グレーゾーン 小学生

【東京都 おでかけ情報】飽きっぽいギフテッド(2E)男子がハマるおでかけ~科学技術館編~

更新日:

興味の対象がくるくる変わる飽きっぽいギフテッド(2E)男子のおでかけは大変です。あっちにいたと思ったら、こっちにいる。一緒にいるだけで疲れてしまうIQが高い子の知的好奇心を満足させるおでかけスポットをご紹介します。

 

【目次】

1.なぜ、飽きっぽいギフテッド(2E)男子が科学技術館にハマるの?
2.科学技術館がオススメな理由
3.一番のオススメは、実験ショー
4.実験ショーを楽しむためのヒント

 

1.なぜ、飽きっぽいギフテッド男子(2E)が科学技術館にハマるの?

 
 
飽きっぽいギフテッド(2E)男子にお困りのお母さんはいませんか?
 
 
飽きっぽいフテッド(2E)男子とは、知的好奇心が旺盛でIQの高く、発達に凸凹がある子のことを指します。
 
 
ギフテッド(2E)って何?と思った方は、こちらをお読みください。
 
 
 
好奇心旺盛でIQが高い子は、常に考える種を求めています。つまり、新しい刺激を求めているんです。
 
 
実は、この新しい刺激を追い求めている姿が実は飽きっぽく見えるんです♪
 
 
好奇心旺盛なのはもちろんいいこと。でも、次から次へ動き回っていて、一緒にいて疲れるんです…と思っていませんか?
 
 
私も、そう思っていました。
 
 
・いろいろなことを考えることはいいことだけど…もう少し、落ち着きませんか?
 
・始めたことは、最後までやりましょうよ!
 
 
こんな風に思ってました。
 
 
 
 
実は、飽きっぽいように見えるギフテッド男子ですが、根気がないわけではないのです。
 
 
お子さんは、自分の大好きなものなら根気強くこなしてませんか?
 
 
ひとつのことがやり遂げられないように見えますが、やり遂げられないのではなく、やり遂げる必要がないんです。
 
 
その時点で結果がすでにわかってしまったから、最後までやる必要性を感じなくなっちゃったのです。
 
 
大人だって、既に結果がわかっていることをやりたくないですよね。
 
 
そんな、常に考える種を探しているギフテッド(2E)男子には、科学技術館をオススメします。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.科学技術館がオススメな理由

 
 
私が科学技術館をオススメする理由は、ずばりたくさんの考える種が詰まっている場所だからです。
 
 
東京の北の丸公園内にある科学技術館には、2階~5階までに様々な科学に関わる展示物やアトラクションが用意されています。
 
 
車が好きな子は2階へ、化学が好きな子は3階へと、一つの建物の中でそれぞれの興味があることを、遊びながら学べます。
 
 
ギフテッド男子の好奇心を満たすものがたくさん詰まっているのです。
 
 
また、各階にテーブルと椅子が設置されていますので、お弁当を食べたり休憩したりすることができます。
 
 
お子さんが大きければ子どもたちだけで遊んでいて、お母さんたちはテーブルでおしゃべり♪なんて方も見かけますよ。
 
 
私も本を読んだり、ママ友だちとおしゃべりしています。
 
 
また、5階には授乳室もあり、小さなお子さん連れにも優しくなっています。コインロッカーも無料で借りられます。
 
 
 
 
階段近くの場所に席をとれば、椅子に座っているだけでギフテッド男子のあわただしいおでかけに付き添えるんですよ♪
 
 
▼わが子の発達支援の専門家になりたいママはこちら!
 
 

3.一番のオススメは、実験ショー

 
 
私が科学技術館の中で一番オススメしたいのが、実験ショーです。
 
 
科学技術館では、色々なコーナーで実験ショーが行われています。
 
 
そして実は、この実験ショーは質問し放題なんです。
 
 
しかも、このショーで説明を担当してくれる方は女性が中心。また子どもの質問を否定しません。そして専門知識を持っている方も大勢おられます。話をしているうちに色々な知識を披露してくれます。
 
 
ギフテッド(2E)男子って、好奇心があふれてしまって、空気を読まずに質問をしちゃうことや答えを言ってしまうこともあります…が、ここのお姉さんたちは優しく受け止めてくれます。
 
 
ただ、実験ショーに参加しているときは、お子さんのそばでコミュニケーションを補ってあげるように気を付けてくださいね!
 
 
 
 
次は、なぜお子さんのコミュニケーションを補う必要があるのかについてお伝えします。
 
 

4.実験ショーを楽しむためのヒント

 
 
基本的にどんな質問でも受け止めてくれるお姉さんたち。
 
 
でも、毎日一緒にいるお母さんや先生と違うので、お子さんの言葉が足りずに意味が伝わらないことも起きるからです。
 
 
言葉が足らずに意味が伝わらなかった場合、お子さんにとっては失敗体験になってしまいますよね。この失敗体験を繰り返すと、お子さんは質問をするのが怖くなってしまう場合があるのです。
 
 
そのため、実験ショーに参加するときは必ずお母さんが付き添ってあげて、お子さんの言葉を補ってあげましょう。
 
 
そして、質問が終わったら、「質問できたね♪」と質問できたことをほめてあげましょう。
 
 
 
 
実は、この成功体験はすごい効果を持っています。
 
 
知らない人に質問できるということは、困ったときに質問ができるということです。
 
 
子どもが困ったときに、自分から質問したり助けを呼べたりするということは、誰かが助けてくれるということにつながります。
 
 
困りごとが起こりやすい発達障害の子だからこそ、この質問できるという能力を身に着けて欲しいですね。
 
 
――施設詳細――
【名前】科学技術館
【住所】東京都千代田区北の丸公園2番1号
【開館時間】9:30~16:50(入館は16時まで)ホームページでの事前予約が必要です。
【休館日】不定休(公式サイトにて掲載)
【公式サイト】http://www.jsf.or.jp/index.php
 
 
※この記事の情報は2019年8月時点のものです。おでかけの際には公式サイトで最新の情報を確認してください。
 
 
子どもの興味の育て方のイロハを公開中
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
 
 
執筆者:神山彰子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-グレーゾーン, 小学生
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.