子どもの生きる力を育む脳育て

文部科学省は

新学習指導要領で、「生きる力」を提唱しています。

 

時代の変化は激しく、

どんな知識を子どもたちに与えたとしても

安心ということはありません。

 

 

もちろん

英語を話せたら100%安心

プログラミングを習得しておけば安心

という確約もありません。

 

そんな時代においても

親としては、

一生子どもたちの支えとなる力を授けてあげたい

ですよね。

 

私はそれが、「生きる力」であり

具体的には

「お子さんの脳を使える脳に育むこと」だと考えています。

 

 

お子さんが

将来どんな仕事をするか

どんな進路選択をするかは分かりません。

 

けれども

脳を使える脳にしておきさえすれば

いつだって、お子さんの力を発揮できる脳になるんです^^

 

その方法が「片付け脳育」。

 

なぜなら片付けは、

学習力や、記憶力など特定の力だけにとどまらず

脳の複数の機能を一度に必要とする作業だから。

脳全体の発達を促すのに適しているんです。

 

片付け脳育は

もちろん勉強にも役立ちます。

ですが、

勉強をさせる前にご家庭で取り組んで

一生役に立つ力をお子さんに授けてあげて欲しい。

 

そのために、今から脳を伸ばしておくことをオススメします^^

 

タイトルとURLをコピーしました