対応 小学生

小学校の進級時に普通学級から支援学級へ転籍する不安感を解消する方法とは?

更新日:

 

3月に入り来年度の動きが出てきました。小学校の学年の区切りで普通学級から支援学級へ転籍するお子さんを持つお母さんは漠然とした不安を感じているかもしれませんね。普通学級から支援学級へ転籍を経験した私が不安感を解消したポイントをお伝えしますね!
 

【目次】

 

1.小学校の支援学級に転籍するときの不安とは?

 
 
3月に入り来年度が気になる時期になりました。
 
・先生はだれかな?
・新しいお友達はできるかな?
 
子どもも親もそんな期待と不安が入り混じった進級です。
 
 
小学校の進級の区切りでこれまで普通学級に在籍していて支援学級へ転籍されるお子さんもいるかもしれません。
 
 
お母さんは支援学級に在籍したの経験がないと、転籍への不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
私の娘は1年生の2学期に発達検査を受けて、軽度知的障害域のIQであることがわかりました。
 
 
普通学級がいいか?支援学級がいいか?迷っていましたが、娘へ個別の対応をしていただける支援学級へ行かせることを決断しました。
 
 
その経緯についてはこちらの記事をご覧ください。
 
 
 
この記事では、支援学級への転籍を決断したものの、進級前に不安を感じた私がどのようにして不安解消できたか私の経験をお話します。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.なぜ支援学級への転籍に不安が募るのか

 
 
ベストの選択だと思って支援学級に転籍することを決断したものの、進級前にはやはり不安な気持ちは出てくるもの。
 
 
私はなぜ普通学級から支援学級へ移ることが不安になったのか、自分自身を振り返ってみました。
 
 

◆支援学級についてのイメージがない

 
 
支援学級についての予備知識が少なく自分自身がイメージを持てなかったのです。
 
 
私自身、支援学級が身近にある環境にいたことがありませんでした。
 
 
現在中学生の息子もいますが、娘が転籍するときに小学校に支援学級が新設されたので、学区内の私の知り合いのママ友には支援学級に通わせた経験がある人はいませんでした。
 
 
これまで小学校に上がるときは、先輩ママなどに聞いて不安を解消していました。
 
 
しかし、周囲に支援学級に行かせたことがある知り合いがいなかったので話を聞けなかったのです。
 
 
また、新設の支援学級でしたので子どもが学んでいる様子を見学に行くことができませんでした。
 
 
そのこともあり、自分の中で娘が支援学級に通うイメージが持ちにくく漠然とした不安があったのです。
 
 
 
 

◆環境が大きく変わることへの不安

 
 
娘は長年大規模な保育園に通い、1年生の時は私もフルタイムの会社員でしたので学童に通っていました。
 
 
娘は幼いころから、お友達がたくさんいる環境にいました。
 
 
娘は音に敏感なところがあるので、少人数で落ち着いた環境がいいとは思いましたが、元気で友達も好きな子なのです。
 
 
新設の支援学級なので人数も少なくスタートがたった3人だと聞いて、娘が寂しがったり嫌がったりしないか、そちらも心配でした。
 
 
娘の支援学級への転籍を検討する際に、教育委員会に学区外の小学校の支援学級の見学を申し込み、近隣の3校の小学校を見学に行きました。
 
 
その時はまだ現在通っている小学校に支援学級が新設されるとは決まっていませんでした。
 
 
ですから、近隣の小学校の支援学級へ転校するつもりでいました。
 
 
小学校によりクラス編成、授業のやり方、人数、やり方が様々だということを知ったので、娘が通う支援学級はどんな学級運営になるかみえずさらに不安になっていたのです。
 
 
次項では私が支援学級転籍への不安を解消したポイントをお伝えしますね。
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

3.支援学級転籍への漠然とした不安を解消するポイントとは

 
 
不安を解消し安心を得るためのポイントは「行動」です。
 
 
まずは、近くの人に不安な気持ちを吐き出してもいいでしょう。聞いてもらってスッキリしたら、ちょっと勇気がでます。
 
 
その後学校の先生へ相談することでもいいと思います。
 
 
一人で抱え込まず知識のある方へアクションを起こすことです。
 
 
安心が得られるまで行動を続けることをおすすめします。
 
 
私は自分の不安な気持ちを担任の先生に面談で話して相談に乗っていただきました
 
 
そこで、学校全体で私たちをサポートしてくださっている、私たち親子は先生や周囲の方に支えられていると感じ安心感を得ることができました。
 
 
以前他校の支援学級を見学した時に学校を案内してくださった先生から、放課後等デイサービス(放デイ)の情報を聞いていました。
 
 
見学した小学校の支援級の子どもたちの多くは、送迎付きの放デイに通っているとのことです。
 
 
それまで放デイの存在すら知りませんでしたが、これまで通っていた学童のようにお友達と遊ぶ機会は放デイで作れるとわかりました。
 
 
自治体のHPや放デイの事業所を調べて、問い合わせをしたり見学への行動をしました。
 
 
何か所か見学した放デイの事業所にいらっしゃるのは発達障害の子どもを普段から見ている専門家です。
 
 
見学の時に自分が疑問に思っていたことを聞いてみたり、放デイで過ごしているお子さんの様子を見たりすることで、徐々にイメージが湧いて不安が解消されていったのです。
 
 
 
 
これまで「発達障害」は私の知らない世界でした。
 
 
知識がある方にとっては当たり前の情報も全くない無知の状態でした。
 
 
自分が無知であることを知り、情報を知っている人に接する機会を得るために自分から問い合わせしたり見学や体験に参加したり、動いてみることが大事だとわかりました。
 
 
発達障害の子どもに関わる仕事をする人と接点ができると、そこから子育てや支援に関する情報が得られて子どもの先の見通しを持つことができ、不安が解消されていきました。
 
 
支援学級への転籍の不安とは、自分の経験が普通学級しかなく、発達障害の子育ての知識も経験もない状態からくるものでした。
 
 
とにかく待っていても情報は得られないし、不安も解消されません。
 
 
不安解消には必要な情報を自分で取りに行くことだと感じています。
 
 
また、発達科学コミュニケーションで学んでいるお母さんたちは支援学級を経験された方もたくさんいらっしゃいます。
 
 
スタディコンサルという学びの場で相談することもできます。
 
 
近所のママ友に支援学級を経験された方がいなくても、こういった発達障害の子どもを持つ親のコミュニティに参加して実際のママの声を聞いてみることもおすすめです。
 
 
ここまで私の経験をお伝えしてきました。
 
 
お母さんの気持ちは子どもに伝わるものです。
 
 
お母さんの不安を解消して、親子で安心した気持ちで進級を迎えられるといいですね!
 
 
私の経験が皆さんの子育ての参考になればうれしいです。
 
 
支援学級へ転籍する時の子どもの説明はどうしようと悩んでいませんか。こちらの記事を参考になさってくださいね。
 
 
 
 
発達障害の子どもの新入学・進級の不安を解消する記事を多数配信しています。

 
 
執筆者:山本みらい
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.