グレーゾーン 自閉症スペクトラム

発達させるなら今!発達障害の子どもの苦手なことは「好き」で伸ばそう!

更新日:

発達障害・自閉症スペクトラム症(ASD)の子どもの苦手なことを克服しようと毎日叱っていませんか?実は苦手なことは注意をしてもほとんど意味がありません。「苦手なこと」を「得意」に変えていくには、あることを活用して伸ばします!その方法をお伝えします。 
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもの苦手なことに困っているお母さんへ

 
 
皆さんのお子さんには、苦手なことはありますか?
 
 
うちの小学校低学年の息子には苦手なことがあります。 
 
 
おそらく、ほぼすべてのお母さんが「あります」と答えるのではないかと思います。そのくらいお子さんのことを心配していることとお察しします。
 
 
例えば
 
・漢字の反復練習が苦手
・やろうと決めたものの三日坊主になる 
・忘れ物が多い
・初めての場所で不安になる
 
これはほんの一例で、苦手なことはまだまだ挙げればたくさんあると思います。
 
 
では質問を変えますね。
 
 
お子さんに苦手なことをやらせる時に、皆さんはどのような取り組みをされていますか? 
 
 
例えば、宿題をなかなかやり始めないお子さんを例に挙げて考えてみましょう。
 
 
宿題があるのにやる気が起きず帰宅してからずっと遊んでいる状況はよくあることだと思います。このような状況でお母さんは、
 
 
「宿題は終わったの?」 
「遊ぶ前にやってよ〜」
「まだやってないの?」
 
 
このように注意されていると思います。
 
 
子どもが取りかかりやすいように言葉でのせたり、ご褒美を使ってみたり、いろいろ試みてもうまくいかない。 
 
 
一度や二度の声かけで宿題をやり始めてくれたら御の字!何度注意してもダメ。 
 
 
次第にお母さんもイライラしていき注意するときの声のトーンもだんだんエスカレートしていきますよね。
 
 
いざ宿題を始めても、今度は集中力も続かずはかどらないなど、なかなか思うようにいかないことでしょう。
 
 
 「うちの子、切り替えるのが苦手なんだから!」 
 「集中力がなくて困る。」 
 
 
と思っておられるのではないでしょうか。
 
 
お母さんも「少しでも勉強を習得してほしい!」「宿題は提出しなきゃ」と言う使命感から、日々ご苦労されていることと思います。
 
 
でもお母さん!少し振り返って考えてみてください。 
 
 
宿題は中々してくれないけれど、大好きなことにはこちらも驚くような集中力を見せることがありませんか?
 
 
パズルやレゴや図鑑など、好きなことは何時間でもやっていることと思います。
 
 
発達に凸凹のある子どもは、好きなことや興味のあることへの集中力は目を見張るものがあります。
 
 
嫌いなことは全く手をつけようとしないでも好きなことは言われなくても勝手にやっている
 
 
この違いはなんなのでしょうか?
 
 
掘り下げてみましょう。
 
 

 
 

2.好きなことをするとき、嫌いなことをするとき、脳はどう違う?

 
 
発達障害の子どもたちにはそれぞれが持つ特性があります。 
 
 
発達障害として代表的なものが注意欠如多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラム症(ASD)、限局性学習障害(SLD)の3つです。
 
 
特性の出方も人それぞれで、1つだけの症状の子もいればいくつかの症状が重なりあっている子もいます。 
 
 
その中でも自閉症スペクトラム症(以下ASD)の子どもの特性の一つとして、興味のある範囲が狭いという特性があります。 
 
 
興味のあることに関しては時間を忘れて没頭できるけれど、興味のないことに関しては見向きもしない、という特徴です。
 
 
ですから、自分の好きなこと以外は誘っても乗ってこない、というのも充分に納得できることなのです。 
 
 
子どもは「宿題はやらないといけないよな。」と心の中では思っています。ですが、そもそも興味のないことなのでなかなか行動に移せず、どうしても着手できないのです。 
 
 
このように子どもがいくら努力をしてもどうしようもないことを、親がまず理解してあげましょう。
 
 
発達障害の子どもには興味のないことを無理やりさせても脳は活性化せず、学習も記憶も思うようにいきません。
 
 
では、どのような時に学習や記憶はうまくいくのでしょうか? 
 
 
それは、子どもがワクワクするような楽しいこと・興味のあることをやっているときです。
 
 
そうなのです!好きなことをやっている時に、脳は活性化するのです!
 
 

 
 
好きなことに取り組んでいる時って、子どもはイキイキしていますよね!
 
