対応 発達障害

動画大好きな発達障害ADHDタイプが前のめり!好きを味方に苦手にも取り組める秘策とは?

更新日:

 

春休みに入りましたね!発達障害の子どもはテレビやYouTube動画ばかりみて、もっと他のこともしてほしいなんてイライラしちゃうことあるんじゃないでしょうか?ADHDタイプの子どもが前のめりで他の苦手な活動にも取り組める秘策を教えちゃいます!
 

【目次】

 

1.春休みにお子さんがテレビや動画に釘付けになっていませんか?

 
 
春休みに入りましたね!
 
 
春休み中のお子さんたちはどんな様子でしょうか?
 
 
YouTube動画やテレビにばかり夢中になって、お母さんが他の活動に誘ってもなかなか乗ってこないお子さんはいませんか?
 
 
 
 
実はうちの娘もそうなんです。
 
 
テレビやYouTube動画を見るのが大好きで、放っておけば何時間でも見てしまいます。
 
 
長時間ただテレビやYouTube動画を見るんじゃなくて、もっと他の活動に時間を使ってほしいなと思っていました。
 
 
テレビやYouTube動画をみていると夢中になってしまって
 
「お手伝いしてくれない?」とか、
 
「お母さんと他の遊びをしようか?」
 
と声をかけても全然動いてくれない。
 
 
いったいどうしたものかと思っていたある時、動画を見ている娘を見て、いいアイデアがひらめいたのです。
 
 
早速そのアイデアを試したところ娘にははまってうまくいったので、みなさんにご紹介しますね!
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害の子どもがテレビや動画に夢中なってしまうのはなぜ?

 
 
発達障害の子どもがテレビや動画に夢中になってしまうのはなぜなんでしょうか?
 
 
理由をお伝えしますね。
 
 

◆テレビやYouTube動画が好きな理由

 
 
発達障害の子どもはテレビや動画が大好きな子も多いですよね。
 
 
目から入ってくる情報を取り入れやすい特性があるので動画テレビなどのメディアに夢中になりやすいのです。
 
 
自閉症スペクトラム(ASD)傾向がある子は、同じことを繰り返すことが好きな場合がありますね。
 
 
同じ動画や録画した番組を何度も繰り返し見ることなんことも。
 
 
自分の中にルールがあり、ルーティンを好みます。
 
 
こだわりが強いといわれるのは、自分の中で予測できてわかっているものを見るのが安心感があるからなのです。
 
 
 
 

◆なかなか他の活動に移れない理由

 
 
発達障害の子どもは脳の発達に凸凹があります。
 
 
脳の中に得意なところと苦手なところがあるのです。
 
 
他の活動に誘っても、もしその活動が脳の苦手なところを使う必要があるとどうでしょう。
 
 
自分の苦手なことはやり始めるまでとてもハードルが高くなってしまいます
 
 
大人の私たちも苦手なことがあると思いますが、苦手なことをするのはとてもエネルギーがいることですよね。
 
 
大人でも苦手に取り組むのが大変なんですから、脳の発達が未熟な子どもならなおさら。
 
 
そのうえ発達障害ならばその苦手に取り組むエネルギーは相当なものです。
 
 

3.テレビやYouTube動画が大好きな娘の話

 
 
