対応 小学生

小学生が初めて読書感想文を書く!書き方が分からない子どもへのサポート方法とは?

更新日:

小学生の子どものお母さん、お子さんは夏休みの宿題を自分でできますか?低学年の子どもにとって、初めての読書感想文を1人で書くことは難しいのではないでしょうか。書き方が分からないと困っている子どもに、試行錯誤した私のサポート方法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.小学生の時、読書感想文が苦手だった私

 
 
皆さんは、夏休みの宿題として出されることが多い読書感想文を書くことは得意でしたか?
 
 
私は、夏休みの宿題の中で、読書感想文を書くことが一番苦手でした。本を読むことは大好きでしたが、その感想を原稿用紙何枚と決められた長さまで書くことが難しかったのです。
 
 
 
 
当時は、読書感想文を書くために読む本は、課題図書の中から選ばなくてはいけないと思っていました
 
 
たった数冊の課題図書の中から、自分が一番読みたいと思える本を選んだとしても、共感したり、ワクワクしたりすることはあまりなかったように記憶しています。
 
 
そのため、書きたいと思う感想もあまり出てこず、私の小学生のときの読書感想文は、本のあらすじが大部分で、それに数行の感想を添えたものになってしまっていました。
 
 
そんな私が、子どもが小学生になったとき、夏休みの宿題として出された読書感想文を書くサポートをすることになりました。
 
 
なぜなら、担任の先生から、低学年のうちは、おうちの方がどんどんサポートして、読書感想文を書くことに慣れさせてくださいと言われたからです。
 
 
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.小学生の子どもが初めての読書感想文を書けない理由

 
 
読書感想文の宿題は、小学校によっては、低学年では出さない学校もあるかもしれません。しかし、1年生から夏休みの宿題に読書感想文を出す学校もあるのです。
 
 
その場合、1年生の子どもが自分で読書感想文を書けることは、ほぼありません。なぜなら、1年生の1学期には、長い文章を書くことはないし、書き方を習うこともないからです
 
 
その上、読書感想文用に読む本が、今まで読んだ本の中で一番長いものだったりする場合もあります。
 
 
ちなみに、低学年の読書感想文は、通常、本文が800字以内という長さです。一般的に使われることが多い400字詰原稿用紙で2枚です。
 
 
ただ低学年だと400字詰原稿用紙では、マス目が小さくて字をマスの中に書くのが難しいため、わが家では、240字の原稿用紙を使っていました。
 
 
この原稿用紙を使うと、800字以内だとしても、できるだけ800字に近づけようとすると、3枚と少し書かなければなりません。このように、初めての読書感想文を書くことは、かなりハードルが高い宿題になります。
 
 
 
 
案の定、読書感想文がどういうものかを聞かされた子どもは、
 
「どんな本を読むの?」
「何を書けばいいの?」
 
と、まったくどうしたらいいのか分からないようでした。もちろん私も初めてのことなので、どうサポートをしたら書けるのか、途方にくれました。
 
 
そこで、自分の経験や読書感想文の書き方を調べた上で、試行錯誤しながらサポートをしました。低学年のうちは徹底的にサポートした子どもたちも、高学年になったら、自分で読書感想文を書けるようになりました
 
 
この記事では、そんなサポート方法をご紹介します。
 
 
▼夏休み明け登校しぶりは学校と連携して対応しましょう!
 
 
 

3.課題図書で書かなくても大丈夫。本選びには気をつけて!

 
 
読書感想文を書くにあたって、一番重要なのは本選びです。読書感想文の本と言えば、お母さんたちに一番なじみがあるのは課題図書ですよね。
 
 
実際、夏休み前になると、本屋さんには課題図書がたくさん積まれているので、私がそうであったように、その中から選ばなくてはいけないと思ってしまうかもしれません。
 
 
実際、私も子どもが1年生のときは、課題図書の中から1冊を選んで買いました。
 
 
そもそも課題図書とは、何の課題図書でしょうか?これは、毎年行われている「青少年読書感想文全国コンクール」の主催者が指定したものです。(参考:第67回青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」
 
 
小学校低学年、中学年、高学年、中学校、高等学校とそれぞれの学年に合わせて、数冊ずつ指定されています。もちろんこの中に、子どもが気に入った本があれば、それで書けばいいのです。
 
 
でも、読みたいと思う本がないのに、無理やり課題図書の中から選ばなくてもいいのです。
 
 
小学校の夏休みの宿題として出される読書感想文は、上記のコンクールに応募することが前提になっている場合が多いですが、対象の図書は、課題図書のほかに、自由に選んだ図書で書いてもいいことになっています。
 
 
読書感想文の本は、課題図書かどうかよりも、子どもが
 
共感できる本
ワクワクして楽しく読める本
興味・関心に関係する本
 
を、子どもの意見を尊重して選ぶことが肝心です。
 
 
 
 
例えば、共感できる本とは、自分が経験したことや考えていることが書かれている本のことです。犬を飼っているなら、犬が出てくる本、転校したことがあるなら、転校生が主人公の本、電車が好きなら、電車が好きな主人公の本などです。
 
 
また、ワクワクして楽しく読める本は、うちの子の場合は、同じ年頃の子どもが主人公の、冒険物語や学校の話などでした。
 
 
興味・関心に関係する本は、うちの子の場合は、宇宙に関する本を読んでいました。まずは、本屋さんや図書館に行って、お子さんと一緒に本を選んでみましょう
 
 
では、本を選んだら、読書感想文をどのように進めていけばいいのでしょうか?次の項では、書き方が分からない子どもへのサポート方法をお伝えします。
 
 

4.書き方が分からない子どもへのサポート方法とは?

