ADHD グレーゾーン

発達障害・ADHDの子どもの多動症が落ち着いてくる3ポイント

更新日:

落ち着きがなくて途中でやりっぱなし…こんなことで頭を抱えたご経験はありませんか?発達障害・ADHDの子どもは特性として多動症を持つ子がとても多いです。一見問題行動に見られがちな多動症を強みへと変化させるポイントをお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害・ADHDの子どもの多動症とは

 
 
「もう!早くちゃんと着替えてよ!」
「ごはん中!!座って食べて!」
「片付けてから遊びなさい!」
 
 
こんな声掛けをしたことはないでしょうか。
 
 
発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもは多動症という特性を持ち合わせています。
 
 
・着替えてる途中で遊び始めた
・ごはんの途中立ち歩く
・次から次へとおもちゃを出して一向に片付かない
 
 
こういった落ち着かない行動をしてしまうのが特徴として挙げられますが、はたから見ると「集中力がない」「落ち着きがない」という風に見られがちです。
 
 
お母さん自身、もし特性とわかっていても何度も何度も繰り返していけば業を煮やしてつい強い口調で言ってしまう、なんてこともあるかと思います。
 
 
 
 
ただ、そもそもまだまだ脳が未熟な子どもたち。
 
 
一般的にも子どもの集中力は大人よりも短く大体このくらいしか続かないと言われています。
 
 
幼児期… 年齢+1分程度
小学校低学年… 15分程度
中学生… 30分程度
高校生… 45分程度
 
 
更にADHDの子どもは多動症の特性に加えて、視覚優位といって目から入る情報の処理が得意な傾向があるため、目に入ったものに「あれは何だろう?」と意識をむけてしまいがち。
 
 
そのため今取り組んでいることがあっても他の情報が脳に入ってくると、取り組んでいること自体を忘れてしまうという状態が起こるんです。
 
 

▼時間が来たら即終了!をやめた親子の変化とは?

 
 
 

2.特性を理解できなかった母と、多動症を抑えられなかった息子のバトル

 
 
我が家の息子はADHDの特性の中でも、多動性・衝動性が強い子でとても落ち着きがありません。
 
 
止まっている時間があるんだろうか?というくらい常に動いていました。
 
 
特に困るのがご飯をこっちで食べてはあっちでも食べて
 
おもちゃをこっちで広げては、今度はあっちでも広げて…
 
 
というように1つの行動をいたるところで行うので、食べかすはそこら中に落ちていて、おもちゃも家じゅうに散らかっているという状態が常習化していました。
 
 
息子も視覚優位の強い子のため、いくら口で伝えても理解してもらえず
 
 
「片付けないなら捨てるよ!」
「じっと食べられないならあげないよ!」
 
 
怒鳴ってばかりいました。
 
 
もちろんこのような本人を否定する言葉は好奇心自体を削ってしまい、子どもの自信喪失にもつながってしまいます。
 
 
案の定、息子の多動は私が怒れば怒るほどひどくなっていきました。
 
 
 
 
そればかりではなく注意すると大声で威嚇し、物を投げるという行動にまで悪化していってしまったんです。
 
 
ですが対応を変えた今ではすっかり落ち着き、静かに座って目の前のことに集中できる時間も増えてきています。
 
 
特性ではあるので完全に多動がなくなったわけではありませんが、以前のよくやっていたハサミを急に持ち出し走り回るなどの危険行為は格段に減りました
 
 

3.特性は見方を変えれば強みの原石になる!

 
 
発達障害・ADHDの多動症は目立つ行動が多いためにどうしてもネガティブなイメージがつきやすく、子ども自身も怒られる機会が多いのが現状です。
 
 
つい悪い部分に視線が注がれがちですが、この落ち着きのなさは決して悪い面ばかりではないんです。
 
 
例えば落ち着きのなさは、見方を変えれば行動的でアグレッシブ
 
 
チャレンジ精神旺盛なワクワクを探す天才とも捉えられないでしょうか。
 
 
集中力がないとも言われがちですが、その分アンテナが高く情報に敏感
 
 
新しいものの発見力も高いので、うまく伸ばせば幅広い見識をもつことも可能です。
 
 
そしてその見識の広さを糧に独創的な発想力を生み出し、口につい出てしまうことも見方を変えれば強い発信力にもつながります。
 
 
このように強みに転換できる原石を沢山持っているんです。
 
 
  
 
 
その原石を磨くには何が大切か。
 
 
そう、子どもたちの良さをどんどん引き出してあげる周りのサポートなんです!
 
