対応 発達障害

一石二鳥!「自己肯定感」を高めながら、子どもの脳も発達させよう!

更新日:

今や「時代の変化」は想像以上のスピードで進んでいます。そんな中で自分らしい人生を歩むために「自己肯定感」は重要ですが、発達凸凹のある子どもたちは自己肯定感が低くなりがち…でも大丈夫!「褒めポイント」を増やせば自信をつけることができます!
 

【目次】

 

 

1.最近よく耳にする「自己肯定感」って何?

 
 
最近「自己肯定感」という言葉をよく耳にすると思います。
 
 
自己肯定感とは、「自分は生きる価値がある、誰かに必要とされている」と、自分の価値や存在意義を肯定できる感情で、自分の悪いところも含めて自分のすべてを肯定できる、前向きな感情とも言えます。
 
 
自己肯定感の高い子どもは自分に自信があり、何事にも挑戦していける「折れない心」を持っています。
 
 
スピードを増していく時代の変化の中でも、自己肯定感があれば自分に自信を持って頑張ることができます。
 
 
ところが、内閣府の公表している「子ども・若者白書」によると、日本の若者の「自己肯定感」は諸外国の若者に比べて低い傾向にあります。
 
 
同時に実施した欧米など6か国との比較ではもっとも低いという結果になっているのです。(出典:「令和元年版 子供・若者白書(全体版)」)
 
 
そこで、「自己肯定感の高い子」に育てるために、親ができる接し方のポイントをお伝えします!
 
 
 
 
 

2.大人の「当たり前」は、子どもには通じない 

 
 
発達障害やグレーゾーンの子どもたちは脳の発達にかたよりがあるため、お母さんとしては色々と心配なことが多いですよね。
 
 
そして、そんなわが子のことを思うからこそ、宿題も、家の手伝いも、身の回りの片付けも、習い事も…お母さんが望むレベルでやってほしいと思い、ついガミガミ言ってしまいがち。
 
 
でも、実はお母さんたちが「肯定すること」で子どもの発達を加速させることができるのをご存知ですか?
 
 
とは言っても「肯定」が苦手と感じている方や、わが子には肯定できるポイントが見つからないと感じるお母さんもいらっしゃるかもしれません。
 
 
そんなお母さんたちには、ぜひ「目標設定」の考え方を少し変えていただきたいと思います!
 
 
大人にとっては簡単にできることでも、子どもにとっては大変なことがたくさんあります。例えば、
 
 
・お箸や鉛筆を持つこと
・ぬり絵をすること
・じっと座っていること
 
 
どれも大人にとってはできて当たり前ですが、子どもにはまだ大変かもしれません。
 
 
大人にとっては当たり前のことにも気付いて褒めてあげることで、子どもにとっては立派な成功体験になります。そして、小さな達成感が自信になり、その積み重ねが自己肯定感につながります。
 
 
発達支援の目標設定を考えるときは、「子どもがちょっと頑張ればできそうなこと」を目標にするのが大切です。
 
 
お母さんが「当たり前!」と思っていることでもお子さんにとってはハードルが高すぎることって結構多いのです。
 
 
 
 
 

3.子ども目線の「目標設定」~宿題で褒めポイントを作るには

 
 
例えば、宿題を例にとって考えてみましょう。
 
 
お母さんとしては「宿題は、帰宅したら、テレビやゲームをやる前に必ず終えなければいけないもの」と思っているとします。
 
 
これがお母さんにとってお子さんに達成してもらいたい「目標設定」になります。
 
 
一見、「当たり前のこと」なのでお母さんとしてはそんなに難しい要求をしているつもりはないかもしれません。
 
 
一方でお子さんの立場ではどうでしょうか。お子さんが勉強が苦手だったり嫌いだったりしたら、お母さんの希望通りに宿題を遂行するのはハードルが高すぎるのではないでしょうか。
 
 
だから大好きなテレビやゲームをにやってしまうし、お母さんが「宿題しなさい!」と言ってもなかなか動かないし、あわよくばやらずに学校に行けたらラッキー!なんて思ってしまうのです。
 
 
では、こんなお子さんのチカラや気持ちに合わせた「目標設定」はどうすればいいでしょうか?例えば…
 
 
・ゲームの後でも、次の日の朝でも、勉強をやったら「OK!」とする
・全部やりきれなくても着手したら「OK!」とする
・始めようとしてドリルを出したら「OK!」とする
 
 
いかがですか?
 
 
子どもの脳を発達させて自信をつけるためには、お子さんのチカラと気持ちに合わせて「ちょっと頑張ったらできそうな目標設定」にしてあげることがとっても大切です。
 
 
こんなふうに「褒めポイント」を作っておくと、ちょっとしたことでも褒めてあげることができるようになります。
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもたちには、小さな「できた!」体験をたくさん積んであげることが大事です。そのためには少し視点を変えて褒めポイントを作り出す工夫がとっても大切なのです!
 
 
 
 
 

4.褒めてばかりで大丈夫?騙されたと思って試してみてください!

 
 
もしかしたら、お母さんたちの中には先ほどの褒めポイントを見て「そんなちょっとしたことくらいで褒めていたら天狗になってしまうのでは?」とご心配される方もおられるかもしれません。
 
 
でも、それは無用な心配です!
 
 
実は、スモールステップで肯定されることで「勉強=大嫌い・嫌なこと」と記憶されていた情報が「勉強=やってもいいかも」というポジティブな記憶に書き換えられます。
 
 
ポジティブな記憶に書き換えられた行動に対しては子どもは行動を起こしやすくなるんです。
 
 
そして行動することで、そのときに使われる脳のルートも発達させていくことができます。そんな一石二鳥の肯定的な関わり、やってみない手はありませんよね!
 
 
とはいえ、「いやいや、うちの子、来年は受験を控えていて、とにかく猛勉強しないといけないんです!」などのご事情があると、どうしても高いハードルを設定したくなりますよね。
 
 
でも、今のガミガミ言うやり方でうまくいっていないのであればそれを続けることに意味があるでしょうか?
 
 
 
 
 
ぜひ、勇気をもって新しいやり方にチャレンジしてみることをオススメします!最初のうちは騙されたと思っていただいても構いません(笑)
 
 
半信半疑ながらもトライした方だけが知ることができる「変化」があります。騙されたと思って「褒めポイント」をたくさん作ってみてくださいね!
 
 
1日1分!子どもが伸びる発達の情報をメール講座で配信しています。ぜひご登録ください。
▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

執筆者:清水畑亜希子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.