コミュニケーション 小学生

自信がない発達障害の子どもが自分から頑張れる子に変身する簡単な方法

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子の中には苦手なこと、うまくいかないことが多く自信を持てない子がたくさんいます。もっとできることはあるのに、チャレンジしてもいいのに…と思うお母さんへ、今回は子どもの自信を育てるためにできる簡単な方法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.自信がない子どもの様子に心配になってしまいませんか?

 
 
発達障害、特に自閉症スペクトラム(ASD)タイプの子どもに対して、なんでそんなに自分に自信がないの?と感じることはありませんか?
 
 
やったらできるようなことも、「でも…」「だって…」と何かと理由をつけてやりたがらない。
 
 
みんなが頑張っている姿を横目で見ながら、挑戦しない。
 
 
学校でも、促されないとなかなか自分から発言・行動しない。
 
 
こんな様子があると、大丈夫かな?もっと頑張ったらいいのに…とママは思ってしまいますよね?
 
 
 
 
自信のない子は不安が先にたってしまいがち。
 
 
きっとやってもダメなんじゃないかな…といった不安や心配から、行動しないということが起きてしまいます。
 
 
また、自分に自信が持てないことから自己肯定感も下がりやすくなってしまいます。
 
 
これからいろいろな経験を積んでもらいたい!と子どもに期待するママとしては、本当にもどかしい気持ちになりますよね。  
 
 
▼新刊▼登校しぶりの対応が分かります!
iskishiburi_topnew
 
 

2.苦手がさらに子どものやる気をうばってしまいます

 
 
発達障害の子は脳の特性から他の子と比べて苦手に感じるものがあります。
 
 
特に、小学生のネックとなるのが学校での毎日の学習です。
 
 
集中を保つこと、読むこと、書くこと、覚えることのどれか1つでも苦手がある場合には、勉強すること自体に影響しておっくうになったり、やる気を失ってしまいがちです。
 
 
教えてもらったはずなのにうまくできない、どうだったか忘れてしまった、となると先生や周りから指摘されることも増えてくるでしょう。
 
 
すると、メタ認知といって、小学生くらいになると子ども自身が周りの子と見比べて自分を客観的に見て評価するようになります。
 
 
そして、苦手を持っている自分に引け目を感じて、自分はできないダメなんだと認識してしまいます。
 
 
 
 
苦手がある、うまくいかない、指摘されることばかりが続く…そうなると子どもの気持ちも負のループにはまってしまい、自分からやる気を起こすなんてなかなかできませんよね。
 
 
ただ、子どもが自信を持てないということは、本当はいろんな能力があっても力が十分に発揮できないだけのこととも言えます。
 
 
だからこそ、しっかりとおうちで自信を取り戻すことが大切になってくるのです。  
 
 
▼新刊▼登校しぶりの対応が分かります!
iskishiburi_topnew
 
 

3.効果抜群!発達障害の子が自分から頑張れる子になる簡単な方法

 
 
子どものやる気取り戻す時に、絶対に必要なものが自己肯定感です。
 
 
私はわたしのままで大丈夫という気持ち。
 
 
自己肯定感をあげるためには周りからの愛情、認められていることを子どもが感じることが大切になってきます。
 
 
ここで、私のおすすめする子どもへの愛情表現の仕方をお伝えしますね。
 
 

◆言葉に出して愛情を表現する

 
 
ズバリ、毎日子どもに大好きと言うこと!
 
 
日本人は日ごろから好き、愛してるという言葉を言い慣れていない人が多く抵抗があるかもしれません。
 
 
ですが、気持ちは言葉に表さないと伝わらないのです。
 
 
特に発達障害の子は、言葉や行動の裏にある気持ちを推察することが苦手な傾向があるため、率直なまっすぐな言葉でないと伝わらないことがあります。
 
 
最初は抵抗があるかもしれませんが、ぜひ言葉にして伝えて欲しいと思います。
 
 
もしも、子どもが照れて嫌がったとしても心の底では好きと言われて嫌な気がする人はいないはずです。
 
 
「仕方がないじゃない、ママの宝物なんだから」と開き直って、独り言のようにでも「可愛くて仕方ないの。大好きだわ~」なんて言ってみてくださいね。
 
 
 
 

◆子どもの写真や作品を家中に飾る

 
 
家の中のあちらこちらに子どもの小さい頃から最近のものまで、笑顔の写真、頑張っている写真など素敵なものを飾ってみましょう。
 
 
また、子どもがもらった賞状や、学校で作った自慢の作品なども飾るのもいいですね。
 
 
これは言葉だけではなく、ママが大切に思っている子どもの写真や作品があちこちにあるという環境をつくることで、目で見て分かる愛情表現をすることになります。
 
 
また、家族にとっても幸せな空間になりますよ。
 
 
子どもは学校で苦手に向き合い、毎日戦っています。
 
 
時には疲れて、投げ出したくなったり、落ち込んでしまうこともあるでしょう。
 
 
それでも家に帰ってくれば、自分のことを大好きと言ってくれるママや家族がいることで、子どもも自分で自分のことを好きでいられると思うのです。
 
 
子どもの能力を最大限に引き出し、成長していくためには、自己肯定感はとても大切です。
 
 
その自己肯定感を育むためにも、家族で愛情をたくさん表現しあってくださいね。  
 
 
 
 
 
 
子どもの自信を育てるヒント、毎日お届けしています。 
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:井上喜美子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

 

-コミュニケーション, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.