対応 小学生

検温でパニック!発達障害で不安が強い子に「コロナかも?」と心配させないお母さんの対応とは?

更新日:

 

発達障害で不安が強い子どもは大人の想像以上にコロナ感染への不安を感じています。我が家の娘は朝の検温で37度をちょっとでも超えるとパニックに!コロナ感染の不安が強い娘が私の対応を工夫することで検温時のパニックがなくなった対応をお伝えします!
 

【目次】

 

1.検温結果が37度をちょっとでも超えるとパニックになる娘

 
 
コロナウイルスへの感染が不安でたまらないお子さんはいませんか?
 
 
・朝、検温をするのを極端に嫌がる
 
・コロナのニュースや話題は一切受け付けない、
 
・心配で外へ出られない
 
 
長引くコロナ禍。発達障害の子どもたちは不安でたまらず小さな心を痛めているかもしれません。
 
 
我が家には小2の娘がいます。発達がゆっくりで凸凹があり不安が強いタイプです。
 
 
コロナ感染の恐怖感が強いため、普段からなるべく不安になるようなネガティブなニュースなどは見せないようにしています。
 
 
皆さんのお子さんも毎朝検温していますよね。
 
 
朝の検温はこのコロナ禍の新生活様式の一つですが、娘は当初検温を嫌がっていました
 
 
検温は病気のイメージと直結し、自分が病気ではないかと不安に思うようでした。
 
 
学校で検温をしてくるように言われるのは、あなたが病気だからではなくコロナウイルスに皆が感染しないために決められたルールだから守る必要がある、ということを説明をすると検温することは受け入れることができました。
 
 
 
 
ところが、不安が強い娘は37度をちょっとでも超えると、コロナに感染しているのではないかと不安になり大泣きしてパニック状態になってしまいます。
 
 
娘は幼いころから平熱は36.8度くらいと高めなのです。
 
 
ですから、ストーブの前にいたとか、少し動いて体が温まったとか、ちょっとのことで37度を超えることは保育園時代からよくあることなのです。
 
 
しかし、このコロナ禍で彼女の中では
 
「体温が37度を超える=コロナ」
 
というような図式ができ上がっているようで、37度を少しでも超えるとパニックになり大泣きしてしまいます。
 
 
今、学校では37.5度を超えたら欠席することになっていますが、37.4度以下なら出席できます。
 
 
しかし、たとえ37.0度でも「37」という数字を見た瞬間に不安が彼女を襲いパニックになってしまうのです。
 
 
いくら親が
 
「37.5度を超えていないんだから、学校に行けるよ!大丈夫だよ!」
 
なんて言っても不安の方が大きくて、パニックはおさまりません。
 
 
なんといっても、そこまで「37度」にとらわれ不安な気持ちになってしまうのは本人が一番辛いと思います。
 
 
この記事では、そんな不安が強い娘が37度前半の熱でパニックを起こさず、安心して学校に行けるように、私がとった対応をお伝えします。
 
 
\夢に挑戦する応援資金がもらえちゃう!/
▼こどもチャンスプロジェクト進行中▼

 
 

2.なぜ発達障害の子どもは不安が強いのでしょうか?

 
 

◆ネガティブな記憶が残りやすい

 
 
発達障害の子どもの脳はネガティブな記憶が残りやすいから不安が強いのです。
 
 
その理由は、人間は生まれてから動物的で原始的な脳の機能が先に発達し、人間らしい理性や言語、思考に関連する脳はあとで発達するからです。
 
 
人間の脳の発達の順番は動物の進化の順と同じです。
 
 
つまり、脳が未熟な赤ちゃんはより動物に近い脳、大人はより人間に近い脳です。
 
 
発達障害の子どもは成長過程の後半で発達が進む部分の脳が未熟なことが多いのです。
 
 
動物の脳は命を危険から守ることを一番大事します。
 
 
たとえば、この場所は以前天敵が現れた場所だとか、この音がすると危険の前触れであるとか、こういった生命の危機に直結する記憶が動物には一番大切です。
 
 
そのため動物の脳は身を守り、危険を察知するためネガティブな情報の記憶が強く残るようにできているのです。
 
 
発達障害の子どもたちは脳の発達がゆっくりなので、ネガティブな情報の記憶が残りやすく不安が強くなってしまうのです。
 
 
 
 

◆こだわりが強い

 
 
発達障害で自閉スペクトラム症(ASD)の子どもはこだわりが強いことがありますね。
 
 
先ほど説明したネガティブな記憶な残りやすく、不安が強い特性がこだわりを増長させています。
 
 
不安が強いからこそ、安心を強く求めます
 
 
その安心を求める気持ちがこだわりとなるのです。
 
 
娘は体温計の「36」の数字を見ると、「私はコロナじゃないんだ!よかった!と、とても安心するのでしょう。
 
 
反対に「37」という数字を見ると「私コロナだ!どうしよう…」不安が募ってしまう
 
 
だからその不安を打ち消すため、とにかく安心する「36の数字」にこだわるのでしょう。
 
 
私は娘の不安を取り除くため、丁寧な説明を繰り返していました。
 
 
しかし、発達がゆっくりな娘なので、何度伝えても理解が追い付かないところもあるようです。
 
 
ですから、説明もしながら、ちょっと見方を変えて対応を工夫してみたのです。
 
 
この方法がうまくいき、娘には検温での安心感をもってもらえる方法だったので、みなさんにご紹介しますね!
 
 
▼無料プレゼント▼子どものゲームが気になる方へ
ゲーム・携帯で発達を加速させる方法
 
 

3.検温で「37度台であっても」安心感を持てる対応とは?

 
 
それはズバリ!
 
「今日のお熱は何度でしょうかクイズ」を出すことです。
 
 
具体的にどうするかというと、娘の体温を測った後、私が体温計の温度表示を隠して問題を出します。
 
 
「さて、今日の体温は何度でしょうか!」
 
と、聞きます。
 
 
そして娘が「36.3度!」と答えたとします。
 
 
「お母さんは36.6度だと思うな~」なんて言いながら体温計をのぞいてみて、娘が安心できる36度台だったら
 
 
「正解は、36.8度でした~!」
 
 
と言って、実際に体温計に表示されている数字を見せます。
 
 
さて、ポイントは「37度台」だった時です。
 
 
例えば体温計に示された体温が「37.1度」だったとします。
 
 
こんな時は私が娘の体温の数字を確認した後、すぐに体温計の表示を消して、私が自分の体温を測り始めてしまいます
 
 
「じゃあ、お母さんも熱測ってみるね!」話を切り替え、自分の体温を測りながら、
 
「体温はOKでした♪」
 
と、楽しい雰囲気で言った後
 
さあ、お母さんの体温は何度でしょう?
 
と、お母さんの体温クイズに切り替えてしまいます。
 
 
そして、熱を測り終えたらクイズの回答とともに、お母さんの「36度台の」低い体温の表示を見せてあげます
 
 
このようにクイズにしてしまえば、体温を測った直後にさっと体温計の表示を隠しても「なんで隠すの?」なんて怪しまれることはありません。
 
 
発達障害の子どもは視覚優位という特性がある子が多いです。
 
 
目で見たものがわかりやすいし、記憶に残りやすいのです。
 
 
こうして体温計の数字を見せることで、視覚優位な子どもが「36」という数字を目で見て記憶することで、安心することにつながります。
 
 
あらかじめ先生には事情をお話しし、もし朝の体温が37.0~37.4度の通学可能とされている数値なら、体温記録表には数値ではなく「○」をつけることをお伝えしておきます
 
 
このように、万が一本人が体温表を見てしまったときにも、本人を刺激しないように工夫します。
 
 
このやり方で我が家では「37度超え」でのパニックを減らすことができました。
 
 
毎朝このクイズをしながら検温するので楽しい検温時間になりますし、子どもも安心して学校に行けます。
 
 
 
 
さて、子どもたちもコロナストレスに長期間さらされ不安を募らせているかもしれません。
 
 
しかし、お母さんがちょっとだけ対応を工夫することで、お子さんの不安を取り除けることがあるのです。
 
 
私の経験が皆さんの子育てのお役に立てればうれしいです。
 
 
AIスピーカーで家族のコミュニケーションを密にして脳の発達も促しましょう!
 
 
 
発達障害の子どもの不安解消のヒントを多数配信しています。

 
 
執筆者:山本みらい
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.