対応 幼児

発達障害グレーゾーンの子どもがコミュニケーション力を伸ばして説明上手になるための対応

更新日:

発達障害グレーゾーンの子どもの中には、スムーズにコミュニケーションが取れず自己表現することが難しい子もいますよね。他人と関わることが楽しいと感じて、説明上手になるためにお母さんができる対応策をお伝えします。
 

【目次】

 

1.説明するのが苦手で自分の気持ちを上手く伝えられなかった我が子

 
 
我が家には現在5歳、年中の一人息子がいます。
 
 
1歳台の頃は、さほど言葉やコミュニケーションに遅れを感じることはなく育てていました。
 
 
しかし、2歳を過ぎた頃からです。
 
 
周りのお友達は、2語文・3語文とどんどんおしゃべりが上手になっていき、 ママともコミュニケーションがとれている。
 
 
息子は単語は沢山言えるけど、私が伝えていることが分かっていないような時が多いと感じたんです。
 
 
何かを伝えよう!コミュニケーションをとりたい!という気持ちが少ないのかな、と気になりはじめました。
 
 
思い返してみると、私は息子が生まれてから言葉の遅れが気になり始めた2歳頃まで、喋りかける量が少なかったように思います。
 
 
そして今更ですが、この時期にももっと喋りかけてあげればよかったと後悔をしています。
 
 
「説明がきちんとできない」
「気持ちをうまく伝えられない」
 
 
4歳頃までは何か質問をしても「うん」「違う」「やだ」などと一言で返されることが多く、理由や自分の気持ちを分かりやすく伝えることが苦手でした。
 
 
伝わらないのでイライラすることも多かったですし、ぐずりも日々の日課になっていたのです。
 
 
 
 
「ママもっと分かってよ!」
 
 
と訴えていたんですよね。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害グレーゾーンは関係なし!子どものコミュニケーションの最初の発達段階とは

 
 
何をするにもどこにいても「コミュニケーション能力」って大切ですよね。
 
 
子どものコミュニケーション力をもっと伸ばしてあげたい!というママたちは、本当に多いはずです。
 
 
私と同じ失敗はして欲しくない!
あの時もっとこうしていたら… 
 
 
勉強と同じですが、まずは基礎を知らないとその先に進むのは難しいのではないでしょうか。
 
 
ということで、今日は子どものコミュニケーションの最初の発達段階について理解してみませんか?
 
 
生まれてすぐからおおよそ10ヶ月ぐらいまでの期間は、聞き手効果段階といってママ達がたくさんお喋りをしてあげることで言語の発達が伸びると言われています。
 
 

 
 
目の前の子どもが今どんなことを思っているんだろう、何が言いたいんだろうと想像してたっぷり話しかけてあげること。
 
 
周りには自分の気持ちを分かってくれる人がいることを、子どもたちが実感できることで、言語やコミュニケーション能力が伸びるのです。
 
 
そうは言っても、もうすでにうちは幼稚園児・小学生と言うお母さん!
 
 
大丈夫です!遅いことはありません!
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

3.「伝わる!」の成功体験を積ませてあげるための対応策

 
 
お伝えした通り、言葉には発達段階がありますが、時期を逃したからといってどうか諦めないでください!
 
 
私が証明します!
 
 
我が家は、この1年間程たっぷりと「伝わる!」の成功体験を積ませてあげたことで、息子の言葉がぐんと伸びました。
 
 
「成功体験」がどれだけ大事なのかを心から実感しています。
 
 
ではどうやってその「成功体験」を積ませてあげたのか?
 
 
我が家が実践したことをお伝えしますね。
 
 

◆とにかく褒める

 
 
「その言い方とっても上手!」
「そんな言い方できるようになったんだ!」
「すごいじゃん!」
 
 
例え言い方が間違っていても、指摘はNGです。さらっとい言い直してあげるなどして、褒めを伝えることに集中です!
 
 

◆興味や関心を表す

 
 
「何して遊んでいるの?」
「ママにも教えて〜」
「ママ知らなかった!すごいね、よく知ってるね!」
 
 
子どもが好きなことにママも乗ってあげるイメージです。
 
 
子どもにとって、自分が好きなことに大好きなママも興味を示してくれるなんて嬉しくてたまりませんよね。
 
 

◆同意する

 
 
「その気持ち、よく分かるよ」
「そうだね、そうだよね」
「ママもそう思う!」
 
 
ママの同意を得られたら、自分は正しかったんだ!これでいいんだ!と自信にも繋がります。気持ちも安心しますよね。
 
 
どうでしょうか?
「私でもできそう!」と思いませんか?
 
 
お母さんが変われば、子ども達が変わります。
 
 
お母さんの少しの変化が子どもたちを大きく変化させます。
 
 
 
 
「伝わる!」成功体験をどんどん積ませてあげてください。そうすることで言葉への興味が広がります。
 
 
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
「コミュニケーション能力を伸ばす」対応策をお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:渡辺咲
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-対応, 幼児
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.