近所迷惑!足音がうるさい!発達障害ADHDの子どもの騒音トラブル対策

 

家の中を走り回る発達障害ADHDの子どもの足音、本当にうるさいですよね。特にマンションだと近所迷惑で騒音トラブルも心配です。実は「走らないで!」と叱るのは逆効果!ドスドス歩く子どもの足音がスッとおさまる、とっておきの対策をお伝えしますね。
 

【目次】

1.近所迷惑!ADHDの子どもの「足音がうるさい!」
2.家の中を走り回る発達障害の子に「走らないで!」は逆効果
3.ドスドス歩く子どもの足音が消える!騒音トラブル対策

 
 

1.近所迷惑!ADHDの子どもの「足音がうるさい!」

 
 
ADHDの子どもの足音や物音、本当にうるさいですよね。
 
 
マンションや賃貸にお住まいだと子どもが家の中を走ったり、騒いだりすると近所迷惑になっていないか心配ですよね。
 
 
騒音トラブルが起きないように気を張って過ごすのは正直疲れます。
 
 
「小さいうちだけだから」「お互い様だから」とご近所さんが大目に見てくれたりもしますが、決して障害を免罪符にはしてはいけないと思うんです。
 
 
子どもに家の中ではどういう風に過ごすのかを教えて、周りの方に迷惑をかけないようにするのも親の努めです。
 
 
私は集合住宅の1階に住んでいます。引っ越してきたのは上の子が2歳のときでした。
 
 
引っ越してきてすぐに「夜9時以降は静かにしてください」というような張り紙が掲示板に貼られました。
 
 
8時くらいには寝るようにしていたのですがタイミングが良すぎて、我が家への警告かなとひやひやしました。
 
 
1階とはいえ、走ったりジャンプしたり、ドスドス歩くと隣や上の階にも響きます。
 
 
・夜は早く寝る
 
・防音マットを敷く
 
・なるべく外に連れ出す
 
・近所の方とよい関係を築く
 
 
など工夫をしていました。
 
 
 
 
しかし、下の子が生まれた時や雨の日、社会情勢などでお家にいなければならないときがどうしてもありました。
 
 
「走らないで!」「静かに歩こう!」
 
 
何回言ってもわかってくれず、ついイライラして子どもに「走らないで!」と怒ってしまう…
 
 
騒音トラブルになるのもこわくて家の中にいるのが本当に苦痛でした。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.家の中を走り回る発達障害の子に「走らないで!」は逆効果

 
 
突然ですが、耳が黒くて夢の国にいるあのネズミを想像しないでください。
 
 
どうでしょう?あの世界的に有名なネズミさんを想像してしまったのではないでしょうか。
 
 
このように否定形で言われても、そのことを思い浮かべてしまいます。
 
 
「走らないで」というのは「走る」と言う事をよりイメージさせるきっかけとなってしまうんです。
 
 
もしかしたら一瞬、静かに歩くようになるかもしれません。
 
 
しかし、あのおもちゃを早く取りたいというような欲求と「走る」というイメージが合わさって、またすぐ走り出してしまいます。
 
 
 
 
発達障害の一つである注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子は不注意や衝動性の特性上、その傾向が強いです。
 
 
ですから否定形では伝わらないので、「静かに歩いてね」と肯定系で伝えましょう。
 
 
肯定系だといい行動がイメージできるのでその行動を起こしやすくなります。
 
 
…というのは良く聞きますよね。
 
 
正直これだけで上手くいけば悩まないですよね。
 
 
何回言っても言われたことをすぐに忘れ、目の前のやりたいことに衝動的に動いてしまう。
 
 
それがADHDっ子ですよね。
 
 
そこで今回は、遊びの中で楽しく静かに歩けるようになる!ドスドス歩くのがスッと静まるとっておきの遊びをお伝えします。
 
 
これで騒音トラブル対策はバッチリです!
 
 
【期間限定 5月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.ドスドス歩く子どもの足音が消える!騒音トラブル対策

 
 
ADHDのドスドス歩く子どもの足音がスッと消える方法、子どもが楽しみながら静かに歩く方法をマスターできちゃう遊び、それは『忍者ごっこ』です。
 
 
つまり、忍者の歩き方をマスターして、忍者になりきるのです!
 
 
まずは忍者の歩き方です。
 
 
音を立てないでゆっくり歩ければOKです!
 
 
「歩くときに音をたてると敵に見つかってしまうでござる。」
 
「わっ!すごい!!足音が全然聞こえなかったでござるよ。」
 
 
こんな風に忍者気分を盛り上げながらやるのがおすすめです。
 
 
お母さんも一緒にやる方が子どももノッてきてくれますよ。
 
 
 
 
また、お子さんの名前に○○之助や○○丸など忍者っぽい名前をつけて呼ぶのもいいですね。
 
 
そうしたら敵に見つからないように手紙を届ける任務などと適当なストーリーで遊びます。
 
 
折り紙で手裏剣などを作って小道具にするとさらに楽しいです。
 
 
そして一番重要なのが、はしゃいでうるさくなる前に『忍者は音を立てない』ということを伝えることです。
 
 
もし子どもが家の中を走り回っていたら、いきなりでいいので忍者ごっこを始めてください。
 
 
「○○之助殿、大変でござる。敵の城に姫がさらわれた。助けに行ってくれ。」
 
 
そうすると忍者スイッチが入って静かに歩き始めます。
 
 
また、早く別のことに取り掛かってほしい時も使えちゃいます。
 
 
「○○丸殿、すいとんの術の練習にお風呂に行くでござる。」
 
 
喜んでお風呂に行ってくれるので、試してみてください!
 
 
忍者ごっこを始めたらなるべくお子さんに付き合ってくださいね。
 
 
なぜなら、指示の出しっぱなしでは忍者ごっこが楽しくなくなってしまうからです。
 
 
家の中をドスドス走り回っていた子ども達も、遊びを通して静かに歩いてくれるようになりました!
 
 
そしてADHDの子どもの足音がうるさい問題は、ご近所トラブルを起こすことなく解決しました。
 
 
ADHDの子ども達は楽しいことが大好きです。
 
 
ぜひお子さんと一緒に楽しく忍者ごっこで騒音トラブルを回避してくださいね。
 
 
 
 
楽しく遊びながら子どもが動けちゃうテク満載!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:いぐち ゆか
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました