ADHD 小学生

運動が苦手でも大丈夫!発達障害・グレーゾーンの子どもがお家で楽しく取り組める「運動脳力アップ」の秘訣とは

更新日:

お子さんは運動が得意ですか?発達障害・グレーゾーンの子どもは運動が苦手なケースが多いです。なんだか動きがぎこちなくて、不器用な気がする…。それには理由があります。お家で楽しく運動に取り組んで「運動脳力」をアップさせちゃいましょう!!
 

【目次】

 

1.側転はできるのにダンスは苦手な我が家の長男のエピソード。

 
 
突然ですが、お子さんは運動は得意ですか?発達凸凹のあるお子さんは運動の苦手な子が多いかもしれませんね。
 
 
我が家の長男は小学校4年生。注意欠陥多動性障害(ADHD)のグレーゾーンです。 息子が得意な運動は、跳び箱マット運動。特に彼の側転は鮮やかですよ~!!
 
 
側転ができるんだから運動はオールマイティにできるんだろうな、と思いますよね。でも違うんです。
 
 
長男は昔から手先が不器用です。幼稚園の頃はハサミもあまりうまく使えず、鉛筆をにぎるのもぎこちなくて、字を書くのもしんどそうでした。 蝶々結びも教えるのに苦労しました。今でもぎゅっと結ぶことができずにヒモが緩いことも…やっぱり苦手です。
 
 
スポーツに関してはサッカー、バスケットボール、ドッジボールなどの球技は苦手ですし、今や必修科目のダンス苦手です。動きがぎこちなくて逆に面白いくらいです。
 
 
先日も、兄弟でテレビの音楽に合わせてオリジナルダンスをしていたのですが、兄の動き、硬っ…(笑)比較して申し訳ないとは思いましたが、横で踊ってる4歳下の弟の方がなめらかでいい感じ!苦手感出ているなと思いながら見ていました。
 
 
今までのお話で、お子さんにも思い当たることはありませんか? 私は気になりながらも「早生まれだからかな?」と思っていました。しかし、発達凸凹と運動の関係を知って「そうだったのか!!」と納得してしまいました。
 
 
 
 

2.責めたり、叱ったりしないで下さい。発達障害・グレーゾーンの子どもが運動な苦手な理由。 

 
 
運動が苦手、と言っても原因は様々あります。でも考え方はとてもシンプル。苦手部分の脳の発達が未熟ということです。ひとつひとつ解説していきますね。
 
 
苦手となる運動の種類ですが大きくわけて3つあります。
 
 

粗大運動

姿勢の保持やバランス、歩く、走る、投げる、泳ぐ、ジャンプするなど読んで字のごとく全身を使った大きな動き
 
 

微細運動

小さなものをつまむ、字を書く、ボタンをはめる、ハサミを使うなど細かな動き
 
 

協調運動

スキップ、ドリブル、縄跳び、ダンス、キャッチボールなど、身体の複数の部位を協調させて行う動き。私たちは普段の生活の中では、手と手、手と目、足と手などの別々の動きを同時に行うことがほとんどのため、日常的に協調運動を行っているといえます。
 
 
 
 
これらの機能は、発達する順番が決まっていて、はじめに粗大運動次に微細運動の順に発達していきます。
 
 
他には、ボディイメージの問題。これは「自分の身体に対する実感」のことです。発達に凸凹のあるお子さんの中には、自分の身体の輪郭、上下、左右、前後などの位置関係をとらえることが難しいケースがあります。
 
 
そうすると、体の動きをコントロールするのが苦手タイミングよくジャンプできない、ボールがうまく投げられない、ダンスで指示された通りに動けないなどの困りごとが起こってきます。
 
 
ボディイメージが未発達だと、運動に限らず、スプーンやお箸が上手に持てなかったり、力加減が分からずぐちゃっと握りつぶしてしまったりします。このように生活に関する様々な動作がうまくできずに自信を失いやすくなります。
 
 
眼球運動(目の運動)が苦手なお子さんもいます。視力には問題がないのに目で追うことが苦手だとボールをキャッチすることやバドミントンの羽を打ち返したりがうまくできなかったりします。
 
 
このような場合は運動だけでなく、教科書をすらすら読んだり、工作の時に手元をじっと見るのが苦手だったりします。ビーズをヒモに通すのが苦手だったりしませんか?
 
