コミュニケーション 対応

発達障害・グレーゾーンの子どもを育てるママにお伝えしたい!体調を崩して、お医者さんから言われた言葉

更新日:

気力、体力だけで毎日綱渡りの子育てをしていませんか?発達障害グレーゾーンの子育てに一人で向き合い、体調を崩してしまうママに贈ります。「無理をしない」子育ての大切さを教えてくれたお医者さんの言葉です。
 

【目次】

 

1.自分の限界がわからない頑張り屋のママ

 
 
毎日、育児や家事、仕事でクタクタになっていませんか? がんばる女性は、ついつい無理をしてしまいがちです。
 
 
もっとこうしたい!
もっと頑張れるはず!
 
 
そう思う気持ち、すごくわかります。でも、無理をしすぎると、必ずどこかでガタがきます
 
 
ママが体調を崩してしまうと、家中がぐちゃぐちゃになってしまう!というご家庭もあるのではないでしょうか。
 
 
パパが慣れない家事にアップアップして、部屋は散らかり放題、洗濯物の山、子どもはギャーギャー騒ぐ…想像するだけで、くらくらしますね。
 
 
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子育てに毎日ぐったり!体を壊してわかったこと

 
 
実は1年前、私はこの状態に陥っていました。なんと2カ月の間にインフルA、Bを両方経験してしまいました!!
 
 
ぐずってばかりの息子を叱っては、自己嫌悪に陥り、精神的にぐったりする毎日。
 
 
下の子は、1歳でまだまだ手がかかりますし、仕事も休みたくない…。やることは次々と押し寄せてきます。
 
 
あーなんだか辛い…。
体の調子もおかしい…。
 
 
そう思って病院に行ったらインフル!!ついに来たか!!!!といった感じでした。
 
 
2カ月という短期間の間に、2回もインフルにかかる患者をみて、先生が言ったこと
 
 
「あなた、子どもは何歳?仕事もしてるの?
 
いいかい、子育てっていうのはね一人でするものじゃないんだよ周りを巻き込んでするものなんだ。
 
もっと人を頼りなさい。
 
ご主人、おばあちゃん、おじいちゃん、みんなに頼っていいんだよ
 
一人でかかえるのは、もうやめなさい
 
 
そう言われて、はじめて、「あ。私、無理してたんだ…。」と気づいたのです。
 
 
なんだか、力が抜けてしっかり休もう、休みたい…と思いました。
 
 
 
 

3.ママが余裕を持つこと!これが発達障害・グレーゾーンの子どもの発達につながります!

 
 
ママは子どもに一番近い存在。だからつい無理をしてしまいます
 
 
私は頑張ることが悪いことだとは思っていません。だけど、限界を知ることは大事です。
 
 
倒れる前に休む。それが、結局は長く頑張れるコツです。
 
 
自分に余裕がないと、子どもに対しても余裕を持つことができません。
 
 
ちょっとのことでイライラしたり、距離を置きたくなったり…。
 
 
そんな状態、あなたの理想とは違いますよね?
 
 
発達障害グレーゾーンの子どもの成長には、家庭でのサポートが一番
 
 
ママが心に余裕を持ち、元気に過ごすことがお子さんの発達にもつながってくるのです。
 
 
あのとき先生から言われた言葉を、今度は私が頑張るママに贈ります。
 
 
一人で悩まない。
頼れるところは、頼っていいんです!
巻き込んじゃえばいいんです!
 
 
余裕を持って子どもに接して、子育ても心から楽しみましょう!
 
 
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
ママが余裕をもつ方法を発信中!
▼毎日無料で情報をお届けしています

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.