グレーゾーン 小学生

勉強が苦手な発達障害の子どもが自分から勉強しよう!と思えたわが家の学習法

更新日:

発達障害の子どもは勉強が苦手なことが多く、宿題をやらなくて困っています!というお母さんが多いですね。実はわが家もそうでしたが、子どもの好きな活動から今は自然に宿題に取り組める子になってきました。今回わが家でうまくいった学習法をお伝えします。
 

【目次】

 

1.お子さんは勉強へ抵抗感をもっていませんか?

 
 
皆さんのお子さんはお勉強、好きですか?学ぶことに抵抗感はないですか?
 
 
発達障害のある子どもは脳の特性により、明らかな知的障害がないにも関わらず勉強が苦手なお子さんが多いようです。
 
 
わが家の発達凸凹のある娘も勉強が苦手です。
 
 
毎日の宿題はできればやりたくないと、学ぶことに拒絶反応ともいえる態度でゲームやYouTubeを見放題です。
 
 
自分から宿題に取り組む様子はなく、なんとか勉強してもらいたい私の気持ちとでは大きな隔たりがありました。
 
 
しかも、だんだんと学年が上がっていくうちに、勉強する内容も難しくもなっていくため、さらに取り組むことのハードルも上がっていきます。
 
 
娘は宿題はやらないといけないとは思っているので、向き合わない時間が経つにつれてプレッシャーからかイライラしてきます。
 
 
 
 
 
「今日は宿題済んだの?」と聞くだけで娘はいやな顔をするので、できれば何も言わないでおきたいのですが、私もつい小言を言ってしまい、さらに険悪なムードになってしまいます。
 
 
なんとか学校の勉強は理解していて欲しい、もう少し学ぶことに抵抗感がなくなって欲しい。
 
 
勉強が苦手で学校の授業についていけないとなると、学校に行っても面白くないでしょうし、自分には分からないんだと自己肯定感も下がってしまうのではと心配が絶えませんでした。
 
 
 
 
皆さんのご家庭でも、もしかしたら似たような状況ではないかと思い、今回わが家でやってみた対応についてお伝えしたいと思います。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害の子どもはなぜ勉強するのが苦手なの?

 
 
そもそも、知的障害がないにも関わらず、なぜ発達に凸凹があることで勉強が苦手になってしまうのでしょう?
 
 
これには、発達障害の特性による様々な原因があります。
 
 
例えば
 
 
・字を読んだり、書いたりすることが苦手で時間がかかり、授業についていけない。
 
・耳から聞いたことを忘れてしまい、なんて言われたか分からなくなってしまう。
 
・周りの音や光が気になって授業に集中しにくい。
 
 
など、特性によって勉強が苦手になりやすい要素がいくつもあるのです。
 
 
さらに、こういった特性が原因で学校での授業につまずいてしまうと余計に勉強に対して苦手意識が芽生えてしまい、抵抗感が増してしまいます。
 
 
 
 
よく分からない、面倒くさい、慣れていない、楽しくないというのも子どもが勉強したがらない理由です。
 
 
これは、大人の私たちに置き換えて考えてみると分かるかもしれませんが、確かによく分からないこと、難しいことは誰でも尻込みしてしまいますよね。
 
 
それでも、親としては知らないことを知る、学ぶ楽しさというのは教えてあげたいと思うのです。
 
 
そんな中、小学校高学年ともなると宿題はだんだんと難しくなっていきます。
 
 
ある日、娘の宿題が「明日理科のテストがあるので、〇ページから〇ページまでをノートにまとめて復習をする」というものがありました。
 
 
中学生になると宿題さえやっていればテストでいい点を取れるということはなくなり、自分で分からないところを勉強し理解していかなければいけません。
 
 
その前段階といった宿題ではありましたが、娘にとっては一体何をどうすればいいのか、まとめるって何が正解なの?と手が止まってしまいました。
 
 
一体、どうすれば、勉強するのに抵抗感がなくなり、スムーズに復習をすることができるのでしょう?  
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

3.娘がハマった!自然に勉強し始めた方法

 
 
まず、なぜ宿題をやらなければいけないか?と考えてみると、それは学校で習ったことを復習して定着させるためですよね。
 
 
けれども、定着させるためとはいえ、苦手な書くことを宿題で何度もしなければならないとなると苦行でしかない。
 
 
だったら、どうやって苦行をせずに復習し定着させていくか?
 
 
わが家では、まず子どもが好きそうな活動からやってみることしました。  
 
 

◆難しい宿題には簡単動画検索

 
 
最初に試したのは動画検索です。
 
 
動画は普段から子どもが慣れ親しんでいるもので、これが学習に結び付いていても抵抗感は低いようです。
 
 
子どもが授業で分からないことや、今回のようなテストの準備のために例えば、「小学5年生 理科 花から実」と動画検索をすると意外と多くの動画がヒットします。
 
 
その中から、いくつか見ていくとちょうど習った内容の動画が出てきて、その動画の中で先生が詳しく説明してくれるという具合です。
 
 
学校ではみんなと一緒でざわざわして集中できなかったことが、家という安心できる空間、そして見慣れた動画というツールを使うことによって、より集中して学べるのです。
 
 
また、説明されている内容をノートに書き留めなくても、分からなくなれば何度も見返すことができます。
 
 
さらに動画を配信するくらいですから、子どもの興味を引くような上手な説明をしてくれています。お母さんが教えるよりもずっと抵抗なく子どもも受け入れることができるようです。
 
 
おかげで娘も「分かったよ~!」と宿題が苦痛だったとは思えないような爽やかな顔で勉強することができました。 
 
 
 
 
 

◆漫画本で学習することで抵抗感をなくす

 
 
動画のほかには、漫画を利用するのもおすすめです。
 
 
子ども向けの漫画で描かれた歴史の本はいくつもありますし、理科だとサバイバルシリーズが子どもに人気のようです。
 
 
算数や国語も人気のキャラクターが説明してくれる漫画もありますので、お子さんが興味を示してもらえそうなものを選んでみてください。
 
 
その時に注意したいことは、無理強いはしないこと。
 
 
子どもが読んで楽しいと感じたら、自分から次々興味を示してくれます。
 
 
お母さんが勉強させようとしてる!と思われると抵抗感が出てくるので、分からないようにさりげなく、面白かったからよかったら読む?くらいの方がいいかもしれません。
 
 
教科書だと分からなかったことでも、漫画という子どもが好きで楽しいものであれば興味も湧きやすくなりますよ。
 
 
さらにたとえ学校で習うのが後になっても「あ、それ漫画に出ていたから知ってる!」と授業にも身が入りやすくなりますね。
 
 
娘は動画と漫画で勉強することの抵抗感が下がったのか、自分から分からないところは動画で探して学習するようになってきました。
 
 
学校のテストは満点とまではいきませんでしたが、十分合格点がもらえるようになりました。最近では「学校の勉強は分かるよ」と、ますます学習への自信につながっているようです。
 
 
今回の学習法は出された宿題をきちんとこなす、ということはできていないかもしれません。
 
 
けれども、宿題を済ませることが勉強の本来の目的ではないですよね。
 
 
動画や漫画はとっかかりに過ぎないかもしれませんが、さらに知りたい、学びたいと子どもが思ってもらえるなら、やってみる価値はあるのではないかと思うのです。
 
 
ぜひ、勉強苦手!と抵抗感があるお子さんにすすめてみてくださいね。  
 
 
 
 
 
 
子どもの特性にあった勉強法を知りたい方へとっておき情報を配信しています♪
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:井上喜美子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

 

-グレーゾーン, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.