 
 
お子さんが選んだ本を読み終わったら、次の手順でサポートしていきましょう。
 
 

◆①親が子どもへインタビューをする

 
 
まずは、お母さんからお子さんへ本についてのインタビューをします。
 
「どうしてこの本を選んだの?」
 
「この本はどんなお話だった?」
 
「この本で一番面白かったところはどんなところ?」
 
「どうしてそう思ったの?」
 
「この主人公と同じようなことをやったことはある?」
 
「その時は、どう思った?」
 
「この本を読み終わったとき、どう思った?」
 
など、お子さんに合わせて、答えられそうな質問をしていきます。
 
 
そして、お母さんがお子さんの答えをメモ用紙や付せんに書いていきます。このインタビューの答えが読書感想文の内容になります。
 
 

◆②親子で文章を組み立てる

 
 
次に、①で集めたインタビューの答えを、どういう順番で並べるかを考えます。これは、親子で話し合いながら進めていきます。
 
 
例えば、始めに、どうしてこの本を選んだのかや、この本のあらすじなど、本の紹介を並べます。その後に、面白かったところやどうしてそう思ったのかなど、本の内容に関する感想を並べます。
 
 
最後に、この本を読み終わってどう思ったのか、参考になることはあったか、などでまとめると、読書感想文の形になります。
 
 
なお、①で行ったインタビューだけでは内容が不足しているときは、さらに質問を重ねて、内容をふくらませていきます
 
 
 
 

◆③下書きは親がする

 
 
読書感想文のように文字数が決まっているものは、一度原稿用紙に下書きしなければ、文字数が分かりません
 
 
しかし、低学年の子どもにとって、原稿用紙に一度下書きをして、さらに清書をするということは、かなり難しいことです。
 
 
特に、注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの子どもは、書いている途中に文字を抜かしてしまったり、同じことを2回書いてしまったりすることがあります
 
 
また、うまく字が書けなくて消しゴムで消しているうちに、破れてしまったりすることもあります。そうなると、「二度と読書感想文なんて書かない!」と原稿用紙をぐちゃぐちゃにしてしまうリスクが高まります。
 
 
そのため、私は、親が下書きをすることをおすすめします。私の場合は、自分が字を書くのも面倒だったため、パソコンで原稿用紙のテンプレートを使って下書きをしていました。
 
 

◆④清書のときは、親が一緒に確認しながら書く

 
 
③で下書きが終わったら、子どもが原稿用紙に書き写すだけですが、これも一筋縄ではいきません。なぜなら、ADHDタイプは、行や文字を抜かして写してしまったりするからです。
 
 
それを全部書き終わってから気づいたら、書き直しになってしまいます。でも、②でも書いたように、ただでさえ文字をたくさん書くことが苦手な発達障害の子どもの場合、癇癪を起こして、一切書かなくなる可能性が高くなります。
 
 
そのため、私は子どもの横に座って、正しく書き写しているかどうかをチェックしながら、ところどころで、「上手に書けてるね」「もうこんなに書けたの」とモチベーションが上がる声かけをしていました。
 
 
余談ですが、読書感想文はサポートしすぎると、コンクールで表彰されてしまうこともありますので、完璧にしすぎないこともポイントです。
 
 
わが家の子どもたちは2人とも、低学年のときに読書感想文で入選してしまったことがあります。幸い、地域の冊子に名前が載っただけだったので、子どもたちにもいい思い出として残っています。
 
 
おかげで、読書感想文が嫌いにはなりませんでした。
 
 

5.高学年になった子どもはどうしてる?

 
 
低学年のときに、徹底的にサポートをして読書感想文を書いていた子どもは、高学年になって、どうなったでしょうか?
 
 
昨年、5年生だった娘は、自分でお気に入りの本を選んで、何度も読み、1人で付せんを貼りながら文章を組み立てていました。
 
 
私がパソコンに原稿用紙のテンプレートを出してあげたら、自分でパソコンに入力して下書きを書いていました。
 
 
原稿用紙に清書する時も、「行頭がズレていないかチェックしながら書いた方がいいよ」とアドバイスしたら、慎重に間違えないように清書することもできました。
 
 
 
 
低学年のときに、こんなにサポートしていたら、自分で何も書けなくなってしまうのではないかと不安にもなりましたが、その心配は無用でした。少しずつサポートを減らしていったら、最終的に自分で読書感想文を書けるようになりました
 
 
いかがでしたでしょうか?子どもが初めてやることは、なんでも不安になります。
 
 
しかし、嫌いにならないように、最初は親ができるだけサポートし、徐々にそのサポートを減らしていけば、そのうち自分でできるようになることが分かりました。
 
 
私が試行錯誤した子どもへのサポート方法が、参考になれば嬉しいです。
 
 
 
 
パステルキッズの学びについて提案しています
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:佐藤とも子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-対応, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.