 
ですから子どもが小さいうちからこちらがしっかり特性を理解し、それに合わせた対応をしてあげることがとても大切なんですね。
 
 

▼今月のミラクルストーリー:分離不安で母子登校…
24時間ママママ地獄を卒業したママのストーリー公開中!

 
 
 

4.多動症を落ち着かせ、強みへと転換させる3つのポイント

 
 
ではどうするのか。 ここでのポイントは3つ。
 
 

◆①タイミングよく声をかける

 
 
1つ目は集中力が切れそうなタイミングで声をかけてあげること。
 
 
「着替えてるね!」
「歯磨いているね!」
 
 
と実況中継するだけでOK。
 
 
そうすると一度切れそうになった集中力を戻すことが可能です。
 
 
お子さんによってはそこにプラスして
 
 
「え!もうそこまで着替えられたの?はや~い!」
 
 
なんて少しオーバーに言ってあげるとスピードアップすることもあります。
 
 
そしてできたら思いっきり褒めてあげる。
 
 
そうすることでやる気が生まれ、次回もやろうという気持ちが湧いてきます。
 
 

◆②興味が逸れそうなものを視界に置かない

 
 
2つ目は、気になるものがある場合は事前に見せないように工夫すること。
 
 
落ち着いた空間で行うことで、他に興味が移らず集中力を保つことができます。
 
 
朝のお仕度がスムーズにいかない場合は、洗面所などの狭い空間である程度すましてしまうのも良いかもしれません。
 
 
我が家では本人のブームであるYouTubeをタブレットで見る機会が多く、すぐに見たがってしまうため、 身支度が終わるまでは目に触れないところに隠し、
 
 
「お仕度が終わったら(タブレット)が出てくるよ~」
 
 
ご褒美として渡すようにしています。
 
 

◆③家の環境を整える

 
 
そして3つ目はおうちのゾーニングを明確化すること。
 
※ゾーニングとはどの場所で何をするのか一目でわかるよう工夫することを指します。児童発達支援教室ではパーテーション等を活用することもあります。
 
 
例えばキッチンは料理をするところ、浴室は入浴するところという風に、どこで何をするかを間取りである程度は分かれているかと思います。
 
 
ただリビングとダイニングはつながっていて、 まだ小さいお子さんだとリビングがおもちゃを広げるスペースになっているご家庭も多いのではないでしょうか。
 
 
その場合、ご飯を食べる場所も、遊ぶ場所も、着替える場所も、子どもにとっては全て同じ場所のように感じてしまう可能性があるのです。
 
 
結果的に最初にお話した通り、あっちこっちでおもちゃやお菓子が散らかるという現象が起こってしまいます。
 
 
ゾーニングをしっかり明確化してあげることで、 ここは遊ぶ場所、ここは食べる場所と本人が認識していき、徐々に落ち着いた行動が増えてきます。
 
 
 
 
大きな配置換えをしなくてもラグで区切るのでもよいかもしれませんし、一緒にここは何をする場所だよと話しながら決めていくのもよいかもしれませんね。
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
以上の3つのポイントを意識したことで、我が家は今ではおもちゃも散らかる範囲が狭くなり、 おやつもテーブルの上で食べる習慣がついています。
 
 
時々忘れてしまう場合もあるのですが、一声かけると決められた場所に戻ってきてくれます。
 
 
お子さんにあった対応をぜひ試してみてくださいね。
 
 
家の中をちょっと変えるだけで!「手が出てしまう子が」おだやかに話せるようになる。
~即行動できる超簡単マル秘テク付~
 
 
▼1アクションできるお家の環境づくり!つい手が出てしまう発達凸凹幼児の対応にお悩みのママさんはこちら▼
 
 
落ち着きがない子が自然と落ち着いてくる秘訣を多数お伝えしています。
▼ご登録はこちらから
▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:仲田なぎさ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-ADHD, グレーゾーン
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2022 All Rights Reserved.