対応 小学生

ゲームで発達支援せよ!小学生のパステルキッズを伸ばすゲームの特徴とは

更新日:

ゲームにどっぷりハマっている小学生にお困りのお母さんに朗報です!ゲームをうまく使えば、発達障害・グレーゾーンの子どもの苦手を克服させる発達支援になることをご存じですか?オススメのゲームをまるっとご紹介します。
 

【目次】

 

1.新常識!ゲームが発達支援になる

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもがゲームにどっぷりハマっていると心配されているお母さんに、ゲームが発達支援のツールとして使える!という朗報をお伝えします。
 
 
え~?そんなわけないじゃない!というお母さん、今日はゲームをやっているお子さんを観察してみてください。
 
 
ゲームをやっているときのキラキラした目。
作戦を考えているときの真剣な表情。
ゲームのことなら話題が尽きない…
 
 
こんな姿を見ると、「本当にゲームが好きなんだな」と実感しますよね。
 
 
実は、この「好き!」という感情が、発達支援で最も大切なものなんです。
 
 
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもたちは得意なことと苦手なことの差が大きく、困りごとがたくさんあります。
 
 
得意なことはどんどん伸ばして、苦手なことは何とか普通レベルにしたい。こんな風に考えて、発達支援をしているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
 
 
こんな頑張り屋さんで真面目なお母さんのやる気を打ち砕くのが、苦手分野のトレーニングの難しさです。
 
 
お母さんがどんなに準備しても、誘っても、
 
 
・断固拒否する、もしくは取り掛かるまでに時間がかかる
 
・やり始めても嫌々取り組む、すごく時間がかかる
 
・思ったような成果が上がらない
 
 
というトリプルパンチ!
 
 
苦手な部分はどうしても目についてしまうので、支援したくなるのが当たり前。でも、発達障害・グレーゾーンの子どもたちの苦手にアプローチすることは泣きたくなるぐらい大変なんです。
 
 
 
 
子どもだって、大人だって、自分が苦手なことを喜んでやる人はいません。
 
 
だからこそ、「好きなもの」がポイントになるんです。
 
 
苦手な分野の支援を、子どもが好きな活動の中で楽しみながら取り組めたとしたら…
 
 
子どもは喜んで取り組んで、楽しんで進められますよね!
 
 
そうなんです。発達障害・グレーゾーンの子どもが苦手な分野を支援するときは、大好きなゲームを使ってやるとうまくいくんです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.小学生の発達を加速させるなら知育系のゲームを選ぶべき!?

 
 
さまざまなソフトが販売されていますが、発達障害・グレーゾーンの子どもの苦手を伸ばすためには、一体何を基準に選んだらいいのでしょうか。
 
 
小学生以上のお子さんをお持ちのお母さんのなかには、学校の勉強が遅れてしまわないか心配…という方もいらっしゃると思います。
 
 
だから、ゲーム機を使って勉強させたら楽しくできるのでは…?と考えて、
 
 
漢字ゲーム
記憶ゲーム
九九ゲーム
知育ゲーム
 
 
なんかを選ぼうとされるかもしれません。最近は無料でダウンロードできるアプリも数えきれないぐらいあって、スマホを使ってゲーム感覚で学習することも珍しくなくなりました。
 
 
お子さんが楽しめるなら、こういったお勉強系のゲームはもちろん有効です。
 
 
ですが、なかには「え?ゲームで勉強しなきゃいけないの⁉︎」と拒否反応を示す子だっているはずです。
 
 
子どもたちにとってゲームは遊び遊びの時間にも勉強なの?と思う子どもも多いかもしれません。
 
 
 
 
発達支援のポイントは、子どもの好きなこと・得意なことを通して苦手なことを学習するということ。
 
 
子どもが希望するのであれば知育系のソフトを購入してもOKですが、特に希望していないのに無理やりさせることに意味はないのです。
 
 
お勉強系のゲームでなくても、子どもの発達を加速させるゲームがあるんです!
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.パステルキッズの発達が加速するゲームの特徴、徹底解説!