 
この時、子どもの脳はフル回転・フル稼働していて、記憶力もよくなるし学習効果が上がっている状態なのです。
 
 
苦手なことは確かにいくつも持っているかもしれません。ですが、それ以上にすごい才能を秘めた子どもたちなのです!
 
 
そして、その才能を伸ばすには少し工夫が必要です。
 
 
では次に、子どもの学習効果をあげるためにお母さんにやっていただきたい工夫についてお話ししますね。 
 
 

3.発達障害の子どもの苦手なことを「得意」に変える工夫

 
 
「好き」というエネルギーは、努力では到底補えないほどのすごいパワーを持っていることはお解りいただけたと思います。
 
 
苦手なことを「得意」に変えていく具体的な工夫は、その苦手なことを「好き」と絡めていくことです!
 
 
好きなことに絡め苦手なことを意識させず忘れさせること!このことを学習の場面でも活用するのです。
 
 
お母さんがまずやることは、お子さんの「好き」なことに絡めて漢字や算数の問題や遊びを工夫して作ってあげることです。
 
 
例えば昆虫好きの子どもに向けて、穴あけ漢字ドリルを作ってみましょう。
 
 
「カブト虫は□(き)のみつをすう」
→答え:木
 
 
「□□□(せかいいち)大きいカブト虫は○○だ」
→答え:世界一
(○○は息子の得意なので勝手に答えてくれる)
 
 
・例えば、算数の計算問題なら
・カブト虫を7匹飼っています。お父さんが4匹もらってきました。合わせていくつでしょう?
 
・兄はカブト虫を10匹、弟はカブト虫を2匹捕まえました。違いはいくつですか?
 
 
このように、お子さんのオーダーメイドドリルを作ってあげましょう。
 
 
宿題と同じような漢字の練習であり計算問題なのに、興味のあることと絡めると子どもの目が急にキラキラし取り組み始めます。 
 
 
我が子のためのオーダーメイドのドリルのおかげで「できた!」「案外面白かった!」という体験ができるようになります。
 
 
これは小さな成功体験です。
 
 
この成功体験を増やしていくと、子どもの自己肯定感も高めることができます。
 
 
そうとわかれば、好きなことを通して脳を発達させる方法をあちこちで使いたくなりますよね! 
 
 
そうなのです。これは勉強以外にも使えます。 
 
 
例えば、手先の器用さを伸ばしたかったら
 
・折り紙で昆虫を作る
・カブト虫の絵を描く
 
 
鶴を折ることは嫌で仕方がなかったけど、苦手なはずの折り紙でカブト虫を作ってみたら面白くなってきた!
 
 
もっとかっこいいカブト虫を作りたくなって、だんだん細部にまでこだわるようになり折り紙が得意になった!という可能性も充分あるのです。
 
 
このような工夫をすることで、苦手なことがいつの間にか楽しくなっていき、興味のなかった勉強も取り組みやすくなっていきます。
 
 
苦手なことを興味のない方法で無理やりやらせるよりも、苦手なことを興味のあることと絡めるだけで子どもの脳は動くのです!
 
 
問題を作ることは、お母さんにとっては少し面倒かもしれません。
 
 
ですが、これで「子どもが成長しているのだ!」という気持ちで取り組んでいただけると嬉しく思います。
 
 
折り紙は虫やお菓子などを作れる専用の折り紙が売られていますし、工作キットもたくさん売られています。このような市販品もうまく活用するのも一手です。
 
 
このように興味のあること好きなことについては、「なんだろう?」「どうしてだろう?」「もっと知りたい」と知的好奇心がわいてきますよね。
 
 
 この知的好奇心があるからこそ、学びも深くなります。そして長い目でみると「勉強=楽しい」という回路を作ることができるのです。
 
 
このような「勉強=楽しい」という気持ちは内発的動機といって、子どもが行動を起こすやる気が本人の内面にあるということを示しています。
 
 
充実感や達成感を味わいたいという気持ちなので持続性があるので学習する際にはとても重要な気持ちです!
 
 
子どもが楽しいと感じながら結果的に伸びている!
 
 
このようなお母さんの少しの工夫で、いつの間にか苦手なことが減り得意なことがどんどん増えていくのです!
 
 
ぜひ、試してみてくださいね! 
 
 
 
 
 
 
発達障害の子どもの苦手なことは「好き」で伸ばそう!発達させるなら今すぐにやりませんか?
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:今村裕香
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

-グレーゾーン, 自閉症スペクトラム
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.