無理矢理やめさせるのは逆効果!子どもがyoutubeをやめられないときに見直してほしい親子関係

子どもがyoutubeなどの動画やゲームをやめられないことに困っていませんか?そんなとき無理矢理やめさせたり禁止するのは逆効果なんです。まずは親子の関係から見直していくと自然にやめられるようになります!
 
 

1.ほかのことをやらない…youtubeを見続けていて動かない子ども

 
 
子どもがyoutube、Tik Tokなどの動画を見続けていて声を掛けても全然聞いていなかったり、動かなくて悩んでいるというお話をよく聞きます。
 
 
もちろん我が家も例外ではなく、ゲームをやっていたり動画を見出すとどこか別の世界にいるかのように集中してしまって、「もしもーし!聞こえてますかー?」となることがよくありました。
 
 
やることをやってくれていればいいのですが、大抵食事の時間だったり、もうすぐ寝る時間だったり、親からみたら先にやるべきことが残っているのに動画を見続けていることにイライラしてしまいますよね。
 
 
今となっては、子どもがそういうときに声を掛けても駄目だということがわかっていますが、以前は「聞いてるの⁈」「言ってもやれないなら禁止にするよ!」なんてバトルは日常茶飯事でした。
 
 
 
 
こんな風にお子さんが動画やゲームをやめられないとき、どんな対応をしていますか?
 
 
ゲームや動画が見られるものを取り上げる?隠す?あるいはそもそも見られないように禁止したりしていませんか?
 
 

▼▼「宿題やって!」と何回言っても取り組めない子に困り果ててるママは今すぐダウンロード↓↓↓

 
 

2.子どもがyoutubeなどの動画を見続けてしまってやめられないのはなぜ?

 
 
子どもがyoutubeなどの動画を見続けていることに困ったときの対応として、取り上げたり、目に見えないところに隠したりなど物理的に子どもと離すことは効果が出ることもあると思います。
 
 
だけど、それだと子どもが怒り出したり、暴れて暴力的になってしまったり、暴言を吐いて親子ゲンカになったりしてしまうことがとても多いんです。
 
 
実際、子どものゲームを隠したところゲームを取り返すためにドアをこじ開けようとしてドアノブを壊されたとか、子どもが無理矢理登ろうとして危なかった、なんて話も聞きます。
 
 
youtubeなどの動画は、先が気になるような話になっていたり、そのまま動画が続いてなかなかやめにくい作りになっています。
 
 
大人でもyoutube中毒のようになってやめられなくて困っているという方もいるくらいですから、理解力や思考力が大人より発達していない子どもがやめられないのも仕方ないですよね。
 
 
 
 
特に、発達障害や注意欠如・多動症(ADHD)グレーゾーンの子どもは脳の発達に未熟があり、声をきちんと聞くことができないとか、聞いても動画の刺激が入ることですぐ忘れてしまうといったこともあります。
 
 
また、「やめなければいけない」という場面の理解ができていないとか、気持ちのコントロールが難しいということがあるんです。
 
 
そんなお子さんに、ただ「やめなさい!」と言うだけでは、やめることは難しいです。
 
 

▼▼ママがADHDキッズの子に理解できる会話をすることが考えて行動する量を増やす! ダウンロードはこちら↓↓↓ 

 
 

3.無理矢理やめさせるのは逆効果!まず見直してほしい親子関係

 
 
動画やゲームをやめさせようとしたときに、子どもが怒ったり暴れたりしてしまうのはネガティブな感情が強くなっているということです。
 
 
ネガティブな感情を持つことは、脳の発達という観点で見ると良くないのでできるだけ避けたい状況です。
 
 
そこで、動画やゲームをやめさせたい!子どもから離したい!と思うなら、取り上げてしまう前にやってほしいのが動画を見たりゲームをしていない時間を充実させることです。
 
 
ほかの時間を充実させるということは、家にいる時間が居心地がいいとか楽しいと感じることが必要です!
 
 
そのために絶対条件になるのが良い親子関係です。
 
 
子どもがお母さんとの信頼関係をしっかり築けているかで、声が届くかも変わって来ます。
 
 
大人でも、仲が悪い人や、嫌だなと思う人の話はなるべく聞きたくないと思いますよね。
 
 
もしご自身が親との関係が悪かったらどうでしょうか?例えば義両親などはいかがでしょうか?
 
 
もちろんそうでない方もいらっしゃいます!
 
 
だけどよく聞くのは大して自分のことをわかってくれていないのに、我が子への子育てに意見されたり、指示を出されると、拒否感が生まれたりうっとおしいと感じるという話です。
 
 
そうなると言われていることを聞きたくない、やりたくないと感じるのではないでしょうか。
 
 
我が子との関係がそうならないためにも親子関係を良くして、子どもがお母さんの声を聞きたい!という感情にしていくことが大事です。
 
 
親子関係が良くなると自然と声が届くようになるので、動画やゲームをする時間を減らしたり、キリがいいところで終われるようになっていきますよ!
 
 
 
 
 
 

▼▼ADHDキッズに振り回されない楽しい夏休みにしたいママ必見! 今すぐダウンロード↓↓↓

 
 
執筆者:水本しおり
(発達科学コミュニケーションマスタートレーナー)
 
 
親子関係をよくする方法ってどうしたらいいかわからないという方も多いと思います。そのためにはまずお子さんの土台を作ることが必要です。その方法はメルマガでも情報をお届け中です。
 
 
タイトルとURLをコピーしました