ADHD グレーゾーン

発達障害・ADHDの子どもが片付け上手になる〇〇を意識した声かけ

更新日:

 

片付けがいつも中途半端で「まだ残ってるよ!」とつい口を出してしまったことはありませんか?実はこれ発達障害・ADHDの特性にある「不注意」だけではない可能性があるんです。〇〇を意識した声かけなら子どもがお片付け上手に変わりますよ!
 

【目次】

 

1.自分の理想を押し付けてやる気を阻害してしまった私の失敗

 
 
片づけはするんだけど、あちこちにまだ残ってる…
 
目の前にあるのに何で気付かないの?
 
 
中途半端に終わらせる様子に、「まだ残ってるよ!」とつい口を出したくなることありませんか?
 
 
以前私は「片付けないなら捨てるよ?!」と毎日のように言い続けていたママでした。
 
 
そして我が子は発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)傾向を持つ5歳の男の子です。
 
 
ADHDの子どもは、元々不注意という特性から片付け下手であることが多いと言われています。
 
 
ただ年齢が小さい場合、それだけが理由ではない可能性があるのです。
 
 
今回は私の失敗談を通して、お子さんが片付け上手になるための、ママに意識してほしいポイントをお伝えしますね。
 
 
当時私は家がきれいであってほしい、子どもが片付け上手になってほしいと強く思っていました。
 
 
発達障害・ADHD傾向のある息子にとっては片付けるという行動はとてもレベルが高いものであるにも関わらず
 
 
「片付けよう!ほら、こうしたら簡単でしょ?」
 
 
自分のやり方で自分の理想を押し付けていたんです。
 
 
けれど、一向に本人のやる気を引き出すことにはならず、結局はすぐ散らかるおもちゃたち。
 
 
次第に「息子は片付けが嫌い。やる気がない!」とフィルターをかけて見てしまい、たとえ息子が片付けを頑張った日であっても
 
 
「ねぇ!まだあっちにも落ちてるよ!片付けられないなら広げないでよ!」
 
 
と自分の理想とは違う家の姿だけにフォーカスして、息子の行動を見ることはなかったんです。
 
 
 
 
これでは本人のやる気も上がるわけがないですよね。
 
 
どうして伝わらないんだろう
どうしてやってくれないんだろう
私のしつけが悪いのかな。
 
 
あまりに散らかる家と怒ってばかりの自分に嫌気がさして調べた結果、
 
 
片づけられない一つの理由に「大人と子どもの〇〇の違い」があるということに気付いたんです。
 
 

▼時間が来たら即終了!をやめた親子の変化とは?

 
 
 

2.発達障害・ADHDの子どもが上手にお片付けできない…それって〇〇の違いが原因かも

 
 
その違いとは「視野」です。
 
 
大人と子どもでは視野の広さや視力に違いがあることをご存知でしょうか。
 
 
一般的には6歳くらいで大人と同じくらいの視力(1.0)に成長すると言われていますが、視野は、大人と比較すると約6割程度になります。
 
 
【大人】  水平(左右)150° 垂直(上下)120°
【子ども】 水平(左右)90°  垂直(上下)70°
 
 
(図参照)東京都福祉保健局    
 
 
そのため、大人の目線で声掛けをしても 「見えない」ため理解できない・気づかない可能性があります。
 
 
大人から見れば中途半端な状態であっても、子どもにしてみたら完璧にできたと思っているケースも十分に考えられるんです。
 
 
更に、発達障害・ADHDの子どもは不注意という特性を持っているため、その「見えない」ことに対して注意を払うことが中々難しいんです。
 
 
つまり、視野の違いが本人はわざとじゃなくても大人にしてみたら中途半端になっている…
 
 
という状態を作りやすくしてしまっているんですね。
 
 

▼今月のミラクルストーリー:分離不安で母子登校…
24時間ママママ地獄を卒業したママのストーリー公開中!

 
 
 

3.こんなことを意識して子どもをお片付け上手しよう!

 
 
冒頭でもお伝えした通り、視野の違いに加えて発達障害・ADHDのお子さんは不注意という特性を持っています。
 
 
そのため子どもの目線をしっかり意識した声かけが大切になってきます。
 
 
ではどんなことに注意したらよいのでしょうか。
 
 
 
 

◆お母さんが注意を向けたいことと子どもの視点が合っているか

 
 
例えば「おもちゃのお片付けしてね」とこちらが口頭のみで伝えたとします。
 
 
その時子どもがもし他のことで遊んでいたら、そもそも片付けるべきおもちゃが視界に入っていない可能性がありますよね。
 
 
そうすると本人が片付けすることに抵抗がないとしても
 
 
「え、どこ片付けるの?」
 
 
となってしまい、行動に移すことができません。
 
 
しっかりと
 
 
「ここに集まったおもちゃを、箱に片付けてね」
 
 
本人が片付けるおもちゃを認識するように目線を向けさせてあげることが大切です。
 
 
 
 
 
そして
 
 
「あれ?まだお家に帰れていないおもちゃがいるね。 グルって回ってみて~いるかな?」
 
 
などと自分の周りに残っているか本人が確認するような声かけをプラスしてあげるとさらにいいですね。
 
 
もしご年齢の低いお子さんであれば、一緒に取りに行くのもおすすめです。
 
 

◆褒めるのは完ぺきではなく行動できたこと

 
 
2つ目は指示に対して完璧にこなしていなくても決して責めず行動できたことをほめること
 
 
先ほどの図でもわかるように、子どもは意外と足元が見えていません。
 
 
ですから、「できたよ!」と言ってもまだちらほらおもちゃが残っていることも。
 
 
「まだ残っているじゃない!」
「できてないじゃない!」
 
 
ここでこんなフレーズは決して使わないように注意!
 
 
片付けが一気にネガティブなものとして記憶されてしまうため、 大人から見て途中であってもポジティブな記憶として残るように
 
 
「だいぶすっきりしたねー!」
 
 
 
 
まず褒めることを意識してください。
 
 
片づけに対して苦手意識が減ると、どんどん上手になっていきますよ。
 
 
いかがでしたでしょうか。
 
 
お子さんとの感覚のずれはもしかしたら視野にあったのかも?
 
 
そう考えると、少し接し方も変わりイライラも減らせるかもしれませんね。
 
 
家の中をちょっと変えるだけで!「手が出てしまう子が」おだやかに話せるようになる。
~即行動できる超簡単マル秘テク付~
 
 
▼1アクションできるお家の環境づくり!つい手が出てしまう発達凸凹幼児の対応にお悩みのママさんはこちら▼
 
 
ママの気持ちが軽くなる、お子さんへの指示がすんなり通る秘訣を多数お伝えしています
▼ご登録はこちらから
▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:仲田なぎさ
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-ADHD, グレーゾーン
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2022 All Rights Reserved.