ギフテッド男子の才能を爆上げする学び方

この記事では、NAGC(ギフテッドを支援する国際組織)が提唱する。

 

ギフテッドには、断片的な学びは合わない。

 

とは、どういうことなのか?を紐解いていきたいと思います。

 

 

断片的とは、どういうことなのかと言うと

その専門分野だけを学ぶ経験だけになってはいけませんよ。

もっと物事を総合的に捉えていく経験をしましょうね^^

 

と言うことです。

 

 

考えてみてください。

 

なぜ、専門的なことだけを学ぶことがいけないのでしょうか?

 

好きな分野を突き詰めていった方がいいのではないでしょうか?

 

 

ここで、私が研究者の方に『研究者に必要な力は何ですか?』と質問した答えを思い出してください。

ギフテッド男子の学びが100倍になる学び方

↑研究者の方に質問をした経緯は、こちらです^^

 

 

研究者に必要な力は、『仮説を立てるための想像力』でしたよね?

 

 

なぜ、想像力が必要なのか?

 

それは、すでに、科学の分野では、たくさんのことが研究しつくされているからなのです。

 

 

だから、今の研究者には、特に新しいことを考えられる力が必要なのです。

 

 

今は、まだないけど、これをこうしてみたら、こうなるんじゃない?なんて、新しいことを考えられる人が求められるんです。

 

 

実は、新しいことを考えられる力をギフテッド男子は、すでに持っています。

 

 

だから、それを断片的な学びで消さないでくださいね。

 

 

一つの専門分野の常識にはまらない柔軟な考え方ができるギフテッドたちの良さを消さないでくださいね^^

 

って、ことなんです。

 

 

今までの学び方は、

このことを教えようという視点からの学びです。これで育つのは、先生が何を言おうとしているのか?を理解する力は育ちます

 

 

けれども、これからは、教えてもらうのではなく、自分で気付き、その気付きを応用していく力が必要になってくるのです。

 

 

そのために、一つのものや出来事から、自分で観察・感じ取り、原理・原則に気付き、応用できる知識をえるという学び方に変わっていくのです。

 

 

そんな学び方、やってみたくありませんか?

 

 

やってみたい方は、こちらを読んでみてくださいね^^

 

ギフテッド教育新常識!ギフテッド男子が自分で学びだす『教えない学び方』~入門編~

https://desc-lab.com/kamiyamaakiko/584/

タイトルとURLをコピーしました