ADHD 自閉症スペクトラム

やんちゃに見えて実は繊細!?発達障害ADHD+ASDタイプはお母さんの理解と適切な対応で大変身します!

更新日:

行動はやんちゃなのに不安が強くて叱られたことをいつまでも覚えている…こんな子どもの対応に悩んでいませんか?発達障害ADHD+ASDタイプの子どもは対応に苦労することも多いですが、お母さんの理解と適切な対応で大変身するんですよ!
 

【目次】

 

1.発達障害ADHD+ASDタイプの子どもの対応に悩んでいませんか?

 
 
やりたいと思ったら即行動!なのに後から「やっちゃった!どうしよう!」とパニックになる
 
 
・なぜやってはいけないのかしっかり理解していて説明もできるのに、やりたいと思ったらやってしまう
 
 
行動が大胆な割に不安が強く、叱られたことをいつまでも引きずっている
 
 
こんな子どもの行動に悩んでいませんか?
 
 
お母さんから見たら「後悔するんだったら最初からやらなきゃいいじゃない!」「なんでこんなに理解しているのに、やっちゃうの?」と理解できないことも多く、イライラしますよね。
 
 
実は、こういうタイプの子どもは、発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)と自閉症スペクトラム障害(ASD)の2つのタイプの特性を併せ持っている場合があるのです。
 
 
発達障害ADHD+ASDタイプの子どもの対応は一筋縄ではいかないことも多いですよね。苦労されているお母さんも多いと思います。しかしお母さんの理解と適切な対応で子どもは大変身するんですよ!
 
 
 
 

2.ADHD+ASDタイプの対応に注意が必要な理由

 
 
発達障害ADHD+ASDタイプの子どもの対応には注意が必要です。その理由は発達障害の特性は脳の働きが関係しており、コントロールできない本人が一番苦しんでいるということにあります。
 
 
ADHDタイプの特性には衝動性を持っている、短期記憶が苦手で忘れやすいという特徴があります。
 
 
一方ASDタイプの特性には不安が強くなかなか行動に移すことができない、嫌だったことをいつまでも覚えているという特徴があります。
 
 
ところが発達障害ADHD+ASDタイプの子どもは衝動性を持つ上に不安も強い傾向があります。
 
 
そのため、やってしまった後に「どうしよう!」とパニックになったり、記憶力がよく叱られたことをいつまでも覚えているためどんどん不安を大きくしていくということが起こるのです。
 
 
頭では分かっていても体が勝手に動いてしまい、本人も辛い思いをしているのです。
 
 
さらに行動が目立ちやんちゃに見えてしまうため、周りから誤解されたり、きつく叱られたりする機会が多くなりがちです。しかし本当は一見やんちゃに見えても中身はかなり繊細。本人は周りが思っている以上に傷つき自信をなくしているのです。
 
 
 
 

3.ADHD+ASDタイプの適切な対応とは

 
 
やんちゃに見えて実は繊細な発達障害ADHD+ASDタイプの子どもにしてあげてほしい対応は2つあります。
 
 
①普段からできているところを褒める
 
 
まず1つ目は普段からできているところをたくさん褒めてあげることです。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どものやりたいと思ったら体が動いてしまうという特性は脳の働きによるものです。本人にもコントロールすることが難しいので何度叱っても改善することは困難です。
 
 
しかし、子どもの脳が発達するとこの衝動性はだんだん落ち着いてくることが多いのです。
 
 
脳を発達させるために必要なのはお母さんがたくさん褒めてあげることです。子どもは褒められると自信がつき、自分で考えて行動できるようになっていきます。
 
 
褒めるといっても難しいことはありません。一番簡単なのは子どもがしていることをそのまま口に出すことです。
 
 
「起きれたね!」「着替えてるんだ!」「ご飯パクパク食べてるね!」こんな何気ない声かけが子どもに自信をつけ、脳を発達させるんです。
 
 
②子どもの行動を責めない
 
 
2つ目は子どもの行動を責めないことです。
 
 
先ほど話したように、発達障害・グレーゾーンの子どもの衝動性は本人にもコントロールが難しいものです。そんな状況で「なんでこんなことしたの!?」「こんなんじゃ、運動会にでられないよ!」などと本人を追い詰めたり脅すような声かけは絶対にNG!
 
 
記憶力がよく不安の強いADHD+ASDタイプの子どもは強烈なトラウマを抱えてしまうだけです。
 
 
ADHD+ASDタイプの子どもは、なぜやってはいけないのかまでしっかり理解している場合が多いです。それでも体が動いてしまう、という本人の辛さを理解してあげてください!
 
 
「こういうときはこうしようね」とシンプルに伝えることに留めてほしいのです。
 
 
やんちゃに見えて実は繊細、という一見扱いづらい発達障害ADHD+ASDタイプの子ども。お母さんが本人の特性を理解して正しく対応してあげるとすごい力を発揮し始めます。
 
 
このタイプの子どもは好奇心旺盛で行動力がある上に、理解力もあり賢い子が多いです。お母さんが正しい対応をとり、子どもに自信がついてくるとこのような行動がでてきます。
 
 
・衝動性が落ち着き、自分で考えて動けるようになる
 
・もっと勉強がしたいと自分から言い始める
 
・基本のやり方さえ教えれば、後は自分でどんどん極めていく
 
・気になったことは、自分でとことん調べる
 
 
脳を発達させることで、子どもの特性を強みに変えてしまうことができちゃうんです!
 
 
いかがでしたか?発達障害ADHD+ASDタイプの子どもはやんちゃに見えて実は繊細です。お母さんの理解と適切な対応で大変身させてくださいね!
 
 
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
発達障害ADHD+ASDタイプを大変身させる声かけ多数公開中!
▼ご登録はこちらから!
 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, 自閉症スペクトラム
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.