グレーゾーン コミュニケーション コロナウィルス対策

コロナ疲れ?毎日のストレスから子どもの心に余裕を取りもどす方法

更新日:

新型コロナウイルスに振り回された今年、お子さんへの影響はいかがでしょうか?長く続くコロナの影響で元気に見えても実は不安やストレスで疲れているかもしれません。今回はいつのまにか心に余裕がなくなっている子への関わり方をお伝えします。
 

【目次】

 

1.長引くコロナの影響で子どもの心が疲れてはいませんか?

 
 
全国でコロナウイルスの感染が広がる中、皆さんの日常生活への影響も続いているのではないでしょうか?
 
 
テレビでもコロナ関連の報道がひっきりなし。 外出するときはマスクと消毒。3密にならないように外食を控えているというご家庭も多いのではないでしょうか。
 
 
そんな中、発達障害のお子さんの様子に変化はないですか?
 
 
 
 
 
ちょっとしたことでイライラする
外出を嫌がって家で過ごすことが増えた
以前よりも行動を起こすまでに時間がかかる
癇癪が増えた
 
 
など、学校には行ってるから大丈夫!と思っているかもしれませんが、実は気持ちが疲れているサインかもしれません。
 
 
そこで、今回はコロナの影響でいつの間にかストレスが高くなっている子へ、心の余裕を取り戻すかかわり方をお伝えします。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.発達障害子どもの気持ちが疲れやすいのには理由があります

 
 
どうして、発達障害の子どもは心が疲れてしまいやすいのでしょうか? 
 
 

◆周りの様子を敏感に感じ取ってしまう

 
 
 発達障害の子どもの中には、周りの様子に敏感に反応する子がいます。 そのため、まわりに合わせようとして緊張状態が続き心も体も疲れてしまうのです。
 
 
 今回のコロナ騒動は大人にとってもストレスですが、発達障害の子はさらにその大人の不安な気持ちも受けとっています。
 
 
 毎日のように報道されるニュースによって家庭でも深刻な雰囲気になりがちですが、子どもはそういった周りの様子から、しなくてもいい心配をしたり不安を抱えてしまうのです。
 
 
 コロナウイルスにかからないよう気を付けることはもちろん大事ですが、子ども自身が空気を読みすぎて過剰に反応していないか気にかけてあげることも必要ですね。
 
 
 
 
 

◆変化が苦手で見通しが立たないことへの不安

 
 
発達障害の子どもはどうなるか分からない、見通しが立たないことが苦手です。
 
 
今、何が起きていて、どうしたらいいのか分からない時にはどうしても不安な気持ちがふくらんできます。
 
 
今年は楽しみにしていた学校の行事が変更になった、家庭でのレジャーもキャンセルしたなんていうこともあったのではないでしょうか。
 
 
コロナウイルスは今のところ先行きがみえず、大人の私たちもどうなっていくのか、どう行動したらいいのか分かりません。
 
 
そのため、子どももいつもと違う変化に気持ちがついていかず心に余裕がなくなってしまうのです。
 
 
不安の強いわが子も、コロナの影響のせいか気が付くとだんだんと勉強に取り組むこともそうですが、朝起きることも、服をえらんで着替えることも時間がかかるということがありました。
 
 
何をするにも決断に時間がかかり「うーん」とか「あー」といった声がたびたび聞こえ、ママにひっついてかまってもらおうとする様子もでてきました。
 
 
大人の私からすると、みんな大変なのは同じ。いつもの学校に行っていつものクラスで授業するのでそれほど大きな影響もないだろうと気軽に考えていました。
 
 
しかし、コロナウイルスの騒ぎは収まらず、次第にわが子もグズグズ言うことが増えて表情も曇ってきていたのです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.発達障害の子どもは先行きが見えないことが不安なんです

 
 
そんな疲れた子どもが心に余裕を取り戻すために、お母さんができることはどんなことでしょう?
 
 
1番大切なことは、お母さんが「こうしたらいいよ」と提案する前に、まず子どもの気持ちに耳を傾け、受け止めることです。
 
 
発達障害の子は、自分の気持ちを率直に表現することが苦手な子も多くなかなか気持ちをうまく吐き出すことができません。
 
 
子ども自身も頑張り過ぎて自分が不安定になっていることに気が付いていないかもしれません。また、きょうだいがいると他のきょうだいの気持ちに巻き込まれているかもしれません。
 
 
ですから、できるだけ子どもと1対1のゆったりした時間をとって関わるようにしてください。 親子2人だけでドライブやカフェに出かけるというのもいいですね。
 
 
そして、話をする時にはまず、お母さんの方から子どもに話を切り出してみてほしいのです。
 
 
「コロナで学校の行事も変わって大変だね」
「なんだか、ニュースも毎日うるさくって気になっちゃうよね」
「ママもこのところ疲れちゃって…」
 
 
など、少しゆったりした口調で子どもの気持ちを代弁するように話してみてくださいね。 子供がうなずいて「実はね…」と話し始めたらチャンスです。
 
 
子どもの話にしっかりと耳を傾け、子どもの言葉を繰り返して「あなたの気持ちわかるよ」という態度を示してみましょう。
 
 
「そうだよね~、〇〇って気持ちになるよね」
「なんだか疲れちゃうんだよね」
「戸惑うよね、うんうん、分かるよ」
 
 
など、言葉と一緒にうなずいたり表情でも共感していることを表すようにしてみましょう。 子どもは受け入れてもらったと安心できると、自分の気持ちを吐き出しやすくなります。
 
 
 
 
もしも、子どもが話をしなかったとしても、お母さんの態度としては子供に寄り添う、受け止めるという気持ちでいてくださいね。
 
 
子どもに抵抗がなければ、ハグをしたり肩に触れるなどスキンシップで子どもとの距離と縮め安心できる雰囲気をつくってあげるのもいいですね。 お風呂に一緒に入れるのなら、湯船に浸かって話をするのもおすすめです。
 
 
わが家では、寝る前にゆったりタイムをとってお茶を飲んだりしながら、お互い今日楽しかったことや思ったことを話す機会をもつようにしました。
 
 
はじめのうちは、「うーん…」と、はっきりしない返事が多かったわが子も、最近やっと「○○に行ってみたい!」とか「学校で今、鉄棒がんばってるよ」といった前向きな言葉も聞かれるようになってきました。
 
 
まだまだ、コロナウイルスの影響は続いています。 さまざまな情報が行き交い、大人も子供もストレスにさらされてしまいます。
 
 
こんな時だからこそ、お母さんの愛情いっぱいの言葉かけは子どもにとって明日からの元気の素になります。
 
 
忙しい毎日かと思いますが、子どもが少しでも穏やかに過ごせるよう家での会話を大切にして上手に息抜きをしていってくださいね。
 
 
 
 
 
子どもの不安を解消する秘訣を多数お伝えしています
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:井上喜美子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, コミュニケーション, コロナウィルス対策
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.