対応 小学校入学準備<実践編>

下の子の小学校入学!教室に入れない発達障害グレーゾーンの姉がいても焦らないお母さんの為の突破口!

更新日:

入学準備はバッチリだけど、お姉ちゃんは教室に入れない。学校に通うことが不安なタイミングで下の子が入学!!きょうだい仲良く登校できるかどうかも見通しが立たない現状でも大丈夫!ママが1人で悩むことから卒業できる超簡単な方法をご紹介します。
 

【目次】

 

1.憧れのランドセルにニッコリ!大好きなお姉ちゃんと楽しく登校!?

 
 
この春、きょうだいの下の子がピカピカの1年生になるご家庭にとっては、同じ学校に在学中のお兄ちゃん・お姉ちゃんがとっても頼りになりますよね!
 
 
ところが、上の子が学校への行き渋りをしていたり、発達障害グレーゾーンの特性から、集団が苦教室に入れなかったりといった困りごとを抱えているご家庭にとっては、悩みの種になりがちです。
 
 
入学を待ちわびている弟妹とは裏腹に、春が差し迫ることに焦りを感じている兄姉。
 
 
 
 
きょうだいをハカリにかけなければならない状況では、お母さんが頭を抱えこむのは無理もないことです。
 
 
 ぜひ、今のお悩みの状態から一歩踏み出して、きょうだいが安心して春を迎え入れる準備を進めていただきたいと思います!
 
 
▼新刊▼登校しぶりの対応が分かります!
iskishiburi_topnew
 
 

2.思いやりのウソの始まり

 
 
 わたし自身、順調に準備しているつもりでいました。
 
 
長女が4年生になる年に次女の入学を控えていたので、お姉ちゃんの頑張りどころだ!と仕向けていきました。
 
 
発達障害グレーゾーンの長女は、ざわつき集団が苦手だったり、繊細で様々な情報を吸収して疲れやすかったり、不安が強かったりするタイプです。
 
 
さらに、ちょうど妹の入学を控えた今頃の時期に、友達関係による負荷が原因で教室の中へ入れない状態が始まったのです。
 
 
長女にとって教室へ一歩入ることは、まるで高層ビルから一歩足を踏み外すのと同じような位、全身が拒否していたのです。
 
 
そして長女は、わたしが一緒でなければ強い不安を抱くようになっていたので、毎日毎日一緒にわたしと保健室登校をするようになりました。
 
 
実は、その時のお姉ちゃんの状況は、当時年長の妹には秘密にしていたのです。
 
 
なぜなら、 ピカピカのランドセルをそばにしてお姉ちゃんと一緒に登校できる日を待ちわびている妹へ伝える勇気がなかったからです。
 
 
そして、きょうだい仲良く登校して欲しいという自分の希望も崩せなかったので隠す方法しか思いつかなかったのです。
 
 
入学式までには、お姉ちゃんは教室でみんなと同じように過ごせるようになるだろう。
 
 
そんなわたしの勝手な予想で、わたしは長女へある提案をしたのです。
 
 
「妹が入学するまで、教室へ入れないことやお母さんと一緒に学校へ遅れて行っていることは妹には内緒にしておこう!」
 
 
 
 
 それから、お姉ちゃんは朝はちゃんと登校しているかのように見せかけて、妹が登園するまで別部屋へ隠れる作戦を始めました。
 
 
そんな、わたしの勝手な策が一大事になるなんて、その時はこれっぽっちも思っていませんでした。
 
 

3.教室に入れないことを隠し通した結末は…

 
 
 妹の登園・降園を見計らい、姉は別部屋に隠れる日々を乗り越えた末、妹のたてまえ上では姉妹で仲良く登校するまでに至ることができました。
 
 
まだ 、実際は妹の入学後も長女はわたしの付き添いが必要な状態と教室へ入れない状況は続いていたのです。
 
 
次なる作戦は、姉妹が登校した後に時間差でわたしが長女の元へ登校するようしたのです。
 
 
妹の入学迄の辛抱だったはずが、わたしの予想外な状態になってしまい、わたしは妹に隠し事をしていることへの罪悪感が日に日に増していきました。
 
 
そして、 状況は悪化していく一方でした。
 
 
・妹は新しい環境に慣れず、学校への抵抗がでて登校が不安定に。当時はまだ解らなかったのですが、自閉症スペクトラム(ASD)の特性からでした。
 
 
 ・毎日こっそり隠れることが習慣化した姉は、妹に対して肩身が狭くなり妹より弱い立場に
 
 
 ・わたしは、娘達をとんでもない状況へさせてしまったという絶望感と出口のみえない状態が続く中でうつ状態に
 
 
 
 
 妹の笑顔をずっと見ていたかっただけについたウソが、自分も子どもを巻き込み、みんなが苦しい結果となる…一事が万事の結末となったのです。
 
 
わたしとお姉ちゃんのことを信用できなくなってしまったらどうしよう…。 と、妹に打ち明ける場面を想像するだけで、返ってくる反撃が怖くて仕方ありませんでした。
 
 
そんな中、話を切り出すタイミングを見計らいちゃんと伝えよう!と決意。
 
 

 4.大自然のような壮大な心になりきって暗闇から抜け出せた!

