起業家として働きながら発コミュも学べる新しい働きかた~クリエイター・田島芽依さんへのインタビュー~

発達科学ラボに新しい働きかたの選択肢が増えました!それがクリエイターというお仕事。起業家として働きながら発コミュも学べるのが特徴です。今回は、田島さんが発コミュに出会ったきっかけとクリエイターの魅力についてお伺いしました。
 

【目次】

 

1.起業家として活動しながら発コミュも学べる!新しい働きかた

 
 
発達科学ラボには、パステルキッズのママが脳科学や発達科学を学び、発達の専門家として発コミュを教えるトレーナーと、発達科学ラボの裏方のお仕事をするリサーチャーという働きかたがあります。
 
 
そこに新たな働きかたの選択肢として登場したのがクリエイターです。
 
 
クリエイターのお仕事は、発コミュのトレーナーとして起業したママを自分の専門分野で輝かせていくお仕事です。
 
 
クリエイターは、起業家としてお仕事をしながら発コミュの講座も学べる、発達凸凹キッズママのための新しい働きかたです。
 
 
 
 
今回は、そんなクリエイターの中でも、自撮りの専門家として活動を始められた田島芽依さんのインタビュー2回目!
 
 
発コミュとの出会いとクリエイターの魅力についてお聞きしました。
 
 
田島さんの専門である自撮りと、自撮りに込めた想いについてご紹介した、第1回目のインタビューはこちらからご覧ください。
 
 
 
 
 

冬休み、ゲームしかしない子を
一気に発達させる大チャンス到来!
↓↓↓

 
 

2.困りごとをスピーディーに解決したい!発コミュに出会ったきっかけ

 
 

ーーーまずは、田島さんがもともと発コミュに出会ったきっかけを教えてもらってもよろしいでしょうか?

 
 
「子どもが3人いるんですが、一番上の長男がとても繊細な気質を持った子で、私の母の闘病をきっかけに繊細さが表に出てきて、学校での困りごとが大きくなってきました。
 
その都度先生や本人とたくさん会話をしてその場では解決ができたかのように見えたのですが、一進一退を繰り返していく中で、ある重大な事件を起こしてしまいました。
 
それをきっかけに発達検査を受けたのですが、診断結果は特に何も言われず、医師から言われた言葉は、『お母さんがなんとかできるから』『このままでいいから様子を見て』でした。
 
結局どうしたらいいのか方法が分からないまま放り出されてしまいましたし、そんな言葉に納得できるはずもなくて、インターネット検索をしてたどり着いたのが吉野先生のメルマガでした。」
 
 

ーーー田島さんの場合は、検査に行ったけれども支援につながらず、発コミュに出会うまでの期間、どんどん困りごとが悪化していったということですね。おうちでどんな対応をしていたのかを教えてもらえますか?

 
 
「私は発コミュに出会う前から、独学で心理学の勉強をしたり、子どもが自分の言葉で伝えることを意識した会話を大事にしていました。
 
トラブルがあったときに、先生から話を聞くのはもちろん誰でもできますが、まずは自分の子から経緯を話してもらい、その後先生に連絡をして事実のすり合わせをして、子どもの気持ちと事実、この2つを必ず整理して今までずっと解決をしてきました。
 
また、担任の先生とかなりコミュニケーションをとっていました。
 
家で言っていることと、学校で言ってもらえることにズレがないように意識して対応したおかげか、家ではこうしているという成功事例などを先生が理解してくれて、息子の困りごとを減らすことができました。」
 
 
 
 

ーーーということは、大きな困りごとにぶつかるまでは、子育てで困りごとも減ってきていたんですね。そんな状況でなぜ発コミュの世界に飛び込もうと思ったのですか?

.
 
「発コミュを知って、どんなことをしてるのかなっていうことを調べていくうちに、自分がしてきたこと、自己流でしてきたことが、実は科学的に根拠があることなんだよっていうのが分かってきて。
 
もっと子どもの困りごとをスピーディーに解決できる方法があるのだったら学んでみたいなって思ったのが素直なところです。」
 
 

◆ポイント解説

 
 
夏休みが始まり、1学期に学校生活がうまくいかなかった子の発達検査や発達相談を検討されるお母さんもいるのではないでしょうか。
 
 
検査や相談を受けることで、療育を受けることができたり、具体的なアドバイスをもらえるのではないかと期待する気持ちがあると思いますが、
 
 
実際には、田島さんのように、「様子を見ましょう」とか、「おうちで何とかやれますよね」というひと言で片づけられてしまい、結局は、具体的な支援やアドバイスをもらえなかったという事例も多く見られます。
 
 
そして結局家庭に丸投げされてしまうと、自己流で対応するしかなく、困りごとが悪化して、どうしたらいいか分からなくなってしまう…。
 
 
これまで自己流で子どもの困りごとをしっかりと解決してきた田島さんでしたが、大きな困りごとに直面したときに、自己流ではダメだということに気づいたからこそ、発コミュに飛び込まれたのですね。 
 
 

\無料小冊子最新刊リリース/
「朝だけ」登園しぶりする子への
正しい対応が分かる本
↓↓↓

 
 

3.発コミュに新しい風を吹き込む!クリエイターで起業する魅力とは?

 
 

ーーー困りごとをスピーディーに解決できる方法を学ぶために発コミュに飛び込んだ田島さんですが、発コミュを学ぶだけでなく、クリエイターになろう!と決意されたきっかけを教えてください。

 
 
「トレーナーになるのは気が重いけど、困っている人を助けたい、誰かの力になりたいという吉野先生の言葉が突き刺さったことと、気持ちが人一倍強い自分にはピッタリだと思ったからです。
 
これまで、フルタイムで働く傍ら、保育園の父母会の立ち上げ、小学校のPTA本部役員、地域の育成会の会長、放課後児童クラブの保護者会の会長を勤めた経験があります。
 
様々な立場の方、多くの先生方やお母さん方とコミュニケーションをとって、人とつながることがいかに大事なのか、目に見えない絆を形にできることの喜びを身を持って経験してきた私だからこそ、新しく何かをクリエイトすることができるだろうと感じたからです。」
 
 
 
 

ーーークリエイターの大きな特徴は、発コミュ講座を受講しながら起業家として活動していくという点ですよね。起業だけでもなく、発コミュを学ぶだけでもなく、セットになっていることの魅力を田島さんはどういう風に考えていらっしゃいますか?

 
 
「子どもの困りごとを解決するために発コミュを学んでいますが、発コミュトレーナーだけではなく、同じクリエイターとしてお仕事をされている方たちとの関わりもあり、さらにコミュニケーションの量と質が上がるのを強く感じています。
 
何かモノを作るのはすごく体力もいるし、集中力も必要ですが、目指すものがある人たちが、自分自身のゴールに向かう気持ちを共有できることが非常に心強いです。
 
目指す道は違うんですけれども、クリエイターになるっていうゴールは一緒なので、元気や勇気をもらっています。」
 
 

◆ポイント解説

 
 
発コミュに集まるママたちの最初のきっかけは子どもの困りごとですが、その中で研究をしっかりする人もいれば、教える講師になる人もいるし、その講師を支えるクリエイターになる人もいます。
 
 
オンラインだからこそいろんな人に出会えて、いろんな人と会話できるチャンスがありますが、今までは、発コミュをお仕事にしていくという人だけでした。
 
 
今後は田島さんのように発コミュ以外で起業する方も出てきます。
 
 
発コミュ以外の新しい視点や、新しい風を発コミュの世界に吹き込んでくれる新しい人たちが生まれて、発コミュ自体も、もっともっと発展していくんだろうなという期待がますます高まりますね!
 
 
次回最後のインタビューでは、田島さんのプライベートやクリエイターとしての夢についてお話を伺っていきます。お楽しみに!
 
 
 
発達凸凹キッズの子育てに役立つヒントがたくさんあります!
▼ご登録はこちらから
 
 
執筆者:宮千明
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました