夏休み 対応

どうしてそんなに怒りっぽいの?発達障害・ADHD系男子を素直で頼れる男子に大変身させる夏休みにしませんか?

更新日:

ホントは素直でかわいいのに、何気ない事ですぐ怒る…。発達障害・ADHD系男子の怒りっぽさには、正しい知識と対応が必要です!今年の夏休みは、お母さんの「〇〇」で素直で頼れる男子に変身させちゃいましょう!
 
 

【目次】

 

1.学校から帰宅してイライラしていた息子が翌朝には…その秘密

 
 
我が家の長男は小学校4年生。発達障害・ADHD のグレーゾーンです。
 
 
さて先日のこと。「学校楽しかった!!」と帰宅したものの、言葉とは裏腹になんだか少しイライラしている…。弟にもちょっぴりケンカ腰でした。
 
 
学校で疲れたのか、緊張することがあったのか?原因はともあれ、これは息子のストレスのサイン!見逃してはいけません。
 
 
というわけで、その日はスペシャルデー!!夫のサポートも得ながら、彼が落ち着けるように発達科学コミュニケーションの神髄である「〇〇」いつもより丁寧に行いました。
 
 
すると翌朝には…朝から調子がすこぶる良い!!素直で頼れる男子に変身していました。自分から昨夜の残りの唐揚げをレンジで温めたり、ごはんをよそったり、朝ごはんの用意を手伝ってくれました。
 
 
 
 
発達障害・ADHDタイプの子どもに多い「怒りっぽさ」。感情は周りの人に伝わります。夏休み、子どもがずーっとイライラ怒っていたら、お母さんも少なからずイライラしてしまって、おうちの雰囲気が悪くなってしまいますよね。
 
 
<パステル総研>が実施した、夏休みの困りごとランキングでも「子どものイライラや不安定さ」が第9位という結果に!親子が一緒にいる時間が長くなる夏休み、子どもが笑顔で穏やかに過ごせたら…きっとお母さんも落ち着いた気持ちで過ごせるはずです。
 
 
夏休みを親子ともに穏やかに過ごすために、ADHDタイプの怒りっぽい男の子が素直で頼れる男子に大変身させちゃいましょう!
 
 
さて、先ほどのエピソードに戻ります。どうして長男はたった一晩で穏やかになったのでしょうか? それは、前日にたくさん「〇〇」たから(笑)うちの子は本当に私たち夫婦の対応がダイレクトに影響します。
 
 

 

2.発達障害・ADHD系男子が怒りっぽい理由

 
 
あなたは、「うちの子、なんでこんなに怒りっぽいの?」と思ったことはありませんか? その理由は大きく分けて2つあります。
 
 

◆理由1:発達の特性のため

 
 
発達障害のなかでも、ADHDタイプのお子さんの場合、特性の1つである衝動性が関係しています。特徴としては「思ったら即行動」です。
 
 
例えば、カーッとなって気がついたらお友達を叩いていた、暴言を吐いていた大きな声で怒鳴っていたなどです。そんなことをするつもりはなくても、気がついたらやってしまっているのです。
 
 
本人はやっていいこと悪いことが理解できているので、後で落ち着いて話すとやってはいけなかったと分かっています。ですから本人も「またやっちゃった」と罪悪感を抱えがちです。
 
 
感情のコントロールも苦手で、怒りの感情もストレートに出てしまいます。そのため周りの人にも「あの子、怒りっぽい」という印象を与えてしまいます。
 
 

◆理由2:周りの大人の対応の影響

 
 
発達の特性をもった子ども達は、その行動が周りの大人の目につきやすく、ガミガミ怒られたり、叩かれたりするなどの不適切な対応を取られてしまうことがあります。
 
 
子どもの脳は未熟なので、良い情報も悪い情報もどんどん吸収します。なので大人に怒られれば怒られるほど、どんどん怒りっぽくなっていきます。
 
 
怒られているうちに「なんでも怒って解決すればいいんだ!」と誤った学習をしてしまうので、この回路を断ち切るには早めの対応が必要になります。
 
 
 
 

 

3.たった1つ!!怒りっぽくなったお子さんを、落ち着かせるお母さんの対応

 
 
早めの対応が必要?じゃあ、どうしたらいいの?その方法はたった1つ。お母さんの「コミュニケーション」です!
 
 
最初にお話しした長男のエピソード。夫と私が長男にしたこと…それは「褒めること」。
 
 
ここでの褒めは、かっこいいとか、えらいとか、そういう褒めではありません。褒め=肯定なんです。
 
 
「今日も学校頑張ったね」と言いながら肩をポンとしたり、息子がしたいゲームを一緒に楽しんだり、息子の気持ちを「そうだったんだね」と否定せずに聞いたり。彼の行動を肯定しただけです。
 
 
イライラしていることを指摘したり、弟にケンカ腰でいたことを叱ったりしても解決しません。本人をよりイライラさせるばかりか、弟への八つ当たりを助長するだけです。
 
 
私たち親が、良い「コミュニケーション(褒め)」をしたことで、息子の気持ちが切り替えられ、次の日の朝のスムーズな行動につながりました。
 
 
子どもは褒めのタンクが満タンになると、親があれこれ言わなくても、自然と自分から行動するようになります。
 
 
夏休みはお子さんをコミュニケーションで大変身させるビッグチャンスです!お母さんと一緒に過ごす時間が増えるので、子どもを肯定しまくるチャンス!しかも学校がない分叱られる機会が減り、子どもの「褒めのタンク」がすぐに満タンに♪
 
 
だからこそ、お子さんの一番近くにいるお母さんにお子さんが素直に行動できるようになるコミュニケーションを知ってほしいです。
 
 
今、もしあなたがお子さんの怒りっぽさで辛い思いをしているとしたら…それは今までのやり方が合っていないのかもしれません。だとしたら、発達科学コミュニケーションで新しい方法にチャレンジしてみませんか?
 
 
お子さんのタイプに合わせたピッタリの対応法を知りたい方は、『お母さんが自由な時間をGETできちゃう!!発達障害・グレーゾーンの「グズリ・癇癪」の原因とタイプ別の対応をご存じですか?』もぜひお読みくださいね!
 
 
 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
怒りっぽい子が素直になるコミュニケーションを公開中!
▼無料で毎日情報をお届けしてます。

 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-夏休み, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.