グレーゾーン 対応

個人面談シーズンになりました!発達障害・グレーゾーンの子どもを持つお母さんに知ってほしい、 困りごと・悩みごとの有効な伝え方

更新日:

入学・進級で、不安でいっぱいだったお子さんも少しずつ環境になれ、本来の姿が見られるようになったこの時期に、多くの学校で個人面談がおこなわれます。発達障害・グレーゾーンの子どもの困りごとを先生に分かりやすく伝える方法をお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもの個人面談のねらいとは?

 
 
お子さんは、新しい担任の先生やお友達、環境にも慣れ、お子さん本来の姿が見られるようになったころではないでしょうか。
 
 
また、お子さんによっては、少し疲れが出てくるころかもしれませんね。
 
 
学校生活に慣れてきたこの時期、多くの学校で個人面談や家庭訪問がおこなわれます。
 
 
この個人面談、大きく2つのねらいがあることをみなさんご存知ですか?
 
 
1つ目のねらいは、担任の先生と私たち保護者が、お互いを知り、良い関係性をつくることです。
 
 
良い関係性をつくり信頼関係ができていれば、お子さんに困りごとなどが起きた時、よりスムーズに連携がとることができますね。
 
 
特に、発達障害・グレーゾーンの子どもは、その特性から、学校でパニックになってしまったり、教室に入れなかったり、あるいは思いを伝えられず一人で悩んでしまうこともあります。
 
 
そんな時、担任の先生とうまく連携が取れていれば、より速やかに対応ができ、お子さんも安心して学校に通うことができます!
 
 
2つ目のねらいは、子どもの普段の家庭での様子、学校での様子を互いに情報交換することで、より子ども本来の姿を理解することです。
 
 
さらには、子ども本来の姿を理解した上で、学校と家庭での子どもの教育を充実させることです。
 
 
つまり、個人面談のねらいは、
「子どもの教育を充実させるために担任(学校側)と保護者(家庭)が親睦・連携を図り、いつでもタッグを組める状態にすること」なのです。
 
 
 
 

2.面談時間は限られています!短い時間を実りある時間にするために事前準備は必須です!  

 
 
みなさんにも個人面談の経験、ありますよね。
 
 
「雑談していたら、本題に入る前にあっという間に面談が終わってしまった。」
 
「先生からのお話を聞くだけで、思ったことを伝えないまま終わってしまった」
という経験はありませんか?
 
 
また、発達障害・グレーゾーンの子どもをお持ちのお母さんの中には、
 
 
「子どものできないことばかりを一方的に言われ、何も言い返せず、また、特性を理解してもらえず、自分の子育てを否定されているようで落ち込んでしまった。」
 
 
情報交換の場である面談で、傷ついてしまったお母さんもいるようです。つらいですよね。
 
 
こちらの思いを伝えれらないどころか、傷ついたり、つらい思いをしないために個人面談の前にしておくべき準備が、実はあるんです!
 
 
 
 

3.個人面談を成功させるためのお母さんの事前準備~メモをフル活用!~

 
 
面談で悲しい結果にならないよう、実りある面談にするために、私がお勧めするのが、2つのメモを活用することです!
 
 
<メモの活用その1>
担任の先生との話し合いは記録に残しましょう。
 
 
面談時、話に夢中になってしまいメモをしないお母さん、案外多いんです。
 
 
しかし、会話の中には、「このようにしたらいいですよ〜」 「こんなところに気をつけていきたいですね」など、先生からのアドバイスや課題がいっぱいです!
 
 
ぜひ、記録に残して今後の子育てに生かしたいですね。
 
 
<メモの活用その2>
担任の先生に伝えたいことを優先順位の高い順に1つか2つに絞り、メモしておきましょう。
 
 
「うちの子、落ち着きがなくて」 「なかなか宿題に取り組まなくて」 など、悩みや困りごとを考えたらいくつでも思い浮かびそうですが、ただ伝えるだけでは、なかなか改善には結びつきません。
 
 
そこで大切なのが、優先順位の高い困りごとは何かを明確にして伝えることなんです。
 
 
 
 

4.伝えたいことの優先順位を決め、「状況・行動・対応」の形で伝えましょう!

 
 
繰り返しますが、面談は時間が限られています。 お母さんからみて、
「お子さんが今、学校や家庭で1番困っていることは何ですか? 2番目に困っていることは何ですか?」
考えてみましょう。
 
 
そして、優先順位が決まったら、
1 困っている状況
2 その結果現れる行動
3 改善するための対応法
の順番でメモをして面談に臨みましょう。
 
 
とは言っても、どのように書いたら良いかわからないお母さんのために、具体的なメモの書き方をお伝えしますね。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、その特性から状況によって行動が変化したり、抑制されてしまうことがあります。
 
 
例えば、ASD(自閉スペクトラム症)で聴覚過敏がある場合、 「音楽の時間、お友達が叩いたシンバルの音に苦手を感じ、耳を塞いでしゃがみこんでしまい、パニックになってしまう。」こんなことが起こることが考えられます。
 
 
こんな時、あらかじめお母さんが
『うちの子、聴覚過敏があって、突然大きな高い音が聞こえると耳を塞いでしゃがみこむことがあるんです。(状況
 
 
そうなるとパニックになって、どんな声かけをしても耳を傾けません。(行動
 
 
そんな時、我が家では静かな場所に移動させ、しばらく1人にします。そうすると落ち着きを取り戻してもどってきます。(対応)』
 
 
と担任の先生に伝えていたら、音楽の時間、
 
 
担任の先生はお子さんに迅速な対応ができ、お子さんも最小限のストレスで、困りごとから解放されますね!
 
 
また、LD(学習障害)で聞き取る力が弱い場合、お友達との話し合いの時間になると、一度にたくさんの情報が処理できず、話についていけなくなります。
 
 
結果、ぼーっとその場にいるだけになってしまいます。このような状態が続くと授業についていけなくなり、やがて学力不振につながってしまうのです。
 
 
この場合もあらかじめお母さんから
 
 
『うちの子は話を聞き取る力が弱く、話の内容が早いスピードで展開していくと、話についていかれなくなるんです。(状況
 
 
すると、ぼーっとしてその場にいることが多いです。(行動
 
 
そんな時、家では私が内容を短くわかりやすい言葉に置き換えて伝えるようにしたり、理解できているかその場で確認しています。(対応)』との情報があったことで、
 
 
担任の先生は、グループに分かれて話し合う際、そばにいて様子を見守ってくれていることが多いです。
 
 
そして、ぼーっとしている時には、もう一度発言した子どもに簡潔に話してもらうようにしたり、 担任が意見をまとめて簡単に説明するサポートをしてくれています。
(実はこれ、我が家が実際におこなったやりとりなんです!)
 
 
どうですか?
お子さんの困りごとや悩みをただ闇雲に話すよりも、ずっと効果的で有効的な面談になることが、お分かりいただけたと思います。
 
 
最後に、お子さんと過ごす時間が一番長いのはお母さんです。
 
 
気づいていないかもしれませんが、 お子さんの一番の専門家はお母さん、あなたです! お母さんがお子さんと関わる中で見つけた対応法を、ぜひ先生に伝えてくださいね。
 
 
そして、もし、改善するための対応法がわからない場合でも、大丈夫!
 
 
担任と話し合い、最適な方法を見つけていきましょう。それこそが、個人面談をおこなうねらいなのですから。
 
 
さあ、まずはメモをすることからはじめてみませんか!
 
 
 
 
執筆者:さくら聖子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー、東京都子育て支援員)
 
 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.