我が家の娘の話をさせてください。
 
 
娘は小学二年生で発達障害自閉スペクトラム症(ASD)注意欠如多動症(ADHD)の特性を併せ持つ子どもです。
 
 
家の中の活動では、テレビや動画を見るのが一番好きなようです。
 
 
ですから、外に出られない日などは長時間テレビを見ていたり、動画を見たいとせがまれたりします。
 
 
私としては子どもに他の活動もしてほしいと考えていますが、なかなかうまくいかないことがあります。
 
 
娘は音読が苦手で宿題がでてもなかなか音読に取り組むことができません
 
 
また、手先の不器用さがあり、折り紙や工作も苦手です。
 
 
手先の不器用さは体を使った活動で改善されるものですから、私としては手先や体を使った活動に楽しく取り組んでほしいと思っています。
 
 
休日など時間がある時には、一緒に工作しようと誘ってみます。
 
 
しかし、彼女にとって苦手な手先を使った活動より、いつも見ている動画やテレビの方が大好きなのです。
 
 
特に YouTube動画が大好きで、キッズチャンネルをよく見ています。
 
 
こんな様子をみて私はある作戦をひらめきました。
 
 
その作戦を実行すると思いのほかうまくいって、テレビや動画以外の活動にも楽しく取り組むことができたのです!
 
 
 
 
次項では私がとったある作戦を教えちゃいますね!
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

4.発達障害ADHDの子どものクリエイティブ魂をくすぐる秘策とは?

 
 
私の作戦はズバリ!
 
「活動の様子の動画を撮影すること」です。
 
 
娘を音読の宿題に誘う前に
 
「教科書を音読している動画を撮るよ~!後で一緒にみよう!」
 
と誘ってみました。
 
 
「え!動画?やるやる!」と、二つ返事で乗ってきました
 
 
その後、私がスマホのカメラを構えて
 
 
「用意…アクション!」と声をかけて撮影を始めます。
 
 
そして、教科書を音読してもらいます。
 
 
1ページなどの区切りまで読んだらストップして、一緒に動画を見ます
 
 
「ここの読み方上手だね!」
 
 
と、動画を見ながらいいところを褒めてあげます
 
 
すると驚くことに自分から「もう一回やる!」といって、何度も何度も音読しては撮影することを繰り返していました。
 
 
普段あんなに取り掛かれない教科書の音読なのに!
 
 
撮影してその後見ることを繰り返すことは、耳から教科書の内容が頭に入る回数が多くなるわけですから、理解を促すのにも効果がありますよね!
 
 
撮りながら自分で読み方を工夫したりして、そのうち読むのも上手になってきます。
 
 
なにより自分から何度も楽しく苦手な音読をやっているのは、私にとっても驚きでした。
 
 
また、ある時は、「イッツミラクル!の動画撮ろう!」と、くずかごに遠くからボールを投げて入れる遊びに誘いました。
 
 
YouTubeなどで、「決定的瞬間」を撮影している動画がアップされていますよね。
 
 
これも普通の遊びであれば、数回やってできなければ飽きて辞めてしまうことがあります。
 
 
しかし、動画撮影してうまくいったら「イッツミラクル!」と言ってポーズを決める、というモチベーションがあるため、ボールがくずかごに入るまで何度もチャレンジしていました。
 
 
こんな風に動画撮影を絡ませるとやる気と集中力を持続させる効果があることがわかりました。
 
 
できなかった動画を見ながら「惜しかったね!もう一回」といいながら、何度も繰り返してついにミラクルな動画が撮れました
 
 
動画撮影した後に楽しく振り返ったり、その場にいなかったお父さんに後で見せて褒めてもらうこともできます。
 
 
YouTube風の紹介を別に撮影して、トコトン楽しむのもいいですよ。
 
 
ADHDの子どもたちはクリエイティブなセンスがある子も多いですね。
 
 
これをきっかけに動画で自分で何か作りたいと思うかもしれません。
 
 
好きなものから、これまでやったことがないことに興味を広げるきっかけになるといいですよね!
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
 
テレビや動画が好きな子に苦手なことへの取り掛かりに動画撮影で誘う方法をお伝えしました。
 
 
子どもが好きな動画をきっかけにして、楽しく取り組め、また集中力の持続や繰り返しやりたい気持ちが出ることがあります。
 
 
ゲームやYouTube動画で脳の発達が促された経験をご紹介しています!
 
 
 
 
発達障害の子どもが楽しく行動して脳を伸ばす方法があるんです!ヒント公開中です♪

 
 
執筆者:山本みらい
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.