グレーゾーン コミュニケーション

発達障害・グレーゾーンの子どもの将来をどんな風に想像していますか?お子さんの未来を描く力を育てるキャリア教育とは?

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもの将来に不安はありませんか?子どもの困りごとは成功への原石かもしれません!世界で活躍する著名人達に学ぶ、子どもの困りごとを強みに変える思考チェンジの方法をお伝えします!お母さんの思考が変われば子どもも自信をもって成長できますよ。
 

【目次】

1.発達障害・グレーゾーンの子どもの将来心配になりませんか?

 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんの将来が不安になることはありませんか?
 
 
・こだわりが強い(絶対的マイルールがある)
・衝動的になんでもやってしまう
・何度ダメと言ってもやる
・不安が強い
 
 
こんな特徴にお子さんが当てはまっていたら、ここをなんとかしたい!という想いになるママはきっとたくさんいると思います。
 
 
子どもを変えなければ、
 
 
社会に出たときに仲間と協力して仕事ができないかもしれない
 
自分勝手な行動が多いとそもそも雇ってもらえないかもしれない
 
上司に叱られてばかりになるだろう
 
不安が強いと就職自体できる?いったいどうなるの⁉︎
 
 
と、子どもが将来自立して生活していくことができるかが心配になってしまうのですよね。
 
 
お母さんの心配な気持ちはよーくわかります。
 
 
けれど、子どもを見つめる視線がいつも不安そうで、いつもできないことを指摘されたら子どもはどうなるでしょうか?
 
 
 
 
伸び伸び社会で活躍できる大人にはなれません!
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもを育てるお母さんの心配は、あることをするだけであっという間に解決できるんですよ!
 
 

2.子どもの困りごとを強みに変えるチャンスですよ!

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもの困りごとは、将来強みになる可能性があるんですよ!
 
 
どうしてそんなことが言えるのか?
 
 
ビジネス界には発達凸凹の先輩がたくさんいるからです!
 
 
iPhoneの発表プレゼンで誰もが知る、スティーブ・ジョブズ氏
 
 
アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」のCEO、イーロン・マスク氏
 
 
彼らは発達障害だったのではないかと言われています。
 
 
日本では楽天の三木谷浩史社長も、ADHDの傾向があると自己診断されていらっしゃいます。
 
 
まだまだ沢山いらっしゃいますが、この方たちに共通しているのは、ただの経営者ではなく、時代を変えるような商品やサービスを作ってきた、超一流の経営者ということです。
 
 
発達凸凹キッズが持っている、
 
 
人と違う視点やアイディア
独自の感性
行動力
探究心
集中力
 
 
そういった素晴らしい能力をふんだんに生かした方たちなのです!
 
 
 
 
これからの時代は、答えのない時代です。
 
 
単純な仕事はAIが対応できるようになっていくので、人間に残された仕事は、今はまだこの世に無いようなものになっていくと言われています。
 
 
つまり私たちの子どもが社会人になる頃には、今あるものを壊して別のやり方をしたり、新たなサービスの価値を作ったり、自由な発想で探求することが今以上に必要とされているんですよ!
 
 
 
 

3.世界で活躍できる子どもに育てるためにママがやることは○○を変えること!

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもの困りごとを世界で活躍する大先輩達のように強みに変えていきたいですよね!
 
 
ママの思考チェンジで子どもの特徴を表す言葉を変えてみましょう!凸凹キッズ達の将来が楽しみになる、キャリア教育につながる言葉の置き換えをご紹介します。
 
 
こだわりが強い(絶対的マイルールを持っている)やり抜く力がある!
 
衝動的になんでもやってしまうやる気に溢れている!
 
何度ダメと言ってもやる強い探究心の証!
 
不安が強い慎重な判断力を持っている!
 
 
こんな風に捉え方を変えて言い方をポジティブしていくんです!
 
 
もしも、子どもがお出かけの支度時間になってもブロック遊びをやめなくてイライラしそうなとき、「早く支度しなさい!」と怒るよりも、
 
「さすが、最後までやり抜く力があるね!」
 
と褒めてあげてください。
 
 
何度もダメだと言っているのに、お風呂のお湯を出しっぱなしで遊んでいるときは、
 
「ほんとに強い探究心があるのね!」
 
と感心してあげてください。
 
 
ブランコに乗りたいんだけど、落ちるかもしれないと、こわくてなかなかチャレンジできないお子さんには、
 
「焦らないで考えているんだね〜すごいねぇ!
 
と声をかけてください。
 
 
お母さんの視点が変わると子どもは安心し、どんどんやる気が出て、色々なことに挑戦することができるようになります。
 
 
すると、子どもは自分の特性を強みととらえて成長していくことができます!発達凸凹キッズの隠れた才能を引き出していくことが可能になりますよ!
 
 
 
 
是非、凸凹キッズの困りごとを強みに変えて、将来世界で活躍できるようなスーパーキッズにしてあげましょう。
 
 
本当にうちの子の困りごとが強みになるの?もっと詳しくきいてみたい!と思っていただいた方は個別相談にお越しくださいね。
 
 
発達科学コミュニケーションの基礎講座にプラスして、学ぶことができる「おうち社長メソッド」という、『やらせないお手伝い』から未来を描く力が育つ!逆算子育ての新常識をお伝えしています!
 
 
普段の生活の中に、おしごと視点をちょっとプラスするだけでお子さんの夢を実現させる!そんな子育てに興味のあるママは、今あるお悩みの解決の糸口をさぐりお子さんの未来の話をしましょう!
 
 
また、お子さんの脳を楽しく成長させてママも楽になれる方法をこちらの無料電子書籍でもお伝えしています。
 
 

忙しいママの味方!やる気のない低学年発達凸凹キッズの脳がお手伝いで変わる!こども社長プロジェクト簡単な4ステップワーク付き♪はこちら↓↓

▼自分でお支度も宿題もできる子になる!お子さんのやる気がぐーんとアップ
 
 
▼個別相談お申し込みはこちら▼
 
 
子どもがおうちで社長に育つ?!子どもの将来が楽しみになる情報を多数お届けします!
▼無料で毎日情報をお届けしています

 
 
執筆者:成瀬まなみ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)

 

-グレーゾーン, コミュニケーション
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.