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもを発達させるゲーム選びにはポイントがあります。5つのゲームの特徴から、どんな力にアプローチできるのか解説していきますね。
 
 

①探すゲーム

 
 
画面のなかから隠されたお宝やお金を探し出すゲームは、集中力や見る力が鍛えられ、不注意性が高い子どもには有効なトレーニングになります。
 
 
なるべく大きな画面で、探し出す絵やマークを増やしたり、小さくしたりすることで集中する時間を長くしていくといいでしょう。
 
 
お母さんは、一緒に画面を見ながら、「よ~く見てごらん!」と促したり、見つかったら一緒に喜んだりしてください。
 
 
難しそうな場合は、「右の方を見てごらん」など、場所を限定して探しやすくしてあげるのもおすすめです!
 
 
なかなか見つからないとイライラしてしまいますから、雰囲気が悪くならないように注意しましょう。あくまでも楽しくゲームをするのが一番です!
 
 
これはゲームでなくても、本でも可能です。
 
 
本の挿絵から、お母さんが指定したものを指さしたり、本の文章の中から、特定の言葉を探し出したりすることも同じような効果を得ることができます。
 
 
 
 

②作るゲーム

 
 
画面の中で建物や街をつくるゲームです。発達がゆっくりな子どもは手先が不器用な子も多いですよね。
 
 
自分の頭の中のイメージを工作や粘土など、リアルではうまく表現できていないかもしれません。
 
 
画面の中で頭の中のイメージをしっかりアウトプットすると、気づけなかった「子どもの得意」に出会えるかもしれません!
 
 
子どもたちに大人気のマインクラフトは、この「作るゲーム」の代表と言えます。
 
 

③先を読むゲーム

 
 
 将棋やオセロのように、相手の出方を推測して自分がどうするか戦略を立てていくゲームは、考えてから動く力が育ちます。
 
 
将棋もオセロもルールを憶えるところから始めなければならないので、少し高度になります。
 
 
三目並べ、五目並べなら、幼児でもトライできますよ!
 
 

④終わりが明確なゲーム

 
 
 ゲームはついつい「もう少し!」と遊ぶ時間が長くなってしまいがち。ゲームに区切りがあって子どもが辞めやすいものを選びましょう。
 
 
テトリスやツムツムなどは延々と同じような展開が続くので、切り上げるタイミングがつかめずだらだらやってしまいがち。
 
 
子どもがやりたい!というなら、「今日はここまで」と最初に決めてから始めてみましょう。
 
 
ポケモンGOなど、バトルの時間があらかじめ分かっているようなゲームも、時間管理がしやすいですね。
 
 

⑤語れるゲーム

 
 
 RPGなど、主人公がいてストーリー性のあるゲームだと、ゲームの展開を言葉で語ることができます。
 
 
「今日はステージ3で仲間が増えたよ!その仲間はね、○○が強いんだ!コインは昨日よりちょっと減ったから明日はその分回収しなきゃ…」など会話が弾みやすくなります。
 
 
あつまれどうぶつの森など、仕事や株などを疑似体験できるゲームだと、お子さんの興味が広がるかもしれません。
 
 
 
 
どんなゲームを選んでも、コミュニケーションのきっかけになるものであれば、どんな形でも子どもの発達をサポートするきっかけにすることができます。
 
 
リビングのテレビに接続して家族全員で楽しんだり、ゲームの展開がどうだったか話し合う習慣を作ったりするとコミュニケーションが生まれやすくなります。
 
 
お母さんは、子どもが話してくれたことに対してしっかりリアクションしてあげましょう!子どもが「お母さんとゲームについて話すと楽しい」と思えるようにしてあげることが大切です。
 
 
こうすることで、子どもが「コレお母さんに教えてあげよう!」と頭を働かせながら主体的にゲームで遊べます。また、ゲームの後のお母さんとの会話に楽しみを見出すことで過度にゲームにハマりにくくなります
 
 
ゲームのやり方を変えて、子どもの発達に活かせるようにしてみてください。ぜひ参考にしてくださいね!
 
 
ゲームの活用法はこちらでも解説しています。ぜひチェックしてくださいね!
 
 
 
 
 
ゲームとの上手な付き合い方を学べます!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:丸山香緒里
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 小学生
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.