さんほど発達障害・グレーゾーンのお子さんの行動が意味不明すぎて、イライラし疲れやすい傾向にあるかもしれません。
 
 
でも、大丈夫!
 
 
忘れ物を減らす「効果バツグンの便利アイテム」をご紹介しますね。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.小学生あるある?なぜ忘れ物が減らない?

 
 
ここでは発達障害・グレーゾーンの子どもが忘れ物や落とし物が多いワケについてお話ししますね。
 
 
忘れ物の主な原因は、脳の特性による「不注意」が考えられます。この特性が忘れ物の多さにとても影響しています。
 
 
本人からすると
 
「分かっちゃいるけど、自分ではどうしようもないよ〜!」
 
という状態なのです。
 
 
自分の意思だけではどうしようもない部分であるため、いくらお母さんが頭ごなしに叱っても注意してもほとんど改善されないのです。
 
 
例えば、 工作活動をしている時にハサミを使っていた子どもが、次にゲームをしようとすると持っていたハサミのことなど一瞬で意識しなくなるわけです。
 
 
 
 
手からポロリと落ちたのか、無意識でどこかに置いたのか、自分でも思い出せず、「家のハサミがない!」とあとで騒ぐなんてこともあるかもしれません。
 
 
また、「ワーキングメモリ」という作業や動作に必要な情報を一時的に記憶したり処理したりする能力が苦手なことが原因の場合もあります。
 
 
ですから、お母さんのサポートがまだまだ必要なこともあるのです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3. 忘れ物には便利アイテムを使おう!

 
 
我が家には自閉傾向の小学5年生の息子がいます。
 
 
息子の担任の先生がしてくださっている忘れ物対策が、とても役に立っているのでご紹介します。
 
 
それはズバリ「連絡帳」の親子確認です!
 
 
どんな方法かというと、次の日の持ち物をランドセルに入れたら「連絡帳」に赤丸をつけます。
 
 
これを親子で確認します。たったこれだけです。
 
 
「連絡帳」の親子確認のポイントは、笑顔でたくさんの丸を付けること!
 
 
5年生になって、親子で確認!?と戸惑うお母さんもいるかもしれませんね。
 
 
「5年生になれば、自分でできて当然!」
 
「忙しいのに、そんな面倒なことを?1人でやってよ!」
 
 
と思われるお母さんも多いかもしれません。しかし、毎日一緒に確認をし、習慣ができてきたら我が家では確実に忘れ物がゼロ!になりました。
 
 
 
 
確かに5年生になれば、学校生活には慣れています。
 
 
学校生活に慣れている高学年だからこそ、忘れ物が多くなったり気が緩んだりする時期なのです。
 
 
忙しい家事の中で、お母さんが子どもの「連絡帳」の内容を確認することは大変かもしれません。
 
 
けれど、実際にやってみるとたったの5分程度で済みます。
 
 
子どもが進んで準備をしないこともあると思います。そんなときでも、「早く、明日の支度しちゃいなさいよ!」と目尻を上げて、お子さんを叱るのはNGです。
 
 
例えば、
 
教科書を1冊入れただけでもOK!→「1冊はランドセルに入れたんだね。」
 
というようにそこは「スモールステップ」で、こまめに褒めてください!
 
 
後は、お母さんがアシストしてもあげてもいいんです。
 
 
5年生になると、反抗期になる子もいます。子どもは段々と親に学校でのことを話さなくなってきます。
 
 
そんな、高学年のお子さんだからこそ、「連絡帳」の親子確認がオススメです。
 
 
「連絡帳」を通して、学校での様子を知ることができ、親子のコミュニケーションをとることができますよ。
 
 
さらに発達障害、グレーゾーンの子どもは視覚優位な子が多いと言われています。
 
 
目で見て、たくさんの赤丸がついていることで、子どもの自己肯定感もアップします。
 
 
いかがでしたか?
 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんの忘れ物問題はお母さんにとって、大きな悩みかもしれません。
 
 
しかし、気が緩む2学期だからこそ、すぐに取り入れられるので、ぜひ、「連絡帳」の親子確認で、忘れ物ゼロを目指しましょう!
 
 
また、こちらの記事では、忘れ物をなくすための対策について学べます。あわせてチェックしてみてくださいね。
 
 
 
 
メルマガでも忘れ物問題を解消するためのヒントが得られます。
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:深井淳子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.