やっと一人で手探りしていた毎日から解放されました!

 
 

小学4年生男の子のママ


一人で手探りの毎日で途方に暮れていました

1)発達科学コミュニケーションを学ぶ前はどんなことにお困りでしたか?

 

子どもの特性があって、何をどこからどうすればいいのか一人で悩んでいました。

周りから自信をつけてあげましょうとよく言われるのですが、どうやって身につけるかは誰も教えてくれませんでした。

これからずっと手探りでいくと思うと途方に暮れていました。

 

納得のいく説明を聞いて、すごく前向きな気持ちになれました!

2)講座を受けて、お子さん・お母さんご自身・その他、変化したところがありましたら教えてください。

 

この部分から取り組んでいくと良いと、理由と具体的な説明を聞いてストンと納得できました。

毎日の親子のコミュニケーションで、たまたまではなく確実に子どもの特性に応じた対応ができると感じました。

水を得た魚のように、すごく前向きな気持ちになれました!

 

 

タイトルとURLをコピーしました