 
 
 ここからは、家族仲にヒビが生じるてしまうのではないかと不安な状態から脱出できた体験談をお話させていただきます。
 
 

◆腹をくくってお姉ちゃんに相談―決めるのは発達障害グレーゾーンの本人!―

 
 
まず、お姉ちゃんにこれ以上隠さなくてもよくなった状態を思い描いてもらうようにしました。
 
 
「毎日、隠れなきゃならなくて疲れるよね。もう、隠れなくてもよくなったら安心する?」
 
 
そして、今の現状から抜け出したいという気持ちがあることを確認できてから、妹へ打ち明けることへの相談をしました。
 
 
「教室へ入れなくてお母さんと学校で過ごしていることを、妹に伝えても大丈夫?
 
 
それに対して、お姉ちゃんは妹から反抗されることが心配でたまらない状態でした。
 
 
そこで、わたしはお姉ちゃんが妹以上に今まで頑張ってきたことを伝えていきました。
 
 
習い事での経験、1年生の妹よりも学年が上のお姉ちゃんがしてきた沢山の努力今までできたことなどを挙げていきました。
 
 
今まで積み重ねてきた努力の体験を思い出させてあげることで、お姉ちゃんに自信を抱いて欲しかったからです。
 
 
そうして、
 
 
「妹にも困りごとがあるから、お姉ちゃんの気持ちもきっとわかってくれるよ」
 
「お母さんから伝えてもいい?
 
 
と、問いかけ始めると同時に待つ間もなくお姉ちゃんから「うん。」と、OKの返事が戻ってきた時には、安心と感謝の気持ちでいっぱいでした。
 
 
ここまでで、わたしは次のことに気を付けて対応をしました。
 
 
明るい未来を描かせてあげる
 
②お姉ちゃんの自信を呼び起こす
 
③本人に決めてもらう
 
この3点です。
 

◆本番はここから!妹へなんて伝える!?

 
 
わたしは、お姉ちゃんと話した翌日、ご機嫌に遊んでいる妹へ「今日、大事なお話をするね」前置きをしておきました。
 
 
大事なお話ってなんだろう?ひっそりしたいつもと違う雰囲気に対してドキドキワクワクしている妹を目の前に、心を奮い立たせて話を切り出しました。
 
 
「お姉ちゃん人が多い場所へ行くのが最近苦手だよね?」と、最初に妹が知っている姉の様子を伝えました。
 
 
すると、「わたしも人が少ない方がいいよ!!」と妹なりの即答が返ってきたのですが、この時どんな声が戻ってきても壮大な心で受け入れる対応をすると心で決めていました。
 
 
「うんうん、そうだよね」
「妹ちゃん、いつも良く頑張ってるもんね」
 
妹の気持ちを理解する心がけを、わたしは大自然のような大きな大きな心を意識して対応しました。
 
 
 
 
そして、妹の気持ちを丸ごと受け入れた上で
 
 
「実はね…お姉ちゃん教室に入れないんだ。お母さんがいないと不安だから、学校でも一緒に過ごしてるんだ。」
 
 
と、話し終えないうちに妹からの質問が突っかかってきます。
 
 
「は??」
「もー!だから、探してもいつもお姉ちゃんいなかったんね!!」
「いつもどこにいるの!?」
「もー!せこい!!」
 
 
妹には、思う存分スッキリするまで気持ちを吐き出してもらい、わたしは妹の気持ちを心の底から理解することだけに集中して落ち着いて対応しました。
 
 
とにかくわたしは受け入れることに集中して対応をしたことで、妹は口頭だけで発散できたのです。
 
 
そして最後に、わたしは妹とお姉ちゃんの距離を縮める為ふたりの仲介役になりました。
 
 
「妹は○○と言っていたよ」
「お姉ちゃんは○○と言っているよ」
 
お互いの気持ちを共有できた頃には、いつも通り一緒に隣り合ってゲームをして遊んでいた姿を見ることができたのです。
 
 
▼無料プレゼント▼子どものゲームが気になる方へ
ゲーム・携帯で発達を加速させる方法
 
 

5.解決への近道は○○が知っている!

 
 
「人は影でこそこそ動かれるのを、一番嫌いますから!」
 
娘の心療科の主治医の言葉です。
 
 
 わたしはこの苦い体験を元に、子どもの事で悩むことがあった時にはいつでも子どもに相談をして一緒に考えながら本人に決めてもらうようにしました。
 
 
 
 
一方的に子どもへ言い聞かせるスタイルから、一緒に考えて本人に決めてもらうスタイルへ変えることでわたしは沢山のメリットがありました!
 
 
 ・子どもの自主性がグングン芽生えていき、前向きな行動が増えた
 
・子どもとの関係がフレンドリーになり、会話が増えた
 
 ・きょうだい同士で相談し合うようになり、ケンカが減った
 
・子どもと同じ気持ちになって、できた行動を喜べるようになった
 
 ・子どもの悩みをわたし1人で抱え込むことが無くなった
 
 
 そして、何よりもきょうだいが今まで以上に仲良くなっただけでなく、子どもが相手の意見を聞いて一緒に考える習慣も身に付きました!
 
 
 今、下の子にお兄ちゃん・お姉ちゃんのまだ伝えていないことをどう伝えようか悩んでいませんか?
 
 
 ぜひ、早い段階で上の子と一緒に考えて、お子さんの納得する伝え方で壮大な心をもって下の子にお話ししてみてくださいね!
 
 
すがすがしく春を迎えられるよう、わたしも応援しています!
 
 
 
 
きょうだい育児の悩みはこちらのメール講座でまるっと解決できます!。
 
 
お姉ちゃんの悩み事を下の子に伝える突破口とは!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:おおむらさえ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-対応, 小学校入学準備<実践編>
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.