外ではいい子なのに家ではワガママな子にNGな対応

園や学校では

先生の話もよく聞き

問題なく過ごしているのに、

 

家に入った途端、

モンスターと化す子どもたちがいます。

 

我が家の子どもたちもまさにそう!

 

「外で問題がないのならいいじゃない」

「むしろ、家でリラックスできる証拠だよ!」

なんて言われがちですが、

ちょっと待って!

 

いやいや、

毎日家でワガママ放題言われてみて欲しい!

本当に、モンスターなんですから!!

ママは大変なんです!!!

 

 

いったいいつまでこのワガママに耐えたらいいの?

どこまで子どもの要求を飲めばいいの?

私が甘やかしてしまっているから

子どもたちが言うことを聞かないの?

 

と悩みながら子育てしていらっしゃるのでは

ないでしょうか。

 

そんな時に

絶対してはいけないのが

「子どものできていないところに注目すること。」

 

 

なぜなら、

ママがお子さんのできていないことに注目することで

お子さんの望ましくない行動が

強化されている可能性があるから!

 

お子さんは好きなようにいつも行動しているかのように見えますが、

実はママを中心とした大人の反応に基づいて

次の行動を脳が決定しています。

 

ですので、

ワガママを強化したくない場合は、

対応には十分気をつける必要があるのです。

 

まずは、

子どものできていないところに注目するを

やめることが

モンスター子育て卒業の第1歩!

 

ぜひお試しくださいね^^

 

タイトルとURLをコピーしました