グレーゾーン コミュニケーション

発達障害グレーゾーンの子どもとうまくコミュニケーションがとれない!説明が苦手な子が自ら喋り出す秘訣

更新日:

発達障害グレーゾーンの子とうまくコミュニケーションがとれないということはありませんか?小学校高学年になっても、学校での様子など、聞いたことに答えてくれなかった娘が、上手に説明できるようになった秘訣をご紹介します。
 

【目次】

 

1.発達障害グレーゾーンで説明が苦手な子には理由がある

 
 
発達障害グレーゾーンの子どもには、説明が苦手な子がいますよね。では、なぜ説明が苦手なのでしょうか?
 
 
それは、脳の発達がゆっくりだからです。説明が苦手な子は、脳の伝えるところの発達がゆっくりなのです。
 
 
伝えるところの発達がゆっくりだと、脳の中にイメージが浮かびにくかったり、イメージが浮かんでもそれを言葉にできなかったりするのです。
 
 
また、その場の状況をくみ取ったり把握することが苦手な子もいます。
 
 
登場人物が多かったり内容が複雑だったりすると、「だれがだれに何をどうしたのか」を整理できずに混乱してしまうことがあります。
 
 
 
 
それを説明しようとすると、さらに混乱してしまって言葉にならなくなってしまうのです。
 
 
その上、うまく説明できなかったり伝えられなかったりすることで、自信をなくしてしまっている可能性もあります。自信をなくしてしまうと、余計に言葉が出てこなくなってしまいます。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.娘の「教えない」やジェスチャーにイライラしていた私

 
 
わが家の娘は、幼児期に発達の遅れを指摘されて療育にも通いましたが、発達検査をしても「様子を見ましょう」と言われた、いわゆる「グレーゾーン」といわれる子です。
 
 
小さいころから言葉が遅く、自分の言いたいことが伝えられずに、よく癇癪を起していました
 
 
私は、娘が小学生になれば、上手にコミュニケーションがとれるようになると期待していました。
 
 
ところが、娘は小学4年生になっても、「今日、学校で何をしたの?」という私の質問に、「教えない」という答えがほとんどでした。
 
 
私は、「どうして教えてくれないの?」「教えてくれたっていいじゃない」と説明が苦手な娘に、責めるような口調で対応してしまっていました。
 
 
 
 
また、娘は言葉ではなくジェスチャーを使うことも多かったのです。
 
 
たとえば、「お茶が飲みたい」という時に、コップで飲むマネをしたり、「ティッシュを取って」という時に、ティッシュを取るマネをしたりしていました。
 
 
そんな娘に対し、私はイライラして、「ちゃんと口で言いなさい!」と言ってしまっていました。
 
 
発達科学コミュニケーションを学んだ今では、当時の私の対応は間違っていたことが分かります。
 
 
私は、娘が説明が苦手なのは、脳の発達がゆっくりなためだとは思わず、さらに自信をなくしてしまうような対応をしていたのです。
 
 
▼わが子の発達支援の専門家になりたいママはこちら!
 
 

3.子どものコミュニケーション能力を伸ばすための秘訣とは?

 
 
では、説明が苦手な子が上手にコミュニケーションをとれるようにするには、どうすればいいのでしょうか?
 
 
それは、子どもがお母さんとのコミュニケーションを楽しいと感じるようにすることなんです!
 
 
具体的に、どんな対応をすれば子どもは「お母さんと話すのって楽しい!」と思ってくれるでしょうか?
 
 
私が実践した2つの対応をご紹介します!
 
 

◆肯定すること

 
 
今までは、娘のできていないことばかりが目につき、私は、毎日のように、「早くしなさい!」「宿題はやったの?」「歯みがきはした?」とイライラしながら言っていました。
 
 
でも、これでは、子どもはお母さんと楽しく話そうとは思いませんよね?
 
 
そこで、私は当たり前だと思うことでも、娘ができていることに目を向けるようにしました。
 
 
朝起きてきたら、「自分で起きられたね」
 
宿題をやり始めたら、「もう宿題はじめたの?」
 
漢字の書き取りノートを見て、「きれいに書けてるね」
 
 
しだいに、娘は自分から進んでできることが多くなり、学校で楽しかったことや授業でやったことなどを教えてくれるようになりました。
 
 
 
 

◆表情と声に気をつけること

 
 
みなさんも真顔の人を見ると、こわく感じることはありませんか?
 
 
自分の顔を鏡で見てみてください。真顔だと怒っていなくても怒っているように見えることがあります。
 
 
そこで、子どもに話しかける時は、できるだけ笑顔で話しかけるようにしました。また、私はもともと声が低いため、普通に話していても、「お母さん、怒ってる?」と言われることがありました。
 
 
そこで、声も少し高めを意識しました。子どもにお母さんとのコミュニケーションが楽しいと思ってもらうには、楽しい雰囲気が大事です。
 
 
すると、子どもも私に笑顔を向けてくれたり、目が合うと、ピースサインを出してくれるようになりました。
 
 

4.自信をつけた娘の変化

 
 
私が対応を変え、私とのコミュニケーションが楽しくなった娘は、自分から学校でやったことを話すようになりました
 
 
「明日は体操服がいるから用意して」
 
「お茶を入れておいて」
 
「明日は5時半に起こしてね」
 
 
と、自分のしてほしいことも言葉で伝えられるようになりました
 
 
 
 
さらに驚いたのは、毎週末に出る日記の宿題を、癇癪を起こさずに一人でできるようになったことです。
 
 
脳の伝えるところが伸びると、言葉で伝えることだけでなく、作文などを書いて伝えることも上手になってくるのです。
 
 
皆さんも、説明が苦手なお子さんに困っていたら、肯定すること、表情と声に気をつけることを意識して、お子さんがお母さんとのコミュニケーションが楽しい!と感じられるような会話をしてみてくださいね。
 
 
 
 
コミュニケーションが苦手なパステルキッズへの対応のヒントがたくさんあります!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
 
 
執筆者:佐藤とも子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-グレーゾーン, コミュニケーション
-, , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.