Nicotto コミュニケーション 対応

【Nicotto!限定】発達障害の対応!子どもが「はい喜んで〜」とサクサク行動する指示の出し方

更新日:

行動の遅い子どもに、分かりづらい指示出しをしていませんか。子どもがサクサク動き出すお母さんの指示とは、「行動の言葉」まで落とし込んだ具体的な指示を出すことです。一度にやらせようとせず、スモールステップを心掛けましょう。
 

【目次】

1.発達障害の子どもの対応!行動の遅い子もサクサク動くようにする指示とは?

 
 
毎朝の支度や、寝る前のやるべきことを子どもにやらせるとき、何度言っても動かない子どもにイライラしたり、ついつい命令口調になったり、よくある光景です。
 
 
なかなか宿題に手をつけようとしない、ご飯を食べるのをグズグズしている、などつの行動に時間がかかるのも大人には理解し難くてついつい怒ってしまいがちです。
 
 
子どもの脳の処理は大人とは別物。子どものペースで、しっかり行動することを促すことが大切です。
 
 
そこで今回は、上手に行動を促す指示の出し方をお伝えします。
 
 
子どもにしてほしい行動を指示するとき、
 
「片付けなさい」
 
「ご飯を食べなさい」
 
「着替えなさい」
 
「準備をしなさい」
 
と言うのが普通です。
 
 
しかし、この指示が子どもがなかなか動かない原因でもあるのです。
 
 
こういった指示は、「子どもにしてほしいゴールの行動」を言葉にしています。
 
 
一見、当たり前のこの指示を、サッカーの試合に置き換えてみましょう。
 
 
サッカーの試合が始まり、あなたが監督、子どもがプレイヤーだったとします。
 
 
キックオフをするやいなや、あなたは選手たちに、「はい、ボールを蹴って1点入れて!」という指示を出しますか?
 
 
サッカーの例が分かりにくい方のために、シチュエーションを変えて、お家でカレーを作ってほしいときを思い浮かべてください。
 
 
子どもが台所に来たとたんに、「野菜をコトコト煮て、カレーのルーを入れて!」という指示を出しますか?
 
 
サッカーなら、「よし、まずボールをキープして、パスを回そう!」とか、「コートのサイドを使ってゴール近くまで行こう!」など、「まず、最初にやること」を指示しますよね?
 
 
カレーを作るときも同じ。
 
 
「にんじん、2本持って来て」とか「玉ねぎの皮をむこうか」など、「まず、最初にやること」を指示しますよね?
 
 
日常の行動もこれと同じなのです!
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.