グレーゾーン 対応

夜の歯磨きが長~い子どもがテキパキ動けるようになる超簡単な方法!

更新日:

夜の歯磨きを長時間しっぱなしの子どもの対応に悩んでいませんか?お母さんも声掛けしているとくたびれてしまいますよね。実はちょっとした方法で、お子さんへの歯磨きの悩みから解放されます!
 

【目次】

 

1.うちの娘の歯磨きは終わりがない

 
 
子育て中のお母さんは、特に夜は子どもが寝入るまでが時間との闘い!
 
 
子どもがテキパキと歯磨き、お風呂を済ませて寝てくれると安心ですよね。
 
 
自閉症スペクトラム(ASD)の娘は小2まで、夜の歯磨きがまるでカメさんのように少し磨いては止まり、終わりがありませんでした。
 
 
「歯磨きをする時間だよ」と伝えても、夕飯後は面白そうな テレビ番組の時間帯と重なり、テレビへ気が向いてしまうことがほとんどでした。
 
 
 
 
テレビをOFFにして歯磨きが終わるまでお預けにしたり、テレビを見ながら仕上げ磨きをするなど、日々疲弊状態になりながらも色々と試しました。
 
 
私は娘の歯磨き時間が苦痛になってしまうほど。
 
 
必死に娘へ「歯磨きしてよ!」と、声かけをしていましたが、スムーズに歯磨きを終えることは至難の業でした。
 
 
今日こそは楽しく仕上げ磨きしてあげよう!と日々思ってはいても、どうしてもイライラした感情は湧き出てしまいます。
 
 
娘にとっては、ゴールデンタイムの夕飯後に歯磨きをすることはとても困難な状態でした。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.怠けていたのではなく、発達障害の特性だった

 
 
実は、娘が中々歯磨きに集中できないのには発達障害の特性の理由があったのです。
 
 
発達障害の子は視覚情報に敏感な子が多くいます。 視覚過敏の影響から、目から入る情報を一度に大量の処理をしてしまうことも。
 
 
多くの人は目から入る情報を無意識に必要と不必要へと分けることができるのですが、視覚過敏から多くの情報量を処理してしまうのです。
 
 
 
 
そのため、 多くの人が気づかないようなささいな変化まで気づく傾向があります。
 
 
娘は意図的ではなく無意識にテレビの中の情報が気になってしまい、 歯磨きに集中することが難しかったのです。
 
 
とはいえ、家族みんなが歯磨きの為にテレビなしの生活を我慢することも現実的ではありません。
 
 
そこで、私はあることを割り切ることで今まで 「 どうすれば娘が歯磨きをサッとこなすことができるんだろう」 と、悩んでいた日々から解放されたのです!
 
 
その方法は、とても簡単であるにも関わらず、もしかするとママにとって勇気がいることかもしれません。
 
 
これから、娘が歯磨きをテキパキとできるようになった方法をご紹介しますね!
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

3.ママが割り切り、子どもが〇〇〇とテキパキこなせる!

 
 
私は、”夕飯後は歯磨きの時間”という私の中の決まりで子どもへ歯磨きをさせることに必死になっていました。
 
 
そこで、私の中のこだわりを割り切って手放し歯磨きをするタイミングを子どもに決めてもらったのです。
 
 
娘は、「お風呂から出てから歯磨きする!」と決めました。
 
 
いつものカメさんのように長~い歯磨きタイム。あまり期待はしていませんでしたが、娘は楽々に自分磨きをこなし、すんなりと仕上げ磨きも終えることができたのです!!
 
 
 
 
うちの場合、夕飯後にお風呂へ入ることが日課になっているのですが、娘にとっては入浴後に歯磨き!という流れがしっくりきていました。
 
 
・お風呂から上がると、すぐそばに洗面台があるので導線となっていること
 
・入浴後はテレビOFFの状態が多いため歯磨きに集中しやすい環境が整っていること
 
 
この2点がテキパキと歯磨きをこなせるポイントだったのです!
 
 
歯の健康の為には夕食後の歯磨きがベストとは言われていますが、娘が自主的に歯磨きできることでご機嫌な状態で就寝もできるようになりました。
 
 
そして、私も仕上げ磨きがを気分良くしてあげれることで、手抜きすることなくキレイに磨くことができています。
 
 
歯磨きをするタイミングを子どもに決めてもらっただけで、イライラから解放され、時間を有効に使えるようになりました!
 
 
子どもが自ら行動しやすいタイミングだと、日課にしやすく楽々歯磨きができる習慣となっていきます。
 
 
歯磨きがスムーズに進まず悩まれている方は、お子さんにどのタイミングに歯磨きしたいか聞いてみてくださいね!
 
 
仕上げ磨き中に気が散ってしまうお子さんはこちらの対応もご参考にしてくださいね。
 
 
 
発達凸凹やグレーゾーンの子どもがスムーズに活動できるようになる方法をメール講座でお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:おおむらさえ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.