小学校低学年の子もできる!読書感想文の書き方のコツ

 

夏休みの宿題で頭を悩ますものとして読書感想文がありますね。このやりたくない読書感想文ですが視点を変えると子どもの発達にとても効果的な課題です。今年は子どもの脳を発達させたいという視点から取り組んでみるのはいかがでしょうか?
 

【目次】

1.読書感想文が夏休みの宿題として出され続けている理由

 
 
私たち親世代からずっと変わらず夏休みの宿題として出されている読書感想文。
 
 
何を目的としてこのような宿題が出されるのでしょうか?考えたことはありますか?
 
 
夏休みは時間がたくさんあるので、いつもとは違う読書の仕方をすすめています。
 
 
普段は読んで頭の中に感想が浮かんで終わってしまう読書ですが、もう少し踏み込んだ読書を求めているのが夏休みの読書です。
 
 
本を読んで浮かんできた感想をそのままにしないで、文字に起こすことを目的としています。
 
 
文字に起こすことで自分の経験を振り返り、新しい意味づけをすることが出来ます。
 
 
感じたことを文章にすることで、考えを深めることができ、それをまとめる力も必要になります。また、別の考えや気づきを得ることもできます。
 
 
本を読んでそれを文章にするという作業をすることで、自分と向き合う時間と経験となり、とても大切な機会となります。
 
 
 
 
これから成長していく子どもたちにとっては、自分の気持ちに気付き、また他の考えや意見に気付くことはとても大切なことですよね。 そして、その考えをまとめて伝えていくことも大切なことです。
 
 
そのような子どもの将来を見据えて読書感想文という課題は出され続けているのではないでしょうか。
 
 
しかし、小学校の低学年の子どもにとってハードルが高い課題ということには間違いありません。
 
 
どのようなところが難しいと感じるのでしょうか?
 
 

冬休み、ゲームしかしない子を
一気に発達させる大チャンス到来!
↓↓↓

 
 

2. 小学生の子どもが読書感想文を書けないのは当たり前

 
 
読書感想文の宿題は、小学校によっては、低学年では出さない学校もあるかもしれません。しかし、1年生から夏休みの宿題に読書感想文を出す学校もあるのです。
 
 
その場合、1年生の子どもが自分で読書感想文を書けることは、ほぼありません。なぜなら、1年生の1学期には、長い文章を書くことはないし、書き方を習うこともないからです。
 
 
その上、読書感想文用に読む本が、今まで読んだ本の中で一番長いものだったりする場合もあります。
 
 
ちなみに、低学年の読書感想文は、通常、本文が800字以内という長さです。一般的に使われることが多い400字詰原稿用紙で2枚です。
 
 
読書感想文がどういうものかを聞かされた子どもは、
 
 
「どんな本を読むの?」
 
 
「何を書けばいいの?」
 
 
 
 
と、まったくどうしたらいいのか分からないようでした。
 
 
親もどのようにサポートをしたらいいのか分からずに、途方にくれました。
 
 
そこで、自分の経験や読書感想文の書き方を調べた上で、試行錯誤しながらサポートをしました。低学年のうちは徹底的にサポートした子どもたちも、高学年になったら、自分で読書感想文を書けるようになりました。
 
 
この記事では、そんなサポート方法をご紹介します。
 
 

\無料小冊子最新刊リリース/
「朝だけ」登園しぶりする子への
正しい対応が分かる本
↓↓↓

 
 

3. 読書感想文を書いてみよう!親の必須サポートとは?

 
 
最初にハッキリとお伝えしたいのが、読書感想文をいきなり子ども一人で書けるようになるというのは不可能です。
 
 
書けるようになるにはお母さんやお父さん、またはその他の大人のサポートが必須となります。
 
 
以下、書き上げるまでの工程で必要なサポートをお伝えしますが、さすがにこれだけのことを子ども一人でやるのは大変だと実感すると思います。
 
 
ですので、今年の夏休みはサポートが必要な課題なのね、と事前に思っていただけたら段取りよく準備が出来ると思いますので参考にして下さいね。
 
 

♦①本選び・課題図書にこだわらず読みやすい本を選ぼう!