 
振り返ってみると、長男は小さい時からハサミお箸字を書くことも得意ではありませんでした。スキップもはじめはぎこちなくて…。ダンスに至っては今でもぎこちないです。
 
 
ちなみに、あのハリーポッターで有名なダニエルラドクリフも靴ひもが結べないと公表しています。このことを知ったとき、困っているのは息子だけじゃないんだ…と正直ホッとしたのを覚えています。
 
 
でも、これを「なんでできないの?」と責めたり、叱ったりしたところで、できないものはできないんです!お子さん自身も頑張ってもみんなと同じようにできない」と困っています。
 
 
また、運動が苦手なことでお友達から「お前がチームにいると負ける」などの心無い言葉に傷ついているかもしれません。それは親としてはなんとかしてあげたいですよね。では、どうすればいいのでしょうか。
 
 

3.運動が苦手でも大丈夫!!親子で楽しく取り組む「お家で運動脳力アップ」の秘訣をご紹介します。 

 
 
では、運動がちょっと苦手だな、と感じているお子さんにオススメ!親子で楽しく取り組む「お家で運動脳力アップ」の秘訣をご紹介します。
 
 
苦手なのは、苦手な部分の脳の発達が未熟だからです。ですから苦手なことでもお母さんと楽しく運動することで、だんだんと得意になっていきますよ。ポイントは「親子で楽しく」です。
 
 
運動の苦手具合にもよりますが、小学校低学年であれば
 
 

粗大運動

・電車ごっこ
 
・手を叩きながら歩く練習 
 
・どうぶつ歩き
 
・ツイスターゲーム
 
・風船を使ってバレーボールごっこ
 
・段ボールでトンネルを作って潜り抜ける
 
・布団の上を丸太のようにごろごろ転がる
 
・バランスボールやトランポリン
 
 

微細運動

・テニスボールを両手に持ちながら、もう少し大きめのボールを挟み込むように持ち上げる
 
・ラケット(なければ、おたまでもOK)の上にボールを置いて運ぶ
 
・フェイスタオルで綱引き
(これは「パワーグリップ」といって、手の発達の基本はここから!といわれるくらい重要です。ジャンケンのグーをイメージして手をグーにした時、親指が他の4本の指の下にくるようにしっかり握る動作です。鉄棒やジャングルジム、アスレチックの時に威力を発揮します。)
 
・お気に入りのおもちゃやお菓子をジッパー袋に入れ、子どもに開け閉めをお願いする
 
・果物や野菜のへた取りや、すじ取り
 
・小さい洗濯ピンチを購入し、家族の靴下やハンカチを一緒に干す
 
・ カードゲームの時に、カードを混ぜたり、まとめてもらう
 
・チラシをできるだけ小さく破り、紙吹雪を作って扇風機で飛ばす
 
 
いかがでしたか?我が家で実践したことのほんの一例をご紹介しました。ご存じのものもあったかと思います。
 
 
 
 
しかし、ここで大切なのは遊びの中でお子さんが無理なく楽しんでやることです。もともと運動に苦手意識があるので、ちょっと頑張ればできそうで、楽しいものでないと続きません。
 
 
そして誰よりもお母さんが楽しむこと!!お母さんが遊びを楽しんでいる姿を見ることで、お子さんにとって運動はとても楽しい記憶になります。そうすれば身体を動かして遊ぶことは楽しいこととして記憶に残ります。
 
 
もっと遊びたい!やってみたい!という意欲は何よりも大切です。繰り返し取り組むことにもつながり、苦手意識も和らいでくるはずです!
 
 
ぜひやってみてくださいね。
 
 
 
 
ADHD系男子の強みを引き出す子育てのヒントはこちら!!
▼無料で毎日情報をお届けしてます。
 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーション トレーナー)

-ADHD, 小学生
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.