対応 小学生

発達障害のマイペースな子どもが宿題を後回ししなくなる3ステップの対応

更新日:

 

学校から帰ってきてすぐに宿題をやればいいのに、後回しにしちゃうお子さんはいませんか?発達障害の子どものマイペース過ぎる様子にお母さんはイライラしてしまいますね!宿題を後回しにしがちな娘が夜のうちに宿題ができるようになった3ステップの対応をお伝えしますね!
 

【目次】

 

1.発達障害のマイペースな子どもが宿題を後回しにして困っていませんか?

 
 
帰ったらすぐにゲームやテレビに夢中で、
ギリギリにならないと宿題を始めない。
 
 
そんなマイペースな子どもについつい口うるさく言ってしまって、親子バトルになっていませんか?
 
 
我が家には小学2年生の発達凸凹がある娘がいます。
 
 
娘は勉強が苦手なのもあり、宿題をどうしても後回しにしてしまいます。
 
 
家に帰ってまず録画していた好きな番組を見てしまい、そのまま動かなくなってしまうのです。
 
 
 
 
宿題を後回しにしているうちに夜になってしまい、そのうちまた見たいテレビを見てしまう。
 
 
「宿題は?」と声をかけると
 
 
「うるさい!わかってる!」と怒りながら言われてしまう。
 
 
そのうち眠くなり宿題どころではなくなってしまい、「だから言ったのに…」なんて私もイライラしてしまうことがよくありました。
 
 
結局、朝になってあわててやってしまうことも多く、時間に終わらず親子で焦ってしまうことも頻繁にありました。
 
 
これでは私もイライラするし、朝になって子どもも焦るので困っていました。
 
 
そこで学校から帰ったら遅くならないうちに宿題ができるように私がとった作戦をお伝えしますね!
 
 
▼新刊▼登校しぶりの対応が分かります!
iskishiburi_topnew
 
 

2.発達障害の子どもが宿題を後回しにしてしまう理由とは?

 
 
発達障害の子どもは、どうして宿題を後回しにしてしまうのでしょうか?その理由をお伝えします。
 
 

◆見通しが立ちにくい

 
 
発達障害の子どもは見通しが立ちにくいという特徴があります。
 
 
時間感覚も弱いために寝るまでに残っている時間とやるべきことにかかる時間についても予測が付きにくいのです。
 
 
そのため、何から先にやったらいいのか優先順もわからないまま長い時間がたってしまうことが多いのです。
 
 
 
 

◆やりたいことがあると気持ちを抑えられない

 
 
発達障害の子どもは脳の特性で衝動性があり、どうしても今やりたいとおもってしまうと我慢ができないときがあります。
 
 
やりたい!と思ったら、やるまでは気が済まないのです。
 
 
これはわがままという訳ではなく、脳の特性なので、本人も気持ちを抑えられないのです。
 
 
発達障害の子どもはこのように脳の特性があるので、なかなか先に宿題を済ませるということができないのです。
 
 
そこで、宿題を後回しにしてしまう子どもへの対応でうまくいった方法をお伝えします。
 
 
▼無料プレゼント▼子どものゲームが気になる方へ
ゲーム・携帯で発達を加速させる方法
 
 

3.宿題を後回しにしない対応3ステップ

 
 
宿題を後回しにしないで先にやるようになった対応とはどんな方法なのかお伝えしますね!
 
 

◆STEP1:帰宅時に笑顔で迎え話を聞く

 
 
子どもが学校から帰って一番最初にすることは笑顔で「お帰り」と迎え、お菓子でも食べながら子どもの話をゆっくり聞くことです。
 
 
まずは子どもの話をしっかり聞くことで子どもにとってはしっかりお母さんが認めてくれた気持ちになり心が満たされます
 
 
子どもの心が満たされると、お母さんの話を聞ける準備ができるのです。
 
 

◆STEP2:先に宿題ができた時のメリットを提示する

 
 
一緒にお菓子でも食べゆっくり子どもの話を聞きながら、先に宿題をしたときのご褒美を設定してあげます。
 
 
例えば、娘はある習い事に通っていますが、習い事に行く前に学校の宿題を終わらせたいときなどは
 
「4時まで学校の宿題が終わったら、まだ外が明るいから歩きじゃなく自転車で習い事にいけるよ」
 
と声かけします。
 
 
娘は自転車に乗るのが大好きなので、出かける前に宿題を終えれば自転車で習い事に行けるというのがご褒美になります。
 
 
これで早く宿題を終わらせる意識がでて、やる気を出して宿題に取り組むようになります。
 
 
終わったら
 
「さすが!先に宿題終わらせることができるなんてえらいね!夜もゆっくりできるね!」
 
と褒めます。
 
 
こんな風に子どもにこれができたらメリットがあると提示することが行動を促します。
 
 

◆STEP3:行動を選ばせる

 
 
もし、それでも宿題をはじめられないようなら
 
 
「今すぐに宿題ができたら、帰りにお買い物に行けるよ。」
 
「それとも、先に10分だけゲームをやってから宿題やる?」
 
 
このように本人に2択で行動を選ばせます
 
 
宿題は、「今やる」または「10分後にやる」のどちらかです。
 
 
このどちらかを選んでも、結局早めに宿題は終わらせられます
 
 
これはいずれを選んでも宿題を早めに終わらせることができますし、子ども自身が選んだことなのでうまく進むことが多いです。
 
 
そして、子どもが自分で選んだ行動で宿題を早めに終わらせられたら、しっかり褒めてあげましょうね!
 
 
子どもがこの成功体験を積み重ねると行動が自然に促され、段々と自分から先に宿題をやることができるようになるのです。
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
宿題を後回しにしていたのが、夜のうちに宿題ができるようになった私の経験をお話しました。
 
 
子どもへの対応はその時々で毎回はうまくいかないかもしれません。しかし、その子にあったやり方がきっとあると思います。
 
 
いろいろ試してお子さんにあった対応を見つけてみてくださいね。
 
 
私の経験が少しでも皆さんの楽しい子育ての参考になると嬉しいです。
 
 
子どもに合った褒め言葉はそれぞれです。お母さんが我が子の専門家になるのに大事なことをお伝えしています。
 
 
 
 
発達障害の不安が強い子どもが伸びるヒントを多数配信しています。

 
 
執筆者:山本みらい
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.