 
 
読書感想文を書くにあたって、一番重要なのは本選びです。読書感想文の本と言えば、一番なじみがあるのは課題図書ですよね。
 
 
課題図書は、それぞれの学年に合わせて、数冊ずつ指定されています。もちろんこの中に、子どもが気に入った本があれば、それで書いたらいいのです。
 
 
でも、読みたいと思う本がないのに、無理やり課題図書の中から選ばなくてもいいのです。
 
 
小学校の夏休みの宿題として出される読書感想文は、「青少年読書感想文全国コンクール」に応募することが前提になっていることが多いですが、課題図書のほかに、自由に選んだ図書で書いてもいいことになっています。
 
 
読書感想文の本は、課題図書かどうかよりも、子どもが
 
 
・共感できる本
 
 
・ワクワクして楽しく読める本
 
 
・興味・関心に関係する本
 
 
を、子どもの意見を尊重して選ぶことが肝心です。
 
 
そして、お母さんも子どもが選んだ本を読んでおくといいでしょう。この後、質問などをする時に内容を知っているとより具体的なところまで聞くことができます。
 
 
 
 

♦②子どもの気持ちをインタビューしてメモをとる

 
 
本を読みながら、気になる箇所には付せんを貼っていきましょう。
 
 
読み終えた後には付せんのある個所について、お母さんが質問をしていきます。
 
 
「どうしてこの本を選んだの?」
 
 
「この本はどんなお話だった?」
 
 
「この本で一番面白かったところはどんなところ?」
 
 
「どうしてそこが気になるの?」
 
 
「どうしてそう思ったの?」
 
 
「この主人公と同じようなことをやったことはある?」
 
 
「もし自分だったらどうする?」
 
 
「この本を読み終わったとき、どう思った?」
 
 
など、お子さんに合わせて、答えられそうな質問をしていきます。
 
 
このインタビューの答えが読書感想文の内容になります。
 
 

♦③親子で一緒に文書を組み立てる

 
 
② で集めたインタビューの答えを、どういう順番で並べるかを考えます。これは、親子で話し合いながら進めていきます。
 
 
例えば、始めに、どうしてこの本を選んだのか、この本のあらすじなど、本の紹介を並べます。その後に、面白かったところやどうしてそう思ったのかなど、本の内容に関する感想を並べます。
 
 
最後に、この本を読み終わってどう思ったのか、参考になることはあったか、などでまとめると、読書感想文の形になります。
 
 
なお、②で行ったインタビューだけでは内容が不足しているときは、さらに質問を重ねて、内容をふくらませていきます。
 
 
 
 

♦④下書きは親、清書は子どもがする

 
 
<下書き>
 
 
読書感想文のように文字数が決まっているものは、一度原稿用紙に下書きしなければ、文字数が分かりません。
 
 
また注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの子どもは、書いている途中に文字を抜かしてしまったり、同じことを2回書いてしまったりすることがあります。
 
 
文字を書くだけでも大変なのに、それ以外のところでつまづいてしまうと文章を書く意欲がなくなってしまいます。
 
 
そのため、私は、親が下書きをすることをおすすめします。
 
 
手書きでもパソコンでもいいので、文字数が分かるように書いていきましょう。
 
 
<清書>
 
 
いよいよ、清書のときがきたら、子どもに原稿用紙に書いてもらいましょう。原稿用紙に書き写すだけですが、これも一筋縄ではいきません。なぜなら、ADHDタイプのお子さんは、行や文字を抜かして写してしまったりするからです。
 
 
それを全部書き終わってから気づいたら、書き直しになってしまいます。
 
 
ただでさえ文字をたくさん書くことが苦手な発達障害の子どもの場合、癇癪を起こして、一切書かなくなる可能性が高くなります。
 
 
そのため、私は子どもの横に座って、正しく書き写しているかどうかをチェックしながら、ところどころで、「上手に書けてるね」「もうこんなに書けたの!」とモチベーションが上がる声かけをしていました。
 
 

♦⑤子どもの発達を視野にいれながら

 
 
最初にお伝えしましたが読書感想文という宿題を出されているのには理由があります。
 
 
子どもが自分自身の気持ちに気付いたり、またその他の考えに気付き、それを自分なりのことばで表現していくということが狙いです。
 
 
自分の気持ちを伝えるというのは、この先ずっと必要となってくるスキルですね。
 
 
普段、なかなか気持ちの面に気付きにくいような自閉症スペクトラム症(ASD)タイプのお子さんが、コミュニケーション能力を高めるには、お母さんからインタビューしてもらうことで会話が生まれます。
 
 
 
 
そして、お母さんとの会話の中で、子どもはサポートを受けながら多くの言葉を生み出そうと脳を使います。それが脳への刺激となり脳の発達を加速させることになります。
 
 
感想文を仕上げるのには根気もいり、大変な作業ではありますが、最後には大きな達成感を味わえることもできます。
 
 
たかが読書感想文ですが、コミュニケーション能力アップの要素も含まれていると思うと、お母さんの取り組む姿勢も変わるのではないでしょうか。
 
 
嫌いにならないように、最初は親ができるだけサポートし、徐々にそのサポートを減らしていけば、そのうち自分でできるようになります。
 
 
私が試行錯誤した子どもへのサポート方法が、参考になれば嬉しいです。是非、チャレンジしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
パステルキッズの子育てのヒントを毎日無料でお届けしています!
▼ご登録はこちらから
 
 
執筆者:佐藤とも子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました