学校に行けない理由が分からない…不登校になる心配をする前にお母さんにできること

 

朝になると登校を渋る子どもの「学校に行けない理由が分からない…」に焦っていませんか?お母さんが登校することに必死になると、ますますこじれて不登校になってしまうかもしれません。落ち着いてお子さんのペースに合わせた対応をしてあげましょう。
 

【目次】

 

1.学校に行けない理由が分からない

 
 
最近、登校しぶり不登校という言葉をよく耳にしますよね。
 
 
・学校生活に馴染めない
・集団生活や行動が苦手
・発達障害による感覚過敏や学習障害 
・母子分離不安
 
 
など、その理由は様々で、子ども一人ひとり違います
 
 
子ども自身が「学校には行きたくない」とハッキリ決める場合は、子どもの気持に寄り添って学校に行かない選択をするご家庭も増えてきています。
 
 
今は、フリースクールやオンライ学習など学びの場所も学校だけではなくなってきています。
 
 
お子さんにあった学びの場所を学校以外で求めることもできるようになってきて選択肢がひろがってきていますよね。
 
 
しかし、「学校に行きたいけど行けない…」と学校に行きたい気持ちはあるのに、本人にも理由が分からずに行き渋りを起してしまうお子さんもいます。
 
 
実はこの「学校に行けない理由が分からない」というお子さんもたくさんいるのです。
 
 
特に連休明けや長期休業あけなどは、お子さんの学校に対する気持もいまいち上がらないこともありますよね。
 
 
そんな時にお母さんが無理やり学校に行かせようとしたらどうなるのでしょう?
 
 
「学校に行けない理由が分からない」という場合は対応を間違えると不登校につながりやすいです。
 
 
ですから、お母さんの対応に注意が必要です。
 
 

\最新教材 無料プレゼント/
1学期のうちに集団トラブルを
解消したいママへ

学校では教えてくれない
一生困らない対人スキルの育て方
↓↓↓

 
 

2.どうして理由が分からないの?

 
 
お母さんからしてみれば
 
 
「学校に行けない理由がないのにどうして?」
 「学校に行きたいのに何で行けないの?」
 
と、子どもの言葉と行動が矛盾しているように感じてどうしてよいのか分からず悩んでしまい、対応が難しいですよね。
 
 
「学校に行きたいけど行けない」
「はっきりした理由がないのに登校をしぶる」 
「朝になると元気がなくなっていき渋りをする」 
 
という子どもの気持ちや状況を目の前にするとお母さんも辛いと思います。 
 
 
私も、現在小学4年生の息子が2年生の頃に理由のない登校しぶりを起こして悩んだことがありました。 
 
 
 息子は注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの元気いっぱいの明るい性格です。
 
 
しかし、特性からくる困難なこともあり一年生の秋から学校生活が上手くいかなくなりました。
 
 
それでも学校や友達が好きで学校に通っていましたが、2年生のある朝、「学校に行きたくない…」と言いました。
 
 
その言葉に「どうして行きたくないの?」と問いかけると…「分からない」とポツリ。
 
 
学校に行けない理由がないのに行きたくないってどういう事?と思ってしまいますよね。しかし、本当に子どもの心にはっきりした理由はないのです。
 
 
当たり前のようにみんなと同じように小学校に入学して学校生活を送る中で、一人ひとりの特性によっては困りごとが大きくなることがあります。
 
 

 
 
すると、知らず知らずのうちに心身共に疲れてしまうのです。
 
 
息子はADHDの特性から、みんなと同じように授業に取り組むことが苦しかったのかもしれません。
 
 
精神的な発達もゆっくりで感情のコントロールも苦手なために友達とのトラブルも出ていました。学校で過ごす中で嫌だった出来事が少しずつ増えていったのです。
 
 
それでも学校には行きたいという気持ちで登校していたのですが、そんな日々の積み重ねが次第に心を重くし、自分自身に自信もなくなっていってしまったのだと思います。
 
 
息子の様子からも分かるように、発達障害・グレーゾーンの子どもの「学校に行けない理由が分からない」には
 
 
➀学校生活の中で起こった嫌なことの記憶の蓄積

➁学校生活で頑張っていたけど上手くいかない自分に対する自信喪失 
 
によるもです。
 
 
ですから、はっきりとした理由が子どもにはないのです。
 
 
学校に行きたいのなら行かせてあげたいのが親の気持ちですよね。
 
 
だからといって、間違った対応をしてしまうと不登校になってしまうこともあります。
 
 
ですから、お母さんの対応がとても大切です。
 
 

\ダウンロード終了まで、あと4日
たった3ヶ月で”育てにくさ”を卒業できるおうち発達支援のヒミツとは

 
 

3.本当は行きたい!だけど学校に行けない子どもへの対応

 
 
本当は学校に行きたい気持ちがあるけれど、学校に行きたくない理由も分からなくて行き渋りを起こしてしまう息子に対して、私がどのように対応したのかをお伝えします。 

◆無理に登校させないで待つ

 
 
息子は「学校に行きたくない」と言った日から1週間、学校を休みました。
 
 
学校に行かない息子に対して、「このまま学校に行かなくなったらどうしよう…」という不安もありましたが、息子が「行く。行きたい」と言うまで待ちました
 
 
その後、息子は自分のペースで学校に行くことができるようになりました。
 
 
学校に行かない子どもとどう過ごしたらよいの?と思う方もいますよね。息子が1週間お家でどのように過ごしたかはこちらの記事をご覧ください。
 
 
 
 

◆朝から登校できなくても良い

 
 
学校に登校し始めたからと言って毎朝すんなりと登校できたという事はありませんでした。
 
 
朝登校しようとするとお腹が痛くなり、何回もトイレと玄関を行ったり来たり。思うようにいかずに玄関で大泣きして暴れる日が続きました。
 
 
まさに「行きたいのにいけない…」そんな苦しい思いをしている息子に「自分のタイミングで良いんだよ。遅刻しても大丈夫」息子が落ち着くのをそっと待ちました
 
 
数週間かかりましたが、息子の登校前の腹痛はなくなりました。そして、遅刻でも自分のタイミングで登校できるようになりました。
 
 

 
 

◆先生と連携して共通理解をする

 
 
息子は教室には入れましたが、「本を読む」という事で心を落ち着かせているようでした。ですから、授業中は教科書ではなく好きな本を開いていました。
 
 
それでも先生はみんなと一緒に教室に居るという息子を認めてくれました
 
 
無理に教科書を開かせることはせずに、本を読んでいても先生の質問に意識を向けた息子に目を向けて声をかけてくれたり、発言させてくれたりしました。
 
 
どんな形でも授業に参加している息子に寄り添った対応をしていただいたおかげで、学校に行くことができたのだと思います。
 
 
苦手や困りごとを抱えている子どもにとって、担任の先生の理解や対応はとても重要です。
 
 
お母さんが先生とのより良い関係を気づいて、子どもをサポートしてもらえるように共通理解をもって見守っていくことが大事ではないでしょうか。
 
 
いかがでしたか?
 
 
学校に行きたいけど理由が分からなくて困っている子どもには
 
 
➀無理に登校させないで待つ
➁朝から登校できなくても良い
➂先生と連携して共通理解をする 
 
 
この3つがポイントになります。家では焦らずに子どもが動き出すのを見守り、学校では先生に協力してもらいながら、子どもが学校で過ごせる対応をしていきましょう。 
 
 
↓↓お母さんが上手に子どもの登校しぶりに対応する秘訣が分かります!
▼ご登録はこちらから

 


※メールにてお届けします!

 
 

 
 
執筆者:さとう みな
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
タイトルとURLをコピーしました