グレーゾーン 対応

発達障害・グレーゾーンの子どもの発達を冷静に見立てるためにできること

更新日:

 

発達障害やグレーゾーンの子どもの発達について、正確に把握しているつもりでも、実は時に冷静に見られていない可能性があります。本当に発達の遅れなの?子どもの状態を客観的に把握するための方法をお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害やグレーゾーンの子どもについて、きちんと把握できていますか?

 
 
お子さんに発達の凸凹があってもなくても、親は子どものことを一番よく分かっているものですよね。
 
 
発達の凸凹があれば、どのような凸凹があるのか、その程度などを一番よく理解しているのも親です。
 
 
それを前提としたうえで、今日は私自身が感じた、親側の事情で子どもの見方が時に歪んでしまう可能性があるということについて、考えてみたいと思います。
 
 
私は以前、幼児のわが子が苦手なことを何でも発達の遅れではないかと疑ったり、気になったりしたことがありました。
 
 
子どもの年齢的にまだできなくても問題がないことでも、必要以上に発達の遅れのように考えてしまったり、個性の範囲としての得意不得意を、発達凸凹による苦手さととらえたりするような感じです。
 
 
その時のことを考えてみると、自分自身の体調が悪く、育児も含めていろいろなことに自信を無くしていた時期でした。
 
 
今、子どもに苦手なことがあっても、それを何でも発達の遅れととらえるような見方はしません。これは過去、私自身の体調という事情が、私の見方に影響していたということです。
 
 
 
 
このようなことは、親が体調不良だったり、心が不安定だったりするときに特に起こりやすいのではないかと思います。必要以上に子どものネガティブなところに目がいってしまいやすいということです。
 
 
でも、私は後ほどお伝えする方法をとることで、このような問題を避けることができたと感じています。
 
 
▼新刊▼無料プレゼント!担任の先生を味方につけちゃおう!
 
 

2.親も人間!親側の事情で、きちんと把握できないことも。

 
 
親が子どものネガティブなところに目がいきやすいと、叱る頻度が増えたり過度に心配し過保護になったりする、というようなことが起こりえます。
 
 
そうすると、子どもは親から常にネガティブな反応をうけとることになります。そして、苦手なことをさらに苦手と感じやすくなって自信をなくしたり、不安感が強くなってしまったりする可能性があります。
 
 
もともと発達凸凹があっても、それほど気になる程度ではなかったり、年齢とともに気にならなくなったりするようなケースでも、親によるネガティブな対応が、かえって苦手さや不得意さを助長してしまったらもったいないですよね。
 
 
 
 
このような対応は、パステル総研がお伝えしている子どもの発達を促進させる発達科学コミュニケーション(発コミュ)と、真逆の対応を無意識にしてしまっている状態です。
 
 
発コミュは、親が常にポジティブに接しながら、子どもができることに着目して肯定することで、子どもの発達を促すコミュニケーションだからです。
 
 
親が常にポジティブに子どもと接すれば、得意な部分に注目し自然と褒めて育てることになりますので、発コミュを実践することになり、お子さんの発達凸凹が問題になりにくい方向に対応できます。
 
 
ただ、いつもはポジティブな親であっても、子どもに発達凸凹による様々な問題が出てくれば誰でも悩みますし、体調が悪い時もありますよね。
 
 
ではどのような工夫ができるでしょうか。
 
 
▼無料プレゼント▼子どものゲームが気になる方へ
ゲーム・携帯で発達を加速させる方法
 
 

3. 親側の事情が影響しない効果的な方法とは!

 
 
子どもの見方に親側の事情が影響してしまうリスクついては、どのように対応したらよいでしょうか。
 
 
体調不良や悩みの状況をすぐに改善できればよいのですが、そうはいかないときもありますよね。
 
 
そこでできる方法として、ここでは発達科学コミュニケーションを徹底し、親子のコミュニケーションを改善していくことと、自分以外の客観的な人の目を大事にすること、をご紹介したいと思います。
 
 

◆発達科学コミュニケーションを徹底し、親子のコミュニケーションを改善

 
 
まずは、既にお伝えした通り、発達科学コミュニケーションを徹底的に行い、お子さんとのコミュニケーションを改善するのが第一です。
 
 
発コミュはやり方が決まっていますので、それを実践していけば、親の事情に関係なく、親子のコミュニケーションが自然と改善していきます
 
 
コミュニケーションが改善していくことで、自然と子どもの行動に素直さが出たり、問題行動が減ったりしていきますので、親側に余裕ができ、親側の事情の影響を避けることができます。
 
 
 
 

◆客観的な目で子どもを見てくれる環境を大事にする

 
 
お子さんのことについて、普段どのくらい相談をしていますか?
 
 
発達凸凹の問題について、家族だけで抱え込むことは一番避けたいことです。
 
 
同年代の子のなかにいる子どもをみることができるような環境をもつようにしたり、集団生活の場における振る舞いを、先生と常に共有したりすることが大事です。
 
 
また、療育などの場で、専門的な知識を持った方に子どもの様子について見立てをしてもらう機会を持つのもよいですね。
 
 
親が直接子どもを見られない場所で、親以外の第三者が子どもをどう見ているのか、という視点は、とてもありがたいものだと感じます。客観的に多面的にみてもらえるからです。
 
 
私自身も、自分で抱え込むことなく、市の相談機関や園の先生などを頼って相談する中で、たくさんの発見がありました。
 
 
子どものことをよく知ってくれる人たちと良い関係を気づき、子どもの状況を正確に把握しておくことで、何か困ったときでも適切に対応できると思います。
 
 
周りも頼ってお子さんを正確に把握し、ポジティブなコミュニケーションでお子さんの発達をどんどん促していきましょう!!
 
 
 
 
【発達障害を大人に持ち越さない!5年にわたる悩みを5分で解決するパステル総研の無料メール講座!】
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:三